ほこりに対するアレルギー


аллергия на пыль фото 近年広く普及している塵埃アレルギーは、家の塵にアレルギー反応を起こし、涙、くしゃみ、鼻水などの症状が現れます。 世界保健機関(WHO)によると、家庭の粉塵に対するアレルギーは世界の人口の約40%に見られ、しばしば気道および気管支喘息の様々な病気につながる。

ホームダストアレルギー患者は、最も危険かつ一般的なアレルゲンの1つであると考えられています。 それにはしばしば膨大な量の様々な刺激成分があります。 そして、それは普通の塵粒子だけでなく、塗料、ペットの毛、毛羽、ならびにウイルスおよび細菌の微視的な粒子でもあります。 さらに、家庭の塵は人間の目には見えません。人の健康に本当に大きな害を及ぼす可能性のある塵埃 - 腐朽菌の小さなダニ(大きさ0.1-0.3ミリメートル)です。 最も重篤なダニの濃度は、寝具で観察され、繁殖可能性およびさらなる発達のための最適条件が作成される。 マットレスや枕のほこりの1グラムだけ200から15000ダニにすることができます! 直ちに刺激するものはダニの咬傷ではなく(人に咬まない)、このアレルゲンに敏感な人の身体に入る生命活動の産物は強いアレルギー反応を引き起こす。 この特定のアレルゲンに罹患していない人々には、ほこりに対するアレルギーは起こらない。 ダニ、カビ病菌、ゴキブリ、動物の毛および他の刺激物に加えて、しばしばアレルギー反応を引き起こすことがある。

今日まで、人々の家庭に住むことのできるダニの約150種を割り当てた。 ホームダストダニは3つのグループに分けられ、第1グループのダニのみがアレルギーの原因となる。 最初のグループには、野菜、小麦粉、穀類、穀物などの食品が貯蔵されている場所に住む畜舎ダニが含まれています。 第2群は、第1群のダニを飼育する捕食ダニを含む。 3番目のグループにはダニが含まれています。 第2および第3のグループは、ほこりにアレルギーを引き起こさない。

氷点下の温度でもダストダニは安全に存在することができます。爪に加えて、十分に粘着性の物質を放出し、それによって表面に付着するので、通常の掃除機で柔らかい家具やカーペットから取り除くことはほとんど不可能です。 柔らかい家具の中にダニは最大30センチメートルの深さまで浸透することができます。 пылевой клещ фото

いくつかのタイプのダニは、感染した製品を扱う人々(チーズの皮膚病、食物繊維症、パン屋の皮膚病など)において専門的なアレルギー疾患を引き起こすことがあります。

塵埃に対するアレルギー - 症状

ほこりのアレルギーは、異なって現れることがありますが、その症状のいずれかが非常に不快であり、顕著である。 最も一般的なダストアレルギーの症状は、花粉アレルギーの症状、瞼のかゆみや赤み、涙、鼻のかゆみ、鼻水、皮膚の発疹、気管支喘息、くしゃみ、咳や窒息の攻撃に似ています。 季節にかかわらず、季節に関係なく家の塵にアレルギーが付いています。季節に関係なく、植物や様々な風邪へのアレルギーを自信を持って排除することができます。 特徴は、ダニに感染したアパートに長期間存在しない場合、人の健康が顕著に改善し、症状が消えるという事実である。 以下、我々はダストアレルギーの最も一般的な症状を考慮する:

•アレルギー性鼻炎(花粉症)。 これはあまり難しいことではありませんが、鼻からの透明な排出、くしゃみ、鼻咽頭や頭痛、涙の灼熱感やかゆみなどの症状を呈した人の生活をかなり損なう可能性があります。 リニットは鼻で少しくすぐり始めると徐々に痛い連続的なくしゃみに発展します。 場合によっては、アレルギー性鼻炎は気管支喘息のような重篤な疾患に発展する。 ほとんどのアレルゲン(食物、カビ、動物の髪など)はそれを引き起こすことがありますが、鼻炎の発症の主な原因はほこりです。 アレルゲンとの接触後、対応する症候学の出現の形での応答は、通常、ほとんど瞬間的に発達するが、場合によってはそれはわずかに遅れることがある。 これは、誘発するアレルゲンとの一定の接触の場合に起こる

結膜炎 。 この病気は、ほこりに対するアレルギーのかなり一般的な症状です。 人口の約15%は少なくともこの問題に直面していました。 結膜炎は、眼のかゆみおよび/または灼熱感、タンパク質の赤み、まぶたの赤みおよび腫れ、涙液漏れによって特徴づけられる。 周囲のオブジェクトが「ぼやけている」ように見えることもあります。 コンタクトレンズを着用している人は、最も困難な結膜炎に苦しんでいます。 結膜炎の最悪の結果は、重度の角膜病変である

気管支喘息 。 アレルギー性喘息は、気管支喘息の最も一般的な形態であり、例えば、ロシアでは、12人に1人の居住者が罹患しており、近年の成長の動態は本当に脅威である。 気道のアレルギー性刺激を摂取した後、免疫防御は外来薬に迅速に激しい反発を起こし始める。気道は炎症を起こし、濃い粘液で満たされ、気道の筋肉は急激に収縮する。 アレルギー性喘息の発作を開始するには、乾燥した激しい咳と複雑な急速な喘鳴が特徴です。 胸には重い感じがあり、息切れがあります。 呼吸空気の不足のために、しばしば人はパニック状態に陥る。 幼児のアレルギー性喘息は重度の場合死に至ることもありますので、子供に埃にアレルギーがある場合は、それを治療し、予防するために直ちに対策を講じてください。 残念なことに、医師は通常の気管支炎のために喘息を服用し、状況を悪化させるだけの不適切な治療法を指定します

ほこりの治療へのアレルギー

上記の症状がすべて朝または夜間に最も顕著であり、部屋の外に出てすぐに消えた場合、この病気の原因は主に家庭内の塵になりがちです。 適切な適切な治療は、アレルギーのある医師だけが処方することができますが、元の原因である家庭の埃と質的に戦わなければ、わずかな効果はありません。

アレルギーの治療には、常に包括的なアプローチが必要です。 まず第一に、誘発するアレルゲンとの患者の接触は完全に排除されるべきである。 通常の掃除機を使用してカーペットや家具からダニを除去することは不可能なので、これは最も難しい作業です。 ベッドリネンは少なくとも週に一度交換する必要があります。マットレスには防塵カバーを着用する必要があります。 枕やブランケットは合成フィラーで選ぶべきである。なぜなら、繁殖ダニが好都合な環境ではないからである。 寝具は高温で洗濯する必要があります。

少なくとも週に2回は、掃除して室内で高品質のウェットクリーニングを実施する必要があります。 空気の湿度を下げるために(湿度を高め、家庭用プライヤーが加速する)、除湿器またはエアコンを使用する必要があります。 アパートの空調も定期的に必要です。 ダストに対する持続性のアレルギーの場合、カーペットは完全に廃棄し、ビニールや木材で置き換える必要があります。

ダストへのアレルギーの治療は、アレルギー薬および抗ヒスタミン薬によって処方された抗炎症薬を用いて行われる。 食品にはビタミンC(シトラス、グリーン、エルダー、カラント、ピーマンなど)が大量に存在する必要があり、アレルゲン感受性が大幅に低下します。

ダストと戦うための実証済みの方法:

•アパートを清掃して水で洗うときは、ティーツリーオイル

•カーテンとベッドリネンはお湯で洗わなければなりません

•清掃中の床は、10リットルの水、5リットルの塩

アレルギーは、病気のどの年齢でも現れる可能性が非常に潜行性です。 病気、ストレス、ライフスタイルの変化 - これは免疫を著しく弱め、最近まで完全に健康な人が突然アレルギーになるという理由になります。 したがって、有害な製品を食べることの拒否、喫煙、資格のタイムリーな治療、アパートの定期的な清掃と健康的な生活習慣は、開発された粉塵に対するアレルギーにうまく対処するのに役立ちます。