アレルギー性発疹


аллергические высыпания фото 様々な皮膚発疹は、人の体内でのアレルギー反応の最も一般的な症状の1つです。 ほとんどの場合、アレルギー性皮膚発疹は免疫防御の応答です 食物、接触および薬用アレルゲン、空気アレルゲン(植物の花粉、匂い、ほこりなど)で少ししかない。

数多くの疫学研究のデータによると、毎年何百万人もの皮膚アレルギーが世界中で毎日異なる数の症状に直面しています

子供のアレルギー性皮膚発疹

時には重大な結果となる可能性のある予防と排除を適時に行うために、すべての親は、子供の皮膚にアレルギー性発疹がどのように発症し、どのように避けるべきかを知るべきです。

部分的には、アレルギー性発疹の出現は、両親のいずれかまたはいずれかが何らかの形のアレルギー反応に苦しんでいる遺伝的素因によるものである。 この場合、子供のアレルギー、ひいては皮膚発疹のリスクは50%増加します。

大部分が遺伝子組換え成分を含む現代の多数の食品、天然ミルクの乾燥代替物および他の同様の成分は、体内のア​​レルギー性発疹のリスクを有意に増加させる。 このような食品が母乳育児の母親から給餌された場合、必ず母乳育児用乳児に牛乳を含む誘発性アレルゲンを与えます。 この点に関して、摂食期間中に推奨食餌を厳密に観察し、必要に応じてルアーの天然成分に基づいて正しく選択することが非常に重要です。

それほど深刻ではない、子供の皮膚アレルギー反応の発症を引き起こすことが要因であり、近代的な攻撃的環境である。 出生時に子供が吸入する空気は、気道に入り込み、体に毒を与え、顔や手などの身体のアレルギー性発疹を引き起こす様々な化合物で極めて飽和しています

アレルギー性発疹の症状と徴候

アレルギー性皮膚発疹は、事実上、本当に莫大な量がある原因アレルゲンとの接触後に常に現れる。 アレルギー性発疹の最も一般的なタイプには、神経皮膚炎、アトピー性皮膚炎、湿疹および蕁麻疹が含まれる。

アトピー性皮膚炎は、常に皮膚の灼熱、かゆみ、腫れを伴う。 重度の症例では、透明な内容物で満たされた水疱の出現が観察される。 二次感染の場合、膿皮症が発症することがあります。

続きを読む→ アトピー性皮膚炎

蕁麻疹は粘液膜および皮膚に急激に出現し、塊根が火傷するときに現れる水疱と非常によく似た外見上、様々な大きさのピンク色の水疱が多数現れる。 これらの教育は耐え難くもかゆみがあり、融合する傾向があり、それによって大きなプラークを形成する。 重度の粘膜病変の場合、特に鼻咽頭では、クインケの浮腫が発症し、結果として生命を脅かす窒息の危険性がある。

その他→ 蕁麻疹と→ 浮腫Quincke

湿疹は、しばしば濡れた、ざらざらした、強くかゆみがある赤い斑点である皮膚の皮膚の外観によって現れる。 通常、湿疹は手と顔の後ろに見られますが、人間の皮膚のどの部分にも絶対に影響することがあります。

他のタイプの発疹からのアレルギー性発疹は、ほとんど常に、幸福の一般的でかなり強い悪化を伴うという点で異なる。 皮膚の発疹と同時に、体全体の温度の上昇、食欲の低下、まぶたの浮腫の発生などがあります。

子供のアレルギー性発疹は特に厄介です。 彼は落ち着きがなく、常に患部を傷つけ、皮膚がさらに赤く炎症を起こします。 多くの場合、これと並行している子供たちは、鼻の混濁を訴え、呼吸が困難であり、乾いた咳があります。 赤ちゃんは腹痛、下痢、嘔吐を起こすことがあります。 この症候が現れた場合、小児科医またはアレルギー児に緊急に示されるべきである。 これはアナフィラキシーショックのような危険な状態の先駆者かもしれません

その他→ アナフィラキシーショック

アレルギー性発疹 - 治療

抗アレルギー治療の開始前に、アレルギー性発疹の発症に寄与する原因となるアレルゲンを正確に同定することが必要である。 この目的のために、アレルギー担当者は、免疫グロブリンおよび皮膚試験のための特別な血液検査を命名する。 アレルゲンを引き起こすアレルゲンを同定した後、第一の任務はそれとの接触を完全に排除することである。 次のステップは、魚、ナッツ、チョコレート、柑橘類、明るい色のお菓子、炭酸飲料など、潜在的にすべてのアレルギー誘発性の製品をダイエットから絶対に除外することです。

アレルギー性皮膚発疹の治療では、特殊なクリーム「Drapolen」が非常に優れていることが証明されています。 さらに、年齢によっては(子供の場合、投与量がはるかに少ない)、抗アレルギー薬TavegilまたはSuprastinを摂取する必要があります。 赤ちゃんが常に重度のかゆみを訴える場合は、患部に冷たい圧迫をかけることができます。

手や顔の皮膚のアレルギー性発疹は、子供の治療にうまく使用されるグリシラム(Glytsiram)としてのハーブ成分(裸の甘草の基部にある)に基づく薬用調製物をかなりよく取り除きます。

アレルギー性の様々な発疹の予防として、原因となるアレルゲンとの接触を強制的になくすことに加えて、栄養を分析し、必要に応じて正常化し、免疫保護を強化し、健康的な生活を導く必要がある。