妊娠36週


36 неделя беременности фото 今あなたは8ヶ月の妊娠を終え、胃は大きなサイズに成長しました。 子供は毎日28グラムを追加します。 妊娠36週で、赤ちゃんは完全に準備が整い、生まれて幸せです。 パン粉にはふわふわのチーク、おなか、体があります。 子供がいつも彼の手に彼の指を吸って、授乳の準備をするので、頬はうまくいった。 結局のところ、出生直後、彼は十分に得るために懸命に働かなければならないでしょう。 赤ちゃんの顔もふっくらと滑らかになりました。 子供の頭骨はまだ柔らかく、出生時には出産を経て崩壊します。

子供の長さは44cmで、妊娠36週目の胎児の体重は約2750グラムです。

我々は、平均胎児の大きさと体重を取る。 これらの指標は、純粋に個体であり、遺伝的要因に依存する。

, учащаются позывы на рвоту и тошнота, беспокоит понос .妊娠36週の女性は、背中を引っ張り、背中や腹部を痛め、持続的な衰弱、腫れや吐き気の心配、嘔吐や吐き気、頻繁な吐き気、心配の下痢を克服することができます 。 これらのすべての心配は子供の誕生の前夜にあなたを追い越します。 体はとても疲れて、このように反応します。 リラックスして、背中を仰ぎ、新鮮な空気を吸い込み、呼吸器用体操をし、綿の下着を着用し、食品を見直し、脂肪量の多い食品を食べないようにして、食事中に食べ物が食べられないようにしてください。 食べ物をよりよく消化するための食事の後、ガスを含まない薬用酵素(Mezim、Cholenzim、Pancreatin)を使用する。 アザミの救済の状態は、ソーダ溶液(沸騰した水の半リットルのための1チャイナスプーン)またはカモミールの煎じ薬(沸騰した水のリットルあたりの大さじ、それが醸造され、排水する)を得る。 しかし、妊娠36週目の頬に粘液や膿の塊がある場合は、医師に相談する必要があります。 あなたは感染しています。 血まみれの吐き気が出たらすぐに救急車を呼んでください。 妊娠36週目に痛みを伴う血まみれの出血 - 胎盤を切り離すことは可能です。 そして、これは子供に対する脅威であり、すぐに特別な介入を必要とします。 また、液状の水分排出によって出産病院に行くことが望ましい。 そのような排出は羊水であり得る。 水が連続した流れで流れることは必ずしも必要ではない。 いずれにせよ、医師だけが状況を明らかにするでしょう。

妊娠36週目には母親が心臓の震えの形で驚きを示し、小さな脚の足は非常に活発で、胎児の動きは落ち着きがありません。 未来の母親の子宮は胸骨のすぐ下にあり、呼吸が困難になります。

36週目から、女性は毎週婦人科医を訪問する予定です。 ほとんどの赤ちゃんは既に頭を下にして子宮内にいます。 しかし、まだ子供の4%が尻を降りています。 これは子どもの骨や骨盤の提示です。 この場合、必ずしもそうではないが、出生問題が起こる可能性がある。 送達の変形として、これは帝王切開である。 胃が感覚で痛い場合、それはカメネのように、すぐに医師に対処する必要があります。 子宮の高血圧があり、早産を引き起こす可能性があります。

9ヶ月の腹は注意深いケアが必要です。 ストレッチマークを防ぐには、特別な手段(Mustela、Belly oil、Weleda)で腹部の皮膚を潤滑し、理想的には出産前の包帯を着用します。 出生前の包帯は、トレーニングの回数を減らすために役立ちます。

妊娠36週目の出産は非常に頻繁です。 したがって、女性はいつでも準備ができているはずです。 懸念する必要はありません。 これは正常です。 子供はすでに身体的に形成されており、あなたの前に現れる準備ができています。

妊娠36週の性行為は女性には望ましくなく、オルガスムは子宮の音色を増加させ、それであなたの医者が以前にセックスに制限を与えていなくても、いつでも分娩準備ができます。

37 неделя беременности 妊娠35週、妊娠 37週

妊娠のすべての週