顔にアレルギー


аллергия на лице фото 顔にアレルギー - 任意の刺激へのアレルギー反応、皮膚剥離、赤い斑点や発疹の領域の形で現れます。 また、目のアレルギーはしばしば目に見え、重度の呼吸、くしゃみ、鼻粘膜の腫脹を伴う。 浮腫、皮膚炎、蕁麻疹などの形で皮膚症状が異なることがあり、場合によってはアレルギー反応が徐々に現れ、他の部分ではほとんど瞬間的に現れる。

子供の顔にアレルギーは、外国の敵対的なエージェント(アレルゲン)のそれへの浸透への体の免疫防御の保護反応の一種です。 アレルギー反応の進行は、しばしば、クインケの浮腫、 気管支喘息 、アトピー性皮膚炎などの重篤な疾患を引き起こすので、子供のアレルギーは必ず治療されなければならない。

顔面のアレルギー - 原因

子供の場合、最も一般的なアレルゲンは、魚介類、牛乳、ナッツ、卵などの特定の食品です。さらに、サリチル酸塩、スルホンアミド、ペニシリン、局所麻酔薬などの薬の使用により、新生児の顔のアレルギーが現れることがあります。 また、一般的なアレルゲンには、様々な化学物質、家庭用化学物質、ペットの髪、昆虫刺し傷、季節、ほこり、カビ菌、ハウスダストダニ、様々な植物の花粉が含まれる。

子供の顔のアレルギー発症の主な原因は、いくつかの外部的または内部的な理由で免疫防御が弱体化していることです。 多くの場合、乳児のアレルギー反応は、彼のメニューに新しい食品が導入された後に現れます。 親は、子供の顔にアレルギー反応の症状が見られた場合、皮膚科医に連絡するのを遅らせる必要がないことを認識しておく必要があります。 通常、そのような場合には、素質の診断が確立される。 この疾患の進行は、頬の特徴的なスポットが明るい赤色(赤い顔)を獲得し、赤ちゃんの身体の隣接領域に広がる可能性があるため、許可されていません。

上記のように、 アトピー性皮膚炎は小児における最も一般的なアレルギー性皮膚疾患の1つである。 この病気は、新生児に移行する傾向があり、これは子供の年齢に直接関係しています。 例えば、アトピー性皮膚炎が2歳から出現し始めた場合、通常アレルギー性発疹は手足の屈筋 - 伸筋部位および子供の顔に局在する。 多くの場合、発疹は、手首の皮膚のひだ、大きな関節の周り、および首のコードに局在する。 慢性形態への皮膚炎の移行の場合、過色素沈着および低色素沈着の領域が観察される。 さらに、下瞼の追加の襞が観察される。 思春期には、発疹は通常、上肢、首、顔および上半身の皮膚の輪郭が描かれた領域に局在する。

最初のアレルギー症状を呈したほとんどの両親は、パニックになり、完全に自然な質問をします。顔面のアレルギー - 何をするか? 主なものは、パニックになるのではなく、最短時間でこれらの症状を排除しようとすることです。 子供が顔面の皮膚にアレルギーを起こした場合は、まず特定のアレルゲンがそのような生物の反応性を引き起こすかどうかを判断する必要があります。 多くの場合、特に家庭や食物摂取量の変化がない場合、これを即座に判断することはできません。 このような場合には、個人の観察だけが本当に助けになります。特に、家族の一人が少なくとも微生物やアレルゲンのアレルギー反応の考えを少しでも持っているとします。

アレルゲンを迅速に検出することができた(不耐容薬などの少量投与)ことができ、すべての勧告が観察された場合、顔面皮膚の症状はすべて薬剤を使用することなく非常に迅速に消失した。

残念なことに、自分自身の皮膚のアレルギーの原因を特定することは、常に可能ではありません。 そのような場合、唯一正しい解決策はアレルギー児への紹介です。

顔面のアレルギーの症状 - 顔、首、手の皮膚の発疹の別の種類の燃焼とかゆみを伴う。 非常に頻繁にアレルギー症状の顔に出現する場合は、ローション、コロンまたは石鹸で温水または冷水で洗う。 これは厳密に禁止されています。皮膚の炎症が増加するだけなので фото аллергии на лице

顔面のアレルギー - 治療

顔面の皮膚へのアレルギーは、この病気に対する通常の絶え間ない不快感に加えて、外観に重大な影響を与えるので、最も不快な感覚を与える。 アレルギーによる顔の浮腫は、クインクケの浮腫の主な症状の1つであり、その発生には緊急の緊急時の助けが必要です。

ジフェンヒドラミン、スプラスチン、クラリチンなどの抗ヒスタミン剤の筋肉内および/または静脈内投与が緊急手段として用いられており、薬物を注射することができない場合、経口摂取は除外されない。

顔の皮膚に対するアレルギーの治療は、現在の刺激を除去することと、アレルゲンをブロックすることの両方を目的としている。 最も効果的な治療法は、症状の除去だけでなく、皮膚アレルギーの原因を取り除くことも目的とした治療の調整であり、子供の体にアレルゲンを繰り返し暴露する場合、その反応はさらに悪くなる可能性があるからです。

小児におけるアレルギーの治療には、いくつかの並行方向が含まれます。 まず第一に、これはダイエット療法であり、これは乳児ごとに厳密に個別に規定されています。 同時に、アレルギー発症の開始因子であることが多いので、併発疾患(より多くの場合、腸の不全症、胆道ジスキネジー、 胃炎 )の治療を行うべきである。 さらに、顔面皮膚の平行処理を行うべきである。

顔の皮膚を局所的に治療することにより、皮膚科医は、アレルギー性炎症を緩和するのに役立つアレルギーから必要なクリームまたは軟膏を処方する。 顔面にアレルギーのクリームが正しく選択されている場合、病気の慢性形態への移行およびさらなる合併症はほとんど常に回避される。

アレルギーの最も一般的に使用されるコルチコステロイド軟膏は、Fluorocort、Advantan、Ecolum、Skin-capです。

子供の顔にアレルギーの治療は、局所的な手段で終わるわけではないので、両方の病気の内部治療を同時に実施する必要があります。 事は、顔面のアレルギーの多くの軟膏はアレルギーの外的症状だけを取り除くので、内的治療が適用されなければ、その病気は残ることになります。 不適切かつ不十分な治療の場合、胃腸管、気管支および鼻咽頭の病理学的変化などの合併症の発症が可能である。 厳密には、子供の現在の年齢に応じて、アレルギー児は特定の抗アレルギー薬を処方する。 アレルギーを伴う顔の浮腫は、通常、ヒドロコルチゾンヘミサクシネートまたは0.1%アドレナリンの皮下注射によって除去される。

顔にアレルギーのあるカモミールクリームに入ったアズレンは、優れた殺菌効果と抗炎症効果を持っています。 このクリームは顔面にアレルギーがあり、他の皮膚病変には日焼けしたものが含まれています。 アレルギー症状の除去のために、ハーブ(カモミール、糸など)での洗浄は、首尾よく使用され、持続的な鎮静効果を有する。

顔の皮膚へのアレルギーは通常1年以上治療されています。 治療の主な方法は減感作であり、異物の存在に対する身体の反応を低下させることを目的とした広範な治療手段からなる。 この治療複合治療の主な方法の1つは、貧弱な用量のアレルゲンの体系的導入である。 この技術は、アレルゲンに対する体の反応がそれほど強くならない量を減らした後に、生物がアレルゲンに苦労することを意図した物質をアレルゲンに費やすという事実につながる。