柑橘類のアレルギー


аллергия на цитрусовые фото 柑橘類のアレルギーは食物アレルギーの変種の1つであり、特定の物質に対する感受性が高まるため、子供の中で最も頻繁に発生します。 この現象は、食物抗原に対する抗体の免疫反応が誤って流れていることによるものであり、これは体質学および皮膚皮膚炎によって明らかになる。 この紛争は、 体の免疫防御の不適切な機能。 これは、しばしば、環境条件の悪い地域での生活のために、アレルゲンへの暴露が増加したためです

柑橘類へのアレルギー - 症状

このタイプの食物アレルギーの症候は、ほとんどのアレルギー疾患にとって典型的であり、比較的容易である。 子供の柑橘類へのアレルギーは、局所症状および一般症状の両方によって特徴付けられる。 アレルギー性結膜炎 (赤い水色の目)、アレルギー性鼻炎(鼻の腫れ、腫れ、鼻水)、呼吸中の笛吹き、気管支浮腫、アレルギー性皮膚炎(発赤、かゆみ、皮膚発疹)、アレルギー性耳炎耳の難聴の減少まで)。

通常、柑橘類のアレルギーの最初の症状は、食べ物の欠如、下痢、悪心、重度の腹部の痙性痛および鼓腸を発現する重度の形態で、糞便の鼓腸および嗜みを伴う軽度の形態で現れるアレルギー性腸炎である。

子供の柑橘類へのアレルギーは、皮膚の皮膚炎、素質、かゆみ、および噴出に最も頻繁に限定されます。ここでは、成人では、結膜炎および鼻炎が最も一般的です。 適切な治療がない場合、この症状はしばしば湿疹、喉頭浮腫およびアナフィラキシーショックのような非常に重篤な疾患になり、病院部門で最も効果的な即時治療を必要とする。 重度の症例では、アレルギー反応が吐き気、嘔吐、 めまいの原因となることがあります。 いくつかの主要な徴候は、重篤な症状の存在がなく、患者の生活を驚くほど重くする。 体が絶えずかゆみがあるという事実のために、人は睡眠をやめ、しばしば重度の身体的疲労をもたらし、最終的に免疫系の適切な機能を損なう。 この状態の大人は単に正常に働くことができず、子供は学びます。

柑橘類のアレルギーの診断は、一般的な臨床像、結膜炎と対になる症候性の食中毒を排除する歴史および実験研究に基づいている

柑橘系アレルギー治療

まず、柑橘系の果物のアレルギー治療は、適格なアレルギー患者だけが行うべきだと言いたい。 自己投薬は通常、悪化の進行を引き起こすだけである。 このタイプのアレルギー反応(家庭薬と薬の両方)の治療は、専ら医師の処方に従って行うことができます。

柑橘系アレルギー治療薬

今日、発達したアレルギー反応を治療するために、多くの方法が用いられている。 病気や乾癬や疥癬とのアレルギーの程度を判断するには、通常、適切な栄養、理学療法、投薬など包括的な治療を行うべき医師に相談してください。 以下は、アレルギーの治療のための最も一般的な選択肢を示しています:

•柑橘類へのアレルギーの治療は時代遅れの薬で。 この治療法は、クロモグリク酸(Tileed、Nalcrom、Cromoglin)をベースにした医薬品の服用にあります。 これらの薬剤による治療は、より現代のものほど効果的ではないが、これらの薬剤が重要である場合、副作用はない

•新世代の薬剤によるアレルギーの治療。 新世代の薬剤には、ジルテク、クラリチン、シザール、ケスチンなどの最も一般的に使用される抗ヒスタミン剤が含まれます。 通常、標準的な治療過程は2〜3ヶ月遅れる

•アレルギーを治療する最も効果的な方法は、ワクチン接種の一種として機能する特定の免疫療法です。 このタイプの療法の方法は、患者に少量の誘発性アレルゲンを導入することであり、徐々に増加し始める。 これに応答して、患者はアレルゲンを遮断する抗体の開発を開始する。 この治療法は十分に長く、数年かかるかもしれませんが、その結果はほとんどの場合、アレルギーが完全に合格するため、経験したすべての不都合を忘れることができます

•グルココルチコステロイド(プレドニゾロン、ヒドロコルチゾン)の治療。 グルココルチコステロイドは非常に強力な薬であるため、医師の処方箋だけで処方されるべきです。 多くの副作用( 肥満 、高血圧、 糖尿病など)のため、これらの薬物は5日以内

•通常、柑橘類にアレルギーの皮膚症状がある場合、身体からのアレルゲンの除去を促進する吸着剤が指示されています

柑橘類のアレルギーのための再矯正

アレルギー児は、このタイプのアレルギーを完全に取り除くことはほとんど不可能であるというかなり確立された意見を持っていますが、この病気の症状を有意に軽減することは可能です。 今日、アレルギーを完全に排除する最新の方法、体外血液浄化法が登場し、血液の組成を変えることができます。 血矯正の助けを借りて、他の様々な病気を治療する。 このメソッドは、任意の病気の要因を引き起こす患者の血液から削除することができますその後、特別な血液製剤は、血液に注入され、患者の体に戻って注ぐ。 アレルギーの症状は通常、最初の処置の後に消える。 柑橘類の果実に完全にアレルギーがあるのは、5〜10回の治療後に治癒します。 体外血液浄化は、蜂蜜の厳密な監督の下で専門診療所でのみ行われる。 スタッフ

柑橘類へのアレルギー - ホーム救済処置

伝統的な医学の助けを借りてアレルギーの治療は非常に人気があります。 以下は最も一般的な方法ですが、効果が十分であるとは言えません。

•ハーブの準備。 私たちは、こん棒、カバ芽、ホップ、ウキクサ、オレガノ、セントジョンズワートなどのハーブのコレクションを適用します。 それらは純粋に個体であるべきであり、それらの成分にアレルギー反応がない場合には事前に確認すること

•ビー製品(コショウ、プロポリス)と蜂蜜。 これらの製品でのアレルギーの治療はかなり頻繁に行われますが、主な決定的な欠点は、アレルギー反応を増やす代わりに、

•ネトルズ。 湿疹、発疹、蕁麻疹の治療に通常使用されるげっ歯類の注入。 現在の準備:1大さじ。 イラクサの花に200mlの沸騰水を30分かけて注ぎます。 注入され濾過された。 100 mlを1日3〜5回

•日本のハンサム。 この植物の花や枝から、多くの種類のアレルギーに使われている煎じ薬

•ペパーミント。 ペパーミントの注入は、以下のようにして行われる。 l。 ミントは100mlの沸騰水を注ぎ、その後少なくとも30分間主張する。 次にフィルタリングされる。 大さじ1杯を服用してください。 嘘。 3 r。 一日で

•ミイラは、民間療法によってアレルギーの治療に最も効果的であると考えられています。 1グラムのミイラを1リットルのわずかに温かい水で希釈する。 使用は少なくとも20分でなければなりません。 各食事の前に少し暖かい新鮮なミルクを飲みながら。 年齢に応じた摂取量:

1年から3年間 - 50 ml

3歳から7歳まで - 70 ml

8年後 - 100 ml

重度のアレルギー反応の場合、50%の投与量で1回の注入を追加することができます。 皮膚の症状を軽減するために、ミミの溶液は、100mlの温水で1グラムを希釈して、より濃縮して調製する必要があります。 この溶液は、ローションまたは潤滑剤として使用することができます。 ミイラを用いたアレルギーの治療は、年2回、2週間行われる。