アクロディニア

アクロディニアは、明確な病因の神経系の疾患であり、顕著な精神障害まで行動の変化が特徴である。 また、アクロニアは、四肢の皮膚の多形的変化(剥離、紅斑、丘疹、場合によっては壊死性変化)によって表される。 主に5歳未満の小児で起こる

原因

今日まで、この病気の原因は確立されていませんが、いくつかの仮説があります:

これは、未知のウイルスによって引き起こされる感染症です

2.この病気は、アスタミューゼントの性質を有する代謝異常(白血病症B6)

3.アクロディニアの発生は、自己内毒素と関連している

4.この疾患は、任意の有害物質に対する神経アレルギー反応によって引き起こされる

5.中枢神経系の感染(脳炎および脊髄炎)

症状

- 皮膚の発疹(通常12月から5月に現れる)は、痛みと重度のかゆみを伴う

- 多量の発汗があります

- 神経精神異常がある

- 心臓血管および胃腸障害が可能である

- 頻脈

場合によっては、アクロディニアが起こる:筋低血圧、麻痺、および痙攣発作。

粘膜からの痛みの発現:

- ハイパー唾液分泌

- 潰瘍性口内炎

- 歯肉炎

記録されたほとんどの症例では、この疾患は全体の体温の上昇、食欲不振、光恐怖症、不安および苦痛から始まります。 行動に変化があり、孤独になる傾向があります。 足とブラシの肌のコールドスナップもあります。 皮膚の冒された部分には痛みや重度のかゆみがあります。 場合によっては、皮膚剥離、多汗症、灰色化および脱毛が観察される。

影響を受けた肢の皮膚で冷たい肌を濡らす場合、痛みは著しく低下する

治療

まず第一に、本格的な定期的な食事が必要です。 解毒療法、ビタミン(B1、B6、C、ニコチン酸)の導入を割り当てます。 抗コリン作用薬(ベラドンナ、アトロピンなど)、鎮静剤(トリオキサジン)、抗ヒスタミン薬(ピルフェレン、ジメドロール)を処方する。

薬物療法、理学療法(UFO)および水治療と組み合わせて

予測

Acrodoniaは数週間、数ヶ月、さらには数年間続くことがあり、しばしば自然治癒で終わる。

ほとんどの場合、適時に適切な治療を行うと、予後は非常に良好ですが、重篤な症例(極めてまれに)で致命的な結果が生じる可能性があります。