魚アレルギー


аллергия на рыбу фото 近年、魚類アレルギーは、川と海の魚種の両方に対して、かなり広範なアレルギー反応である。 ある種の魚にはアレルギー症状がみられることがありますが、ほとんどの場合、いくつかの魚種がアレルギーを引き起こします。 最もアレルギーの強い種は、サーモン、ウナギ、ナマズ、マグロの亜種全体です。 甲殻類や軟体動物などの海産物との交差アレルギー反応があることがあります。

喫煙、乾燥および熱処理は、実際には魚製品のアレルギー性に影響を与えないため、タンパク質不耐性の人にとって、魚は焼き、燻製、乾燥魚と同じ危険性があります。 しばしば、アレルギー反応は、魚からの製品の調製中に生じる蒸気の吸入後に発生し、これは、ほとんどの食物アレルゲンにとっては非常に典型的ではない現象である。

子供の魚に対するアレルギーは、鍋や鍋が完全に洗われたにもかかわらず、魚製品が準備される前の同じ台所用品で調理された場合でもしばしば起こる。 これは、魚の微量の残ったタンパク質分子でも、アレルギー反応の進行を引き起こすことができることを明確に示している。 多くの場合、このタイプのアレルギーがある人は、魚の飼料にアレルギーがあります(より頻繁にはミジンコになります)。

魚アレルギーの診断が確定した場合は、パーティー、レストラン、またはカフェで提供されている料理の構成を注意深く監視し始める必要があります。 これを行うには、魚を揚げるのに使用されたものと同じ油で受けた食べ物が調理されたかどうかを尋ねるべきです。 サラダが味付けされたものを正確に見つけることも必要です。 魚のタンパク質はいくつかの調味料の一部かもしれません。 また、イノシン2ナトリウム、魚の風味、アルギン酸塩、寒天などの成分を含んでいることが多いので、慎重に購入した製品を調べるべきです。このタイプのアレルギー反応には禁忌です。

魚のアレルギーを受け入れ、これを理由にすべての魚製品から拒否している人たちは、体内で非常に強いアレルギー反応を引き起こす可能性のある蠕虫性アニザキドーシスのような魚の寄生虫は生きているとは考えていません。 これは、独立した診断が間違っている可能性があり、適切に診断して、アレルギーの本当の誘発者を特定できるのは、認定されたアレルギー

魚に対するアレルギー - 症状

身体と魚アレルギーとの反応は、通常、肌のかゆみ、背中の皮、発疹、腹部、頸部、胸部の水疱(時には粘膜上で発疹が観察される)などの特徴的な症状を伴う蕁麻疹によって現れる。 多くの場合、魚に対するアレルギーは皮下組織および皮膚の血管の浸透性の増加を伴い、これは皮膚の腫脹によって明らかになる。 この症状は、顔の腫れた目、口の周囲の腫れなどで最もよく見られます。場合によっては、腫れはQuinckeの浮腫のような危険な病気の形を取ることがあります。

胃腸管の部分での魚アレルギーの症状は、 下痢 、嘔吐などの分泌および運動機能に違反して現れる。アレルギー反応、 頭痛 、急速な鼓動、発熱、血圧の低下、血液構造の変化が激しくなる場合がある。 時には、 アナフィラキシーショックなどの生命を脅かすような状態が発生することがあります。

通常、魚アレルギーの最初の症状はすでに食べる過程で現れ始め、唇、口蓋、舌または喉の穿刺またはかゆみで現れる。 重度の症例では、しばしば喘息発作が観察される。 多少の頻度で、魚製品の摂取後の最初の数時間に症状が現れ、 蕁麻疹 、下痢、嘔吐によって発現する

魚類に対するアレルギー治療

あらゆる食物アレルギーと同様に、魚やシーフードに対するアレルギー反応は、食事からアレルギー誘発食品を完全に排除することを意味する。 人工魚製品、ウォルチェスターソース、カニスティック(シュリミ)、魚カツレツスープとソース、魚油、魚介類、魚介類、魚介類、エビ、魚卵、アンチョビ、サラダドレッシング、アジア料理(天ぷら、刺身、寿司)。

上記の製品では、アレルギー反応の進行に重要ではないが十分な量で、タンパク質アレルゲンが含まれている。 さらに、少量の魚のタンパク質は、サラダおよび類似の食品のためのいくつかの包帯を含むことができる。 また、購入時には、包装に記載されている製品の組成を確認し、魚の風味、二ナトリウムイノシン、アルギン酸塩、アラリン酸、寒天などの成分を避けてください。

場合によっては、魚製品へのアレルギー反応が甲殻類のアレルギーとよく似ているため、ガン、ロブスター、カニ、エビの使用は永遠に放棄されるべきです

子供に魚のアレルギー

魚の添加がなければ、グループC、B、A、PPの高品質なタンパク質と高級ビタミンの最高のソースである魚であるため、子供のフルメニューを想像するのは非常に困難です。

また、海産魚には、ヨード、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄などの子供用の有用な微生物が多数含まれています。 さらに、それは、脂肪、オメガ3酸を含み、神経組織、細胞膜および網膜の構造を担う。

子供の魚へのアレルギーを開発するには驚きではありません、魚の製品を導入する魚は徐々に導入する必要があります、8ヶ月以上ではありません。 最初は、お粥または野菜ピューレと組み合わせて(そして、できれば朝食用に)、魚のピューレを4分の1ティースプーンしか入れないでください。 アレルギー反応がない場合、容積を徐々に増加させることができる。

原則として、魚アレルギーの最初の症状は、アレルギー誘発製品を摂取した後の最初の数分または数時間の早い時期に現れ、腹部の怒り、体の発疹、口蓋、喉および舌の刺痛の形で表される。 顔のチアノーゼ、口唇の赤み、かゆみ、クインケの腫れ(ごくまれに)があります。

体の非常に急性の反応の場合は、すぐにすぐに助けを与えて、到着前に子供に抗ヒスタミン剤を服用させてください。