妊娠中のアレルギー


аллергия при беременности фото 妊娠中のアレルギーは非常に一般的です。 アレルギーは、特定の症状を伴う外的または内的刺激に対する身体の不快な反応です。 アレルギーは体の環境への反応として働きます。 統計によると、異なる形態のアレルギー状態は人類の半分に特徴的です。

アレルギー患者の中でも、妊婦がしばしば見られる。 その総数は20%に近い。 女性は妊娠中のアレルギーの危険性を非常に心配しています。 どのようにそれに対処するのだろうか?

アレルギー反応の原因は異なる現象であり、妊婦の症状を治療することができます。

多くの妊娠中の女性は、アレルギー疾患に苦しんで、彼らは絶えず抗アレルギー薬を服用する必要があるため、子供を心配しています。 開花期に発生する急性アレルギー性鼻炎の場合、抗アレルギー薬は非常に慎重に使用する必要があります。 薬は将来の子供に危害を加える可能性があります。

妊娠中の女性に気管支喘息の徴候がある場合は、妊娠困難な時期に制御できるのは医師にのみ報告する必要があります。

アレルギーの妊娠時に悪影響を及ぼす場合には、疑問のある質問があります。

子供のためのそのような状態は大きな危険をもたらすものではないと信じている人もいるが、妊婦のアレルギーの存在は、様々なアレルギー疾患に対する胎児の素因の可能性がある。 まず第一に、胎児に悪影響を与える、母親によって使用される薬物の危険性。 したがって、我々はアレルギーの悪化を引き起こした要因を排除する。

多くの場合、妊婦に抗アレルギー薬を服用することは避けられません。 したがって、アレルギー児との治療について話し合う必要があります。

薬は、お母さんや赤ちゃんに害を及ぼさないものだけを推奨し、処方されています。

妊娠中の女性がアレルギー反応を起こす傾向があるため、予防が最前線にあります。 アレルギー性反応が確立されたアレルギー性試験が規定されている。 いずれにしても、妊婦の安全性を考慮して、アレルギー児と一緒に治療を選択する必要があります。

どのような製品がアレルギーを引き起こす可能性がありますか? アレルギーの最も一般的な原因は、魚、黒および/または赤キャビア、赤い果実、ナッツ、シーフード、蜂蜜、ココア、チョコレート、柑橘類、燻製および漬物、炭酸飲料、ジュース、疑わしいヨーグルト、非常に甘くてスパイシーです。

天然抗ヒスタミン薬は、ビタミン、微量元素、亜鉛、ビタミンB12、C、ニコチン酸、パントテン酸を生成することができます。

妊娠中の喫煙は同様にアレルギーの出現に寄与しますので、タバコへの付着を取り除くことは不可能です。なぜなら、これは赤ちゃんに悪影響を及ぼし、実際に突然の児童死の症候群を引き起こすからです。

アレルギーの予防のためには、部屋を体系的に換気する必要があります。カーペット、カーテン、柔らかいおもちゃ、ウェットクリーニング、動物とのコミュニケーションの制限を取り除くことをお勧めします。 赤ちゃんの誕生後、可能な限り長く母乳育児に固執し、6ヶ月間から餌を注入するとよいでしょう。

さまざまなアレルギー反応に苦しんでいるお母さんには良いニュースがあります。 妊娠中に、コルチゾールの抗アレルギー性ホルモンの産生が増加し、アレルギー、気管支喘息、枯草熱または症状の症状に苦しむ可能性の少ない女性は、軽度の形態でそれらをさらに心配する。 出産が終わり、コルチゾールのレベルが正常になると、アレルギーが戻る。

統計によると、鼻の鬱血と鼻水は、2人目の未来の母親に問題を引き起こします。 体が植物の開花に反応し、動物の出現、 食事の違反、アレルギー性鼻炎が見られた場合は、

気管支喘息は、24〜36週の間に妊娠している母親に現れ、悪化する。 現在のところ、気管支喘息は治療されており、子供を持つことは禁忌ではありません。 最も重要なことは、健康管理を維持することです

妊娠中のアレルギー - 治療

妊娠時にアレルギーがあって不快な症状があれば治療するよりも? 独立して扱うことはお勧めしませんが、アレルギー児の監督のもとでのみ行われます。

妊娠中のアレルギーの錠剤は、非常に慎重に指名するか指名してください。 医師はジアゾリンを服用するようアドバイスします。 これらは良い、証明された錠剤ですが、持ち去られません。

しかし、Tavegilは、妊娠中のアレルギーの薬として避けるべきです。 胎児への悪影響について動物に実証されたデータがあります。

妊娠中のアレルギーの準備は非常に多様です。

Suprastinは、母親の健康状態が悪い場合に推奨されますが、医師の処方箋の場合にのみ推奨されます。

抗アレルギー薬としてのピポルフェンは妊婦には推奨されません。

Allertecは医師によって厳格に任命され、受付は管理下でのみ行われます。

クラリチンは使用することができますが、非常に慎重です。

例外的に、フェキサジンは処方されています。

アステミゾールは妊娠中の女性にとって有毒であり、摂取することは推奨されない。

ジフェンヒドラミンは避けるべきであり、子宮に危険をもたらす。

テルフェナジンは妊婦に処方されていないため、新生児の体重に悪影響を及ぼします。