妊娠37週


37 неделя беременности фото 妊娠第37週から、赤ちゃんは生まれる準備ができています。 子供の体重は正常な機能のために募集されますが、1日30gで脂肪を増やし続けます。 赤ちゃんの肌はピンク色で美しい色をしています。 妊娠37週目に、赤ちゃんの神経系は改善し続けています。 彼の神経の周りに形成された保護シェル。 そして、プロセス全体、すなわち、将来の協調と筋反射の発達は、クラム(crumb)の誕生後に発展するであろう。 肺の界面活性剤の生成は本格的であり、赤ちゃんは空気で自分自身で呼吸することができます。 そして今週、子供は呼吸しようとします。 彼のインスピレーション 羊水は胎児の肺に浸透し、水の呼気が出てきます。 おそらく、赤ちゃんはヒステリックです。 これが初産の場合は、妊娠期間が最大40週間続く可能性が高くなります。 以前に出産していて、双子を待っている場合は、出産は37週間から始まります。

クラウンから仙骨部までのクラムの長さは46cmに達し、同時に妊娠37週目の体重は2950gに達した。

37週目には出産の前兆があり、医学的観点からはすでに出産することが可能です。 クラムの頭が骨盤の領域に落ちて、攪拌しているクラムがあなたのために痛みを感じました。 腹はそれほど大きくは見えません。 内臓の圧力が低下し、その結果、呼吸して食べる方が簡単ですが、子宮は依然として膀胱を押しています。 したがって、頻繁にトイレに残るように促す。 妊婦の欲求が高まり、体は出産の準備をしており、力を得ている。 妊娠37週目から、妊娠している母親は、動きが非常におしゃれで面白くなると発言します。 子供は熱く、おなかの中で行動し、今度はお尻を露出させて撫でる。 ときどき彼は突き出たかかとを誇張します。 あなたは、妊娠期間のポイントに達しています。 これが起こると、医師は子供を満期と診断する。 育児に関する認知文学の読んだりしないでください。 すべての知識は将来あなたに役立ち、重大な状況では自分でそれを行う方法を知っています。 マタニティ病院、滞在条件についての情報を探します。

, надоедает изжога, тошнота, понос, отеки ног, болит промежность.妊娠37週に、次の不快な感覚は、胃を引っ張り、背中と腰を痛め、体温を37度に上昇させ、白い吐き気、痛み、胸やけ、嘔吐、下痢、足の腫れ、股の痛みがあります。 これらの不愉快な瞬間はすべて、パン粉の誕生後にバックグラウンドに後退します。 この場合の吐き気は、胃を女性に実際に圧迫する隆起した子宮の結果として働く。 フラクショナルフードはこの状態を緩和するのに役立ちます。

しかし、温度上昇がARVIにつながる場合、母親は出産後に子供を感染から守るために分娩される可能性が最も高い。 忍耐を持って、非常に少ないです。 気をつけて、もっと休んで、ジューシーなフルーツを食べ、渋滞の場所を避けてください。

妊娠37週目のオルガスムは、子宮が収縮し始めると、良い刺激として働き、労働の始まりになることがあります。 これを覚えている。 あなたがこれの準備ができているなら、してください。

38 неделя беременности 36週の妊娠 38週の妊娠

妊娠のすべての週