アレルギー症状


симптомы аллергии фото アレルギーの症状は純粋に個体であり、非常に多様です。 アレルギー反応の間に観察された全ての発現は、人体のどのシステムおよび器官が浸透したアレルゲンに曝露されたかに直接依存する。 何年もの観察が示されているように、皮膚、胃腸管および気道は、アレルギープロセスに最も頻繁に関与している。

小児のアレルギーの症状は、遅延反応(発症の進行時間は数時間から数日に変化する)および即時型の反応(アレルゲンへの暴露後、数秒から数時間に現れる)に分けられる。 しかしながら、アレルギー反応の発生は常にアレルギー誘発物質との接触の直後に起こると一般的に信じられており、外部症状の冒頭に不在が体のシステムおよび器官にはるかに大きな影響を及ぼすため、この区分はやや恣意的である。免疫応答の長期の形成。

直腸型のアレルギー反応には、花粉症(枯草熱)、アレルギー性皮膚炎、 蕁麻疹気管支喘息 、アレルギー性結膜炎 、アナフィラキシーショック、アレルギー性鼻炎、クインケの浮腫、血清病などの重症度および臨床症状が異なる以下のアレルギー反応が含まれる。 おそらく、即時型の最も危険なアレルギー反応はアナフィラキシーショックと、ミツバチや他の有毒な昆虫の咬傷の後にしばしば発現するクインケの浮腫です。 例えば、 クインケの浮腫は、脊椎、頸部、顔の後頭部に影響を及ぼし、患者を窒息させる可能性があり、タイムリーな緊急ケアを提供することは通常、致命的な結果につながる。 したがって、例外なく、即時型のアレルギー反応は、適格な医療を使用してできるだけ早く排除する必要があります。

ほとんどの場合、医師は、アレルゲンによって引き起こされる臨床症状および症状の複雑な全体に直面している。 遅れたアレルギー反応の中で、私は、初心者が血液細胞を急速に破壊する病理学的過程に関与しているため、人の生命に危険を増やすことによって特徴づけられる細胞傷害反応に夢中になりたい。 血球の死により、溶血性貧血や白斑症などの病気が発症する可能性がありますが、最大の危険は血小板減少によって引き起こされ、内外の複数の出血を引き起こします。 細胞傷害性反応の診断は特に困難である。 患者は通常、目の血管の出血を薬品または食物アレルゲンと、また身体に現れる多数の打撲と予想外に関連付けることはない。

子供のアレルギーの数々の異なる症状の原因は、絶対にアレルゲンである可能性があります。 例えば、子供の花粉症の患者では、カバノキ花粉アレルゲンは、鼻結膜炎だけでなく、気管支痙攣を伴う蕁麻疹を引き起こす可能性がある。 大気中に存在するアレルゲンによって引き起こされるアレルギー性鼻炎または花粉症。 それは、ほこり、羊毛または動物の羽毛、花粉であり得る。 花粉症アレルギーの症状:喉の痛み、くしゃみ、水分の多い目、鼻水、鼻咽頭のかゆみ。

皮膚アレルギーの症状 。 ほとんどの場合、皮膚症状は食物とともにアレルゲンを摂取した後に発症する。 通常、これはシーフード、ミルク、卵、柑橘類に適用されます。 また、しばしば、皮膚症状の原因は、薬品や植物の花粉である可能性があります。 原則として、皮膚アレルギー症状は、誘発性アレルゲンとの接触時から48時間の間に発症し、発疹、かゆみ、発赤、体液浮腫、腫脹などの症状を伴う。 接触皮膚炎の人では、皮膚アレルギーの症状は、アレルゲンに接触した後数日にのみ、接触点でのみ出現し始める。 いくつかのアレルゲンは、少量の健康な皮膚についていれば、接触の瞬間から1週間後にしか現れません。 点滴されると、新しい接触アレルゲンに対して、身体は少なくとも10日間の感受性を発揮する。

急性アレルギー性接触皮膚炎の症状:かゆみ小胞および丘疹の出現、扁平上皮血小板の発生。 すべての皮膚領域(アレルギー性皮膚炎、剥離性皮膚炎)を伴うアレルギー性接触皮膚炎の症例が記録された。

また、皮膚アレルギー症状には、 アトピー性皮膚炎および蕁麻疹が含まれる。 蕁麻疹は、平坦でないかまたは凸状の赤みを帯びたかゆみのある不規則な形状の形態の非永続性の発疹として現れる。 より頻繁に、 蕁麻疹は、医薬品、食品および空気に含まれるアレルゲンとの接触により発症する。

また、アレルギー性皮膚疾患の全体的なグループも、一般的な名前 - アレルギー性皮膚炎の下にあります。 これらの疾患は、胃腸粘膜を介して、または化粧品および/または医薬品、食品、金属、ラテックス、空気アレルゲン、家庭用化学薬品などの皮膚に直接接触して、注射による身体への浸透の結果として生じることがある。アレルギー性皮膚反応は、感情障害や虫刺されに対応しています。 アレルギー性皮膚病の症状:皮膚のかぶれ、紅斑、皮膚のかゆみ、パターンの変化、肌の乾燥。

おそらくアレルギー反応の最も危険な形態はアナフィラキシーショックであろう。 アナフィラキシーショックの症状:全身の発疹の出現、発作の発症および突然の息切れ、意識の喪失、不随意の排便および排尿。 アレルギー - アナフィラキシーショックの症状は、体内へのアレルゲンの侵入後5時間以内に発症する。 このような状態の発症が疑われる場合は、可能な限り最短時間で緊急の援助を呼び出す必要があります。

気道アレルギーの症状は、空気アレルゲンだけでなく、感染性アレルギー性気管支喘息を引き起こしうる感染症(カンジダ、ナイセリア、 クラミジア 、ニューモシスチス、 マイコプラズマ症、OrVI、ARDなど)によっても引き起こされ、その主な症状は気管支の発作開通。 気管支喘息の悪化を示す症状:喘鳴の遠隔で聞こえる、空気の欠如の感覚、窒息の攻撃、呼吸困難の強さの変化、乾いた咳。