アルコールへのアレルギー


аллергия на алкоголь фото アルコールに対するアレルギーは、アルコール性飲料の様々な成分によって引き起こされるかなり一般的な疾患である。 体内で摂取される物質のように、アルコールは身体のすべてのシステムや器官に真に破壊的な作用を及ぼすほか、 免疫防御に対するアレルギー反応の発症を誘発する。 通常、アルコール飲料を標準的に使用した後に、時には人がかゆみや赤みを感じる多くの人々が、実際にはアレルギー症状の最初の信号であることが多い

アルコールへのアレルギー - 原因

温かい飲み物では主なアレルゲンは多糖類(増粘剤、セルロース、でんぷん、ペクチン)であり、主な成分であるエチルアルコールに加えて、アルコール性アレルギーはフレーバー、ポリフェノール化合物、およびタンパク質物質。 アルコール性アレルギーは両方とも遺伝性である。

多くの異なる化学的不純物や色素を含む低品質のアルコール飲料を体系的に使用することにより、人々のアルコールに摂取されたアレルギーが発症します。 少量のアルコールを大量の飲み物で飲む場合は、シャンパンを飲んだ後、腕、首、顔の赤い斑点に注意を払う必要はありません。 ほとんどの人は、これがどんなお祝いのイベントでも提示される非常に広い範囲にある製品に対する食物アレルギーであると信じています。 しかし、赤い斑点に加えて、血圧の低下、疲労の増加、皮膚剥離、および重度の頭痛で表される他の症状が現れ始めると、アルコールアレルギーについて話す可能性が非常に高い。

アルコールに対する遺伝性のアレルギーは、母系および父系の両方において、全般に顕在化することが最も多い。 遺伝性のアレルギーの場合、いかなる量の人もアルコールを摂ることはできません。 さもなければ、少量のアルコール飲料の後でさえ、耐え難い頭痛や嘔吐だけでなく、 アナフィラキシーショックのような非常に危険な重篤な状態を引き起こす可能性があります。

多くの一般的なワインとシャンパーニュワインには無水硫酸が含まれています。ワイン業界では初期麦汁を安定させるためにも使用されています。 一部の人々では、これらの硫黄化合物は非常に強いアレルギー反応を引き起こす。

アルコール後のアレルギーは、アルコールの摂取後に有毒なダメージを防ぐために酵素デヒドロゲナーゼアルデヒドの体内の欠乏によって引き起こされ、それを酢酸に再循環させる。 この酵素の欠乏の場合、体の強い中毒があり、その結果、急性アレルギー反応

アルコールへのアレルギー - 症状

病気の発症の初期段階におけるアルコール性アレルギーの症状は、かなり弱く発現され、通常は皮膚上に赤い斑点しか示さない。 その後、しばらくすると、様々な代謝障害が現れ始めます。強い頭痛が起こり、便秘が現れ、慢性腸疾患が悪化し、 胃炎が現れます。 場合によっては、パニック発作や失神が起こることがあります。

適時に必要な措置をすべて講じていないと、溶血性の危機、 クインケの浮腫 、気管支痙攣、アナフィラキシーショックなどの非常に危険な症状が生じることがあります。

アルコール症候群に対するアレルギーの典型的な例:

•アルコールを飲んだ後、胴体の赤み、手、顔が観察される

•通常のアルコール摂取後、非常に急速な中毒が起こる

•胴体、頸部、顔面に赤い斑点が現れます。皮膚の乾燥、剥がれ、ひび割れが発生することがあります

•胃の痛み、吐き気、嘔吐

•顔の肌のかゆみ、発疹、痒い肌

•体温の上昇、喘息発作、鼻水

•重度の頭痛 、血の頭に干満

•頻脈、血圧上昇

アルコールを飲んだ後の真のアレルギーは、実際にそれを診断する人々よりもはるかに一般的ではありません。 ほとんどの場合、このアレルギーは、人々がアルコール後遺症の後遺症と関連する愁訴を意味します。 通常、それは皮膚にかゆみがある赤い斑点の外観であるか、または小さな泡の透明な内容物で満たされている。 これらの症状はアルコール性アレルギーの症状に非常によく似ていますが、通常、毎日の食生活ではめったに存在しない珍味を使用していることがあります。 したがって、これらの製品でアレルギー反応が発生する可能性があります。

場合によっては、注射部位の注射を治療するアルコールにアレルギーがあるかもしれません。 しかし、今日の医療機関では純粋なアルコールが非常にまれにしか使用されておらず、ホウ酸やサリチル酸も使用されている消毒液の一部であるため、アルコール自体ではなく、特にこれらの成分にアレルギーが起こります。

アルコールアレルギーの診断は、他のタイプのアレルギー疾患を判定する際の診断手順と変わらない。 生化学的血液検査、免疫酵素検査および皮膚検査が行われる。 アルコール性アレルギーが確認されている場合、アルコール性飲料の完全な拒否とアルコール性アレルギー発症のリスクの最小化というこのような状況があります。 これは原則として以下の勧告が守られている場合に可能です:

•多糖類、タンパク質化合物、化学添加剤、色素を含まない高品質のアルコール製品のみを使用することが必須です

•アルコールを飲むときは、アルコールを味わうのは、過度の消費から昏睡状態になるのではなく、飲み物の味の花束を楽しむべきであるので、その処置を必ず守ってください

•アルコールを飲むときの状態は非常に慎重に扱うべきです。なぜなら、アレルギーは通常、すべてのアルコール製品ではないためです。 どのような飲み物がアレルギー症状を発現し始めたのか、それを使用することを拒否した後

アルコールに対するアレルギー反応の場合、月見草、ウイスキー、テキーラのような複雑な組成のアルコール飲料は完全に排除されるべきである。 非常に良いコニャックの使用に切り替えることが最善です。 それは腸の障壁の透過性を減少させるタンニンを含む。

アレルギー反応が不規則に発症し、その投与量および特定のアルコール飲料と直接関係がない場合、アルコールと一緒に摂取する食品には注意が払われなければならない。なぜなら、アルコールではなくアレルギー症状を引き起こす可能性があるからである

アルコール処理に対するアレルギー

アルコール中毒の完全かつ取り返しのつかない拒絶は、アルコール性アレルギーを取り除く最良の方法です。 強いアルコール依存症が発症した場合は、特別なリハビリプログラムがあり、アルコール依存症のある人はアルコールなしで生活するように教えられます。

多くのアルコールの酒飲みは、それが可能かどうか、そしてもしそうなら、アルコールにアレルギーを治す方法は、以前と同じように飲むことができますが、アレルギー反応はなかったのだろうか? そのような人々は、確立されたアルコール依存症を有する専門家によると、医学的、精神療法的、または理学療法的な方法でも、さらなる結果の発展なしにアルコール飲料の消費を保証することはできない。

人にアルコール依存症の兆候がない場合、様々な添加物および染料を含む低品質のアルコールを放棄することによって、アルコール消費に対するアレルギー反応のリスクを低減することが可能である。 アルコールアレルギーがすでに発症している場合、最良の選択肢はアルコールの完全な拒絶です。

アルコールへのアレルギーの検出後、好ましくは遅滞なく、アレルギー児からの助けを求めて、自己投薬に従事しないでください。 アルコールとのアレルギーのためのほとんどの薬は互換性がなく、体の予期しない反応を引き起こす可能性があります。