甘いアレルギー


аллергия на сладкое фото 甘味に対するアレルギーは、アレルギー性疾患であり、大人は通常バイパスしないが、子供で最も頻繁に観察される。 この問題に直面して、どの製品がアレルギー反応を引き起こしたかを直ちに判断する 「甘いアレルゲン」はかなり多いので、時にはそれは非常に困難です。

甘味に対するアレルギーの発症の理由は、スクロースによって引き起こされる消化不可能な食物残留物の発酵である。 様々なアレルギー反応の人の傾向の場合、腐敗生成物の血液に入った後、すでに存在するアレルギーは激化するだけである。 スクロースは、アレルギー反応の発生を直接的に証明するものであり、果物や野菜、菓子類、小麦粉製品、シロップ、お菓子に含まれています

甘味のアレルギー - 症状

このタイプのアレルギーを寛容と自信を持って区別するために、他の病気の食べ物や症状に敏感な方は、甘味に対するアレルギーの症状を正確に把握する必要があります。 おそらく、このタイプのアレルギーの最も顕著な症状は、脚、腕、頚部および顔のかゆみおよび皮膚の赤みの出現である。 しかし、これらの症状はすぐにではなく、ある程度遅れて現れることがあることを知っておくべきです。 場合によっては、甘味に対するアレルギーが急性の医学的介入なしに死ぬことができるような急性反応を引き起こす可能性があり、これは窒息し、クインケの浮腫およびアナフィラキシーショックを通過する。

グルコースは体の正常な機能にとって重要な成分であるため、甘いものにアレルギーがある場合は、すべての種類の菓子類を完全に諦める価値はありません。 甘いものに完全に限定することを決めた人は、常に寝る傾向があり、疲労が増し、神経質になったり、過敏になったり、 うつ病になりやすいものとは反対になります。 これらの症状は、体内のグルコース不足によるものです。 そのため、可能な限り短時間で、アレルギー製品の挑発的な発達を食事から排除する必要があります。

お菓子、クッキー、ケーキ、その他の菓子などのスクロースが豊富な食品を食べる人には、甘いアレルギーが最もよく見られます。 最も強力なアレルギー誘発物質の1つは蜂蜜であり、この場合、体内のア​​レルギー反応はスクロース自体ではなく、それに含まれる植物の花粉にも発生します。 しかし、これにもかかわらず、蜂蜜はアレルギーの発症に寄与することはできませんし、それは花粉がこの天然の甘さに含まれる植物に直接依存します。 蜂蜜がアレルギー反応を引き起こさない場合は、この製品はしばしば甘味に対するアレルギーの治療薬として使用されます。 しかし、ハチミツで治療する前に、この製品に不耐性がないことを絶対に確かめる必要があります。 デザートへのアレルギーの1つの形態の子供は、ミルク中の乳糖にアレルギー性である。

ほとんどの場合、毎日の生活の中で、自分の体に何らかの発疹がある子どもの親は「私の赤ちゃんはもう素質を持っています。 十分な数のお菓子を摂取した後に最も頻繁に観察されるすべての発疹を親が分類するのが「 素質 」の概念です。 ある座席の絶対的に健康な子供でさえも、チョコレート全体のバーをつかむと、高い確率で、自分の体のすべてが発疹することがあります。 しかしながら、他のアレルギー反応の発現から甘味に対するアレルギーを区別する以下の徴候がある:

•脚に乾燥した肌の剥離領域を思わせる

•頸部の前面には激しいかゆみがあり、鎖骨と顎が付いています

•手にピンクのかゆみがかかります

アレルギー反応に対する身体の素質の場合、アレルゲンとの接触の最初の数分から文字通りに始まり、症状は急性の暴力的性質を有する可能性がある。 そのような場合、アレルギー反応はしばしば重度の浮腫を伴い、最も危険なのはクインケの腫脹の消失である

多分アレルギーの過程で発症する最も危険な状態は、 アナフィラキシーショックです。 この症状は通常、甘い成分が別のアレルゲン(通常はタンパク質由来)を誘発する場合に観察される。 この状態は非常に困難です。なぜなら、特異な連鎖反応が始まり、いくつかの発現は他者によってさらに複雑になるからです。 アナフィラキシーショックが発症すると、即座に緊急の援助を求めなければなりません。なぜなら、2度目の遅滞でも患者に致命的な結果がもたらされる可能性があるからです。

アレルギーはどのように見えますか? 免疫防御の強さおよび現在の健康状態にかかわらず、子供の甘味に対するアレルギーは、異なる程度の症状を有し得る。 場合によっては、前腕、首、頬の内部に軽度のかゆみがあり、介入なしでも数時間/日が経過することがあります。 他のケースでは、小さな食べられたキャンデーでさえ、発疹やかゆみから意識消失までの、多数の否定的な症状を示すのに十分です。 そのため、子供を注意深く観察することが非常に重要であり、発疹だけでなくかゆみのある不安がある場合、誘発するアレルゲンを特定するためには、子供が摂取した食物をすぐに分析し、

デザートへのアレルギーの治療

上記の症状が現れた場合の最初の処置は、アレルギー反応を引き起こす可能性のあるすべての製品を使用する理由を完全に見出すことができないことです。 アレルギー誘発食品の使用を完全に排除した場合にのみ、薬の助けを借りなくても、完全に陰性症状を取り除くことができます。

現在の状況を容易にするために、腫脹、かゆみおよび発疹を除去することが目的である対症療法が示される。 通常、第4世代の抗ヒスタミン薬がこれに使用されます。 甘いものに重度のアレルギーの場合、その作用は体を毒する毒素を除去することを目的とした解毒療法の実施を示している。

合併症および悪影響の発症を避けるために、デザートへのアレルギーの治療は、適格アレルギー薬の監督および監督下にすべきである。