アレルギー性発疹


аллергическая сыпь фото 短期的なかゆみの発疹の主な理由の1つは、体内で発生したアレルギー反応です。 発疹や斑点状のアレルギーの皮膚症状は、人体のどの部分にも絶対に現れることがありますが、 ほとんどの場合、物や外衣との過度の接触の場所で観察されます。 ほとんどの場合、赤みを帯びたピンク色の凸状で、触診中に不均一に分布する発疹があり、重度のかゆみによる不快感を引き起こします。 しばしば、特に小児において、アレルギー性発疹には非常に強い掻爬が伴う。

アレルギー性発疹は、身体のアレルギー反応を引き起こすアレルゲン誘発物質との接触により発症する。

突然、顔や体にアレルギー性の発疹が現れ、蕁麻疹と呼ばれ、アレルゲンとの接触後すぐに現れ、一日中は何の処置もせずに通過することが多い。 発疹は、通常、赤みがかった腫れがあり、皮膚表面の広い範囲に現れ、厳密に区切られた島に局在することがあります。 アレルギー性発疹の出現から、緊急ケアと入院の可能性を決定する決定が下されています。 皮膚に非常に重度の病変がある場合、またはアレルギー性の発疹には、患者の状態(息切れ、血圧低下、体温上昇、胃腸障害など)の病理変化が伴うため、必ず医師に相談してください。

аллергическая сыпь на лице фото 顔や体のアレルギー性発疹は、通常は通常の皮下腫脹のように見えるQuinckeの浮腫が通常は頬または瞼の皮膚から始まり徐々に喉頭に達して窒息を引き起こすなど、非常に生命を脅かす状態に発展する可能性があります。 アレルギー性発疹のそれほど深刻な合併症はアナフィラキシーショックであり、タイムリーな緊急ケアを提供されなければ死に至ることが多い

もっと読む→ クインケの浮腫アナフィラキシーショック

アレルギー性接触皮膚炎はまた、アレルギー性発疹の種類の1つである。 原因となるアレルゲンと直接接触している皮膚の領域でのみ発現する。 多くの場合、アレルギー性接触皮膚炎は、スキンケア製品、装飾化粧品、家庭用化学物質、様々な金属などを引き起こす。接触性皮膚炎の特徴は、通常すぐには現れないが、皮膚と原因アレルゲンとの十分な接触後である。 それは、皮膚のかゆみを開始し、アレルゲンとの接触の場所を白く、液体で満たされた泡があります。

その他→ アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性発疹は、しばしば、環境の食物またはアレルゲンによって引き起こされ得る。 アレルギーの発症の犯人は、膨大な量があり、特定の原因となるアレルゲンを正確に確立するためには、通常最大限の努力が必要です。 最も一般的なアレルギー誘発性アレルギー性発疹は、動物の毛髪、家庭用粉塵、食物、花粉、洗剤、金属およびその化合物(ニッケルバックル、ロック、ボタンなど)です。

食物アレルギーは常にアレルギー性発疹を伴い、通常染料、防腐剤、甲殻類、チョコレート、トマト、イチゴ、卵、魚などによって引き起こされます。アレルギーの発症はおそらく食塩

もっと→ 食物アレルギー

фото аллергической сыпи 子供のアレルギー性発疹

子供のアレルギー性発疹は、しばしば様々な薬物に対するアレルギーの結果として起こる。 アレルギー性発疹を感染から区別することを可能にする重要な特徴は、赤ちゃんのかなり一般的な状態です。 子供は絶えず苦しんでいるので、心配することはありますが、発熱、食欲の低下、眠気などはありません。

子どもがアレルギー性発疹を発症した場合、どのような措置を取る必要がありますか?

赤ちゃんのアレルギー性発疹の場合は、彼は苦しんでいないことを確認する必要があります、彼は自由に呼吸し、体温は正常範囲内にとどまります。 その後、最近の何時間も何時間も彼の食生活にどのような新しい食器が導入されたのか、最近使用された薬があるかどうか、彼の物を洗うためにどのような洗剤が使われたのかを覚えておいてください。 赤ちゃんが既にアレルギー症状を発症する傾向がある前に、子供の皮膚を様々な化学物質との接触から最小限に抑え、子供のクリーム、石鹸および化粧品の使用を最小限にする必要があります。 石けんは、皮膚に潤いを与えるニュートラルな効果を持たせて使用し、薬局でのみ購入してください。

行われたすべての努力が望ましい肯定的な結果につながっていない場合、抗ヒスタミン剤クリームまたは錠剤を使用することは、医師の推奨により義務付けられています。

様々な程度で、すべての子供の約60%がアレルギー症状を呈するため、両親の主な仕事はアレルギーの発症を予防することであり、適切な治療を行わないと、喘鳴、喘息、 気管支喘息

сыпь у ребенка фото アレルギー性発疹 - 治療

アレルギー性発疹の治療は、分析および研究の結果に基づいて、適格アレルギー児のみが義務付けています。 治療には、コルチコステロイドおよび抗ヒスタミン剤、ならびに局所的なかゆみおよび炎症のための軟膏およびクリームが通常使用される。 それよりも早い生産年の薬剤に内在する実質的にすべての副作用の欠如のために、アレルギー性のまつげの治療のための最新世代の薬剤は、より安全で効果的であることに留意すべきである。 アレルギー反応はしばしば自然製剤で起こるので、アレルギー性の発疹を治療する手段を選択する際は、注意深く行うべきです。

体のアレルギー性発疹の治療は、選択された外用薬を患部のない小さな領域で試験することから始まり、既にアレルギー反応がない場合には、患部の皮膚に適用し始める。

顔面のアレルギー性のかぶれの治療は、特に接触性皮膚炎に関連する場合には、最善の注意を払って行わなければならない。 ここでは皮膚はより敏感であり、外傷を引き起こす可能性があり、残存する跡が残ることがあります。その結果、後で除去することが非常に困難になります。

アレルギー発疹の予防として、アレルギー反応を発症しやすい人々は、予防的処置(身体的および呼吸運動、適切な栄養)を行い、健康的な生活習慣を導き、アレルギー反応の予期しない急性発症の場合には、症状を弱め、緊急医療援助を待つのに必要な時間を与えるでしょう。