卵へのアレルギー


аллергия на яйца фото 卵へのアレルギーは、あらゆる年齢で発症し、広範な現象と考えられている。 卵に含まれるアレルゲンは、様々な程度の強度のアレルギー反応を引き起こす。 4つのタンパク質アレルゲンが知られており、 異なるアレルゲン性を有するこれらは最も攻撃的なオボアルブミンおよびオボムコイドであり、より攻撃的でないものはコンアルブミンおよびリゾチームである。

加熱処理した卵を使用した後、アレルギー反応はかなり強いものの、生卵タンパク質の摂取の場合には、はるかに強くてしばしばアレルギー反応が現れる。 しばしば、卵に対するアレルギーは、鶏肉にタンパク質が存在することによる鶏肉へのアレルギーと密接に関連している。

卵へのアレルギーは、鶏卵だけでなくウズラの卵、七面鳥、アヒル、ガチョウなどを食べた後に発症します。このタイプのアレルギーは重大な合併症なしに発生することがほとんどですが、まれにアナフィラキシーショックの発症を引き起こすことがあります。 この形のアレルギーに苦しむ人々は、卵自体とその製品の両方を食べることを厳しく禁じられています

鶏卵アレルギー

鶏卵に対する最も一般的なアレルギーはオボミコイドおよびオボアルブミンタンパク質によって引き起こされるが、オボムコイドタンパク質は熱処理に対してかなり耐性があるので、調理された卵でさえ、アレルギー反応は未成熟卵と同様にうまく発達する。 多くの場合、鶏卵に対するアレルギーは、鶏肉に対する不耐性を伴う。 アレルギーの発症の原因は、鶏卵の卵黄でもありますが、熱処理の結果、卵黄アレルゲンであるVitellinは中和されます。

すべての種類の食品(ソーセージ、ソーセージ、パスタ、マヨネーズなど)の調製中には、鶏卵がかなり一般的であるため、このタイプのアレルギーに苦しんでいる人は、購入前および/または使用前にパッケージに記載された製品の内容を注意深く読み取る必要があります

子供の卵へのアレルギー

今日、子供の卵アレルギーが広まっています。 子供の卵アレルギーの存在は、何らかの理由で免疫防御が卵タンパク質を拒絶し、ヒスタミンの放出を伴う防御的アレルギー反応を引き起こし、それにより皮膚を損傷し、特定の身体系の機能障害を引き起こすことを意味する。 卵アレルギーの最初の兆候は、可能な限り早い時期に起こる可能性があります。 応答アレルギー反応も発症し、卵黄が知られているはずです。 子供が卵アレルギーと診断された場合は、それらの使用を完全に停止し、組成物を含む製品を除外する必要があります

大人の卵へのアレルギー

成人のアレルギー反応はあまり一般的ではなく、一般的に過度の使用の場合には一般的です。 有意な量の卵タンパク質の体内での一滴の低下により、ヒスタミンが放出され、これにより、心臓血管、消化器、呼吸器系の適切な機能およびアレルギー性皮膚病変の破壊が引き起こされる。 体には腫れや赤いかゆみがあります。 成人の卵アレルギーの予防措置として、過剰摂取の可能性を排除すべきであり、日常食では、できるだけ卵の量を最小限に抑えるべきである

卵アレルギーの症状

このタイプのアレルギー反応の主な症状には、様々な皮膚症状(口腔粘膜の赤み、湿疹、かゆみ、腫れ、赤い発疹)および心血管系、呼吸器系および消化器系からの陰性反応が含まれる。 皮膚の発疹に加えて、患者は頭痛 、喘鳴、咳、涙、鼻炎、吐き気、 下痢 、まぶたの赤みを訴える。

通常、卵アレルギーの最初の症状は乳児期に現れ、口腔粘膜の赤みと腫れ、混沌とした赤い皮膚の発疹、消化障害(嘔吐、吐き気、下痢、腹痛)、くすぐりの痛みを伴う皮膚刺激にあります。 さらに、患者はしばしば涙、瞼の赤み、くしゃみ、胸部の喘鳴、咳、鼻の詰まりなどがある。

卵ダイエット - ダイエット

まず、卵アレルギーと診断された食事は、食事からの完全な除外を意味します。 また、卵は膨大な数の異なる製品の一部であることを忘れないでください。これはパッケージに常に影響するとは限りません。 例えば、ベーカリーやパスタ、ソーセージの生産では、卵は常に使用されますが、しばしばこれらの製品の構成ではラベルには表示されません。 卵を含む最も一般的な製品には、ソーセージ、マヨネーズ、アイスクリーム、カニのスティック、様々な半製品、菓子などが含まれます。ラベルに記載されている製品の組成を調べる際には、特に組成物中に存在することを示す成分卵粉末、グロブリン、オボグロビン、リゾチーム、乳化剤、卵黄、卵白、凝固剤、増粘剤、レシチンおよびアルブミンである。 料理を準備するときに卵が必要な場合は、アナログ(1杯の酵母を水50mlで希釈)で食べることができます。 さらに、卵は通常の食品ゼラチンと置き換えて、大さじ2杯で溶解することができる。 お湯1パック。 また、既製の卵は水をソーダ(1茶)と植物油で置き換えることができます。

食事のために推奨される食べ物と料理:キャベツ、ジャガイモと他の野菜; 豚肉と牛肉のスープ; 様々な穀物、果物、牛乳、バター、自家製ケーキ(卵なし!)

卵アレルギーの治療

病気の原因に直接影響を及ぼすことは不可能であるため、卵アレルギーの治療は症状がある。 治療の基礎は、組成物中に卵およびそれらを含む製品の使用を完全に排除することである。 卵アレルギーの治療におけるアレルギー症状を除去するために、第3世代の抗ヒスタミン剤が使用される。 多くの場合、卵アレルギーは卵殻で処理されますが、卵殻は年齢に適する量で事前に粉砕され、摂取されますが、アレルギー児と事前に相談することなく、より深刻な合併症の発症を避けるために単独で摂取することは厳禁です。

卵アレルギーの予防。 補完的な食糧として、あなたは卵黄に入ることを急ぐべきではありません。 幼児の卵黄中に含まれるレシチンは、くる病を予防し、筋肉活動の適切な形成、記憶作用、神経系の発達に寄与しますが、アレルギー誘発性の製品を赤ちゃんの食生活に導入するのは少しお待ちください。 卵に顕著なアレルギーがある場合、この製品を完全に拒絶することが最適な決定です。