手のアレルギー


аллергия на руках фото 近年の非常に一般的な現象であり、通常、蕁麻疹、発赤、発疹、重度のかゆみなどのアレルギー症状を伴います。 手の皮膚へのアレルギーは、家庭用化学物質、洗濯物 寒さ、風、大量の有害な不純物、水分などを含むことを意味します。アレルゲンの体内に入るためには、免疫防御は、対応する抗体の瞬時生産によって反応します。 このプロセスの主な兆候の1つは、手に現れるアレルギーです。

人間の手は絶えず環境と接触しているので、悪影響をほぼ連続的に受ける。 有害な要素の手の皮膚に長時間暴露された場合、性質が異なるアレルギー性皮膚炎と呼ばれる発疹が現れる。 このアレルギー反応の進行の触媒として機能するためには、高温または低温、機械的または化学的要因、電流などが挙げられる。アレルゲンへの反復暴露の場合、通常、子供の手のアレルギーが発症する。これはアレルゲンの2回目の侵襲後に活発に作用し始める。

今日まで、多くの人々(より多くの場合、女性)が洗剤中に強力な化合物を抱えており、これが指のアレルギーとして現れる。 したがって、現代の洗剤を使用する場合は、積極的な化学物質の影響から皮膚を完全に保護することができる手袋を着用すべきである

手のアレルギー - 症状

発疹に加えて、手のアレルギーには、腫れ、腫れ、重度のかゆみ、水様の水疱などの付随する症状があります。 場合によっては、指が曲がることはほとんど不可能であり、可能であれば、人は非常に強い痛みを感じる。

小児の腕と脚のアレルギーは、通常、過食菓子のために肘や膝関節の領域で発生します。 一部の人々では、これらの症状は低温に対する反応であり、痛みを伴う感覚を伴い皮膚が赤くなり、乾燥し、薄く脆弱になる。

皮膚炎は慢性および急性であり得る。 慢性皮膚炎では、皮膚病変の領域における鱗屑化および肥厚化(ピーゼニゼーション)が観察される。 急性皮膚炎は、皮膚の腫脹および赤みを特徴とする。 時間の経過後、透明な内容物で満たされた刺激の場所に泡が現れ、持続的な副作用の場合には破裂し、しばしば細菌感染の発症につながる。 そのような創傷を治癒した後、傷や傷跡がしばしば刺激の跡に残されます。

皮膚が乾燥し始め、手にアレルギーの疑いがある場合、アレルギー性皮膚炎を診断するために急いで行う必要はありません。これは、すべてのアレルギー症状が消える接触を止めた後、家庭用化学薬品のある種の成分の通常の免疫です。

冷たい水の中にいた後、手の皮膚が薄くなり、敏感で痛みを伴い、かゆみが現れ、鮮やかな赤色を得ると、寒さの中の手にアレルギーを起こすことがあります

手のアレルギー

人間の手は他人の目に常に開いているため、変更があればすぐに対応する必要があります。 乾燥した皮膚の下に病理学的根拠がない場合、ゲルおよびクリームの形態のモイスチャライザーは、対応する症状を効果的に軟化および除去することができる。 しかし、アレルゲンの影響を受けて皮膚の変化が起こる場合、保湿は絶対に効果がありません。 ほとんどの場合、手のアレルギーは幼い子供に発症します。 通常、子供の年齢が上がるにつれて、アレルギーは「成長」します。

手にアレルギーから最も効果的な軟膏を選択する前に、誘発アレルゲンとの会議から完全に確保する必要があります。 最も適切な治療法は、認定された皮膚科医のみが処方することができます。

手のアレルギーの局所治療は、抗アレルギー性軟膏の皮膚に適用することで、これには非ホルモン、ホルモンおよび混合ベースの医薬品が含まれます。 一見すると全く無害な軟膏に応答して、皮膚は完全に反応しない可能性があるので、皮膚科学者だけが正しく処方することができる。

ホルモン性の軟膏は非常に慎重に使用する必要があります。なぜなら、1つのプラスの効果に応答して、副作用が別のものに発生する可能性があるからです。 軟膏手段の使用は、特別に開発されたスキームに従って行われ、初めはわずかな量のホルモン剤が皮膚に適用される。 この後に陽性結果が観察されない場合、より強い軟膏(24時間後)が皮膚に適用される。 所望の結果を達成した後、より穏やかな調製への移行が行われる。

手のアレルギーの最も単純な予防は、様々な攻撃的な薬剤と接触しているときに手袋を使用することです。 また、このタイプのアレルギー反応を起こしやすい人は、寒さの日に手袋を着用する必要があります。 アレルゲンに罹りやすい皮膚は日光にも敏感であるため、夏でも軽度の手袋を着用する必要があります。 保護クリームの使用は、不要なフィルムが有害な影響を受けるのを防ぐために皮膚外皮上に形成されるので、非常に効果的です。