蜂蜜アレルギー


аллергия на мед фото 蜂蜜に対するアレルギー - この製品に含まれる植物の花粉に対する体のアレルギー反応。 蜂蜜が完全な技術的プロセスを経なかった場合、植物が訪れたミツバチの花粉の残量は常に残っています。 蜂蜜の主成分はアレルギー反応を引き起こすことのできない単糖であるので、それは誘発するアレルゲンである花粉である。

ほとんどの人は、ハチミツにアレルギーがあると信じています。これはかなり一般的な現象であり、幼い子供に与えることは厳しく推奨されていません。 だから、そうではありません。 子供の蜂蜜に対するアレルギーは非常にまれであり、通常の砂糖以上のものではありません。 大部分の場合、アレルギー反応は、蜂(アレルギー誘発性の)砂糖と蜂の治療に使用される様々な医薬物質の両方を含むことができる、偽造された蜂蜜を食べた後に現れる。 さらに、加工不良の蜂蜜は、ミツバチによって受粉された植物の花粉を含む。 これは花粉アレルギーであり、かなり一般的であり、蜂蜜に対するアレルギーの主な原因です。 アレルギー反応を引き起こす可能性のある生物学的および化学的汚染は、ごくまれに蜂蜜に入り、加工の条件および基準に準拠していない養蜂業者は、経験不足または悪意のあるため、さまざまな摂食を乱用し、

この病気の発症における重要な役割は遺伝であるため、血友病に既にこの病気を持っている子供には、蜂蜜に対するアレルギーが容易に発生する可能性があります。 さらに、個々人のアレルギー反応は個別に現れます。例えば、人は蜂蜜を使用できませんが、蜂蜜を加えた製品は問題なく使用できます。 これは、蜂蜜に対するアレルギー反応がその特定の品種においてのみ発症するという事実による。

これとは別に、私は春に蜂のコロニーの活動を増やすために、蜂蜜の中で養蜂家が特定の抗生物質を使用することがよくあることにご留意ください。 この場合、 アレルギー抗生物質に発生するが、伝染したアレルゲンのメディエーターである蜂蜜自体には影響しない。

しばしば、このタイプのアレルギーは、喘息患者およびアレルギー性鼻炎に罹患した人々に生じる。 研究者らによると、これは免疫防御の低下、胃腸管の様々な障害および体の一般的なスラグと関連している。

花粉アレルギー、特にハチミツは自然界には存在せず、ハチミツのアレルギー性状に関する確立された意見は誤りであり、それ自体が十分である通常の糖に基づく偽造品の使用によるものであるという意見がかなり一般的です強いアレルゲン。 処理中、糖は十分な加熱を受け、このアレルギー反応を引き起こす非常に強い発癌物質、オキシメチルフルフラールの放出をもたらす。 このような状況を排除するには、有名な実養蜂家から蜂蜜を購入する必要があります

蜂蜜に対するアレルギー - 症状

この病気の症状はほぼ即座に現れ、口の不快な感覚、喉の痛み、腫れが特徴です。 それは症状の急速な発現のために、多くのアレルギー師は、新しいグレードの蜂蜜を使用する前に、舌に非常に少量を入れて少し待つことをお勧めします。 上記の兆候が現れた場合は、直ちに水ですすいでください。

アレルゲン性のために蜂蜜を試験するもう1つの方法は、手の内側の襞に少量を塗布することである。 短期間で異なる皮膚反応が蕁麻疹、腫れ、かゆみの形で現れ始めると、この製品は禁忌です。 体と蜂蜜のアレルギー反応は、性別や年齢に関係なく発生します。

蜂蜜アレルギーの主な症状は、唇、舌および喉の粘膜の腫れ、鼻粘膜および鼻水の腫れ、咽頭および口の腫れ、咳、鼻粘膜の腫れ、くしゃみ、鼻水、皮膚発疹、悪心、体温の上昇、 頭痛 、疲労の増加

ハチミツへのアレルギー - 治療

アレルギー性の他のすべての疾患と同様に、蜂蜜に対するアレルギーの治療は、主にアレルギー反応生成物ならびにそれを含有する飲料および製品の完全拒絶に基づく。 アレルギー反応がすでに完全に進行している場合、急性症状を緩和するために抗ヒスタミン剤を遅滞なく投与する必要があります。 抗ヒスタミン薬を服用した後、蜂蜜に対するアレルギーの症状が継続して観察される場合は、アレルギー児のアドバイスを求めるために長い間遅れないようにする必要があります

ハニートリートメント

蜂蜜はまだまれではあるが、依然としてアレルギー反応を引き起こす可能性があることに加え、アレルギーのための素晴らしい治療法であり、最も効果的なのはハニカムである。 枯草熱、副鼻腔炎および寒さを取り除くには、ほんの少量を噛む必要があります。

小児、乳児でさえ、蜂蜜はしばしば滲出性の素質を治す。 子供たちには、皮膚の厄介なかゆみや乾燥が消え、頭皮に脂漏性の皮疹があり、赤くなり、頬の脱毛が消えます。 しかし、赤ちゃんの蜂蜜を与える前に、この製品の感受性をテストする必要があることを覚えておく必要があります。 長期観察の結果によると、小児期の子供は蜂蜜を妥当な量で使用し、精神的かつ肉体的には同輩よりもはるかに速く発達することが確立された。

子供は、気分が悪く、頻繁に泣いている場合、彼は不眠症、夜間排尿、睡眠不安と表面的です - リストされた症状を減らすか、または完全に消えるには、定期的に1 tspを取るべきです。 1ヶ月半以上のコースを中断することなく、朝と夕方の蜂蜜。 しかし、それは蜂蜜へのアレルギーの可能性を(孤立したケースで)開発することを逃さないように慎重に監視する必要があります。 2週間後には、改善が目立つでしょう。 必要に応じて、1ヶ月の休憩後にハチミツの治療を繰り返すことができます。

第二に、それほど重要ではないハチミツの性質は抗菌性である。 子供の鼻炎(寒さ)の最初の兆候が現れた直後に、沸騰した水で1:1に希釈し、得られた溶液を鼻に吹き込むべきである。 小児が6ヶ月以上続く場合、少量のプロポリス水溶液をこの溶液に加えることができる。 直接プロポリス水溶液自体は、1年半後に希釈することなく使用することができます。 鼻炎が既に慢性期に移行している場合は、以下の組成が役立ちます。 蜂蜜のスプーン+½st。 水のスプーンr-プロポリス+ 6キャップ。 ユーカリ油のチンキ+茶醸造10ml。 この混合物は、少なくとも1日6回、鼻の中を掘るために(最初にそれをきれいにする)べきである。 得られた混合物を再冷凍せずに冷蔵庫に保存する。