子供のアレルギー


аллергия у детей фото 子供のアレルギー - 身体から潜在的に有害であると認識され、したがって咳、鼻水、および発疹が現れる保護反応を誘発する、外部環境から来るあらゆる物質に対する赤ちゃんの免疫防御の反応。 最も権威のある科学者によると アレルギーの分野では、アレルギーが遺伝する傾向があり、アレルギーの生物学的親の少なくとも1つの場合、子供の免疫系も同じ刺激物と戦う可能性が非常に高い。

子供のアレルギーの原因は非常に多様であり、多くの化学物質、動物、有毒な昆虫(ワタ、ミツバチ、アリなど)、様々な植物の花粉、食物、塵など、人生を通して人を迫害することができます。

アレルギーの症状は、アレルギー誘発物質に接触した直後に目立つようになり、皮膚の発疹や赤み、粘膜の炎症、鼻水、くしゃみ、咳、枯草熱、および目の傷に現れる。 時には、アレルギーは、たとえ早い時期にさえ、呼吸器官の重度の炎症が窒息につながるなど、生命に対する実質的な脅威を示すことがある。

幼児のアレルギーは、食物アレルギーが最も頻繁に観察されるような小さな年齢の子供であり、一定期間生存してから消えてしまうため、特に注意が必要です。 保護反応生物には、さまざまな果物や野菜、赤い食べ物などを摂取した後、赤ちゃんを含めることができます。そのため、赤ちゃんの誕生後に母乳を授乳された母親には、低アレルギー性の製品のみからなる最も厳しい食事が割り当てられます。

子供のアレルギーの主な症状は 、皮膚の様々な炎症過程である:かゆみ、発疹、剥離、皮膚の赤み。 幼児のアレルギーは、腸障害、鼓脹、糞便障害によって現れることがあります。

今日まで、医薬品市場はかなり広い範囲の抗ヒスタミン剤を提供しており、その作用は小児のアレルギー反応を排除することを目的としています。 通常、これらは散発的に適用される。 特定の刺激に対する身体の保護反応の出現の場合には、 しかし、最良の治療選択肢は、誘発するアレルゲンとの接触から赤ちゃんを除外することです。 小児におけるアレルギーの治療(免疫療法)は、検出された抗原の用量を徐々に増加させることからなる。 この治療法は非常に長く、数年かかるかもしれませんが、ほぼ100%の症例で特定の刺激に対するアレルギーを取り除くのに役立ちます

子供の食物アレルギー

пищевая аллергия у детей фото 広範囲の食物アレルゲンのために、小児における食物アレルギーが広範囲に及んでおり、様々な臨床症状により、特定のアレルゲンを検出することが困難になるだけである。 ほとんどすべての食品は、応答アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

新生児の食物アレルギーの症状は、しばしば十分である。なぜなら、低アレルギー性食餌に違反した場合、赤ちゃんの体内の食物アレルゲンが母乳に落ちるからである。 しばしば、生後数年間の小児における食物アレルギーは、母乳の代替品への移行後に発達し、早期に離乳され、混合物に移行すると、アレルギー反応を発症する可能性が高くなる。 生後1年の子供の90%以上で、牛乳蛋白質に対する不耐性が観察されます。

子供の食物アレルギーを引き起こす食品のリスト:魚、柑橘類、蜂蜜、キノコ、ナッツ、卵。 アプリコット、様々な果実、豆類、トマト、ザクロ、桃、ビート、ニンジン、あらゆる種類の調味料ではほとんどアレルギー反応が見られません。 さらにまれにチーズ、ズッキーニ、プラム、そば、カボチャ、ジャガイモへのアレルギーがあります。

子供の食物アレルギーの症状は、通常、重度のかゆみ肌、豊かな発汗、赤くなった皮膚の水疱および発疹の出現によって現れる。 日常生活において、これらの症状はアレルギー性素因と呼ばれる。 幸運なことに、 Quinckeの浮腫などのアレルギー反応のこのような重篤な症状は、まれに発生する可能があり、皮下組織、粘膜および皮膚の強い腫脹として現れ、タイムリーな蜂蜜を提供できない場合に起こります。 致命的な結果につながるのを助けます。 胃腸管の関与の場合、アレルギーは、腹部の痛み、便秘または緩い便、疝痛および嘔吐を伴う。 場合によっては、気管支痙攣および鼻水の形で呼吸器障害が起こることがあります。

上記の症状から子供を排除する最も信頼できる方法は、食事からアレルゲン製品を完全に排除することです。 アレルギーの原因をすぐに特定することは通常困難であるため、最も可能性の高いアレルギー誘発物質は、まず栄養から除外されるべきである。 この場合、生後1年の子供は、特別な低アレルギー性混合物に移すべきである

子供の顔にアレルギー

аллергия на лице фото 小児におけるアレルギー反応は、しばしば、粗面、発疹および発赤の形で顔面に現れる。 通常、この症状は健康に有害ではありませんが、赤ちゃんの呼吸機能を害する可能性のある気道や喉頭の可能性のある炎症性病変に特に注意する必要があります。 典型的には、子供のこのアレルギー反応の原因は、組成物中に香料、染料および化学添加物を含み、動物または花粉生産植物と直接接触する異なる食品(しばしば野菜および果実)である。

症状は、しばしばアレルゲンとの接触の瞬間から30分以内に、または特定の食物の使用後にすでに現れ始める。 多くの場合、子供の顔にはアレルギーの症状がありますが、赤ちゃんの全体的な健康は目立って悪化することなく同じです。

現代の製薬業界は、様々なクリームおよび軟膏を含む多くの医薬品を開発しており、その作用は皮膚を軟化させ、子供に皮膚および発疹の粗さを取り除くことを目的としている。 しかし、アレルギーの真の治療は、症状を取り除くことに限定されるべきではありません。 主な行動は、アレルギー症状を誘発する原因から子どもを取り除くことであり、その後はその結果を取り除く必要があります。 顔面にある痛みを伴う痛みを軽減するために、様々な保湿クリームやソフトクリームを使用することをお勧めします。 さらに、日常的に顔面を洗うことで構成され、子供の炎症を起こした皮膚の不快感を大幅に軽減する、個人衛生の簡単なルールについて忘れないでください

子供の皮膚アレルギー

аллергия на коже у ребенка фото 通常、子供の皮膚アレルギーは、アトピー性皮膚炎、小児期湿疹または素質として現れ、それらはそれぞれの症状および個々の治療によって特徴付けられる。

アレルギー性素質 - 赤ちゃんの身体と特定の食物との反応。子供の尻や頬に発疹、発赤、かゆみがあらわれます。 この症候は、アレルギー反応の発症を示している。

子供の湿疹はアレルギー発症の第2段階です。 この段階では、皮膚の外皮に赤い泡と泡が形成され、その代わりに不快なかゆみを引き起こす痂皮が残る。

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の最終段階であり、特に夜間や夕方にはかゆみが耐え難くなり、しばしば子供の睡眠の中断を招く。 典型的には、 アトピー性皮膚炎は肘および膝の折畳み部に位置し、青年期にはこれらの場所に加えて顔および首の影響を受けることが多い。 ときには、皮膚炎が気道のアレルギー疾患に付随することがあります。 幼児期からアトピー性皮膚炎は子供の思春期前に発現することが最も多いが、孤立した症例では人生に残ることがある。

子供の皮膚アレルギーの発症の理由は、完全に不完全な消化器系から、一日の不合理な体制および不均衡な食事から、妊娠中には不適切な母性および遺伝的要因に至るまで素晴らしいものです。 そのため、最終的な診断が行われる前に、医師は慎重に子どもの生活状況を調査し、食事に関するすべてを学び、特に子宮内発育を知る必要があります。

このタイプのアレルギー反応の処置は、内的および外的に処方され、最初はアレルギー反応を減少させ、二番目はアレルギー反応を軽減する。 さらに、毎日の赤ちゃんの摂取から皮膚誘導物質を完全に排除することが絶対に必要です。 アレルギーを予防するために、妊娠中の妊婦は正しい食事をし、母乳育児の全期間中の児の誕生後、厳しい食事を守るべきである

子供の猫へのアレルギー

аллергия на кошек у ребенка фото 子供のアレルギー反応は、さまざまな動物ではよく見られますが、最も一般的なのはネコのアレルギーです 。これは、敏感な子供の免疫系がアグレッサーとして認識するこれらの動物の分泌物に特異的なタンパク質が存在するためです。

子供の猫へのアレルギーは、動物の毛髪に対するアレルギー反応として多くの人に誤認されており、髪の毛(レモン、スフィンクスなど)が全くない猫を購入すると、デンマーク生物の否定的反応が完全に消滅します。 だからこれは妄想です。

このタイプのアレルギー症状は次のとおりです:呼吸障害、鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、喘鳴。 痒い赤い苦汁が皮膚に現れます。 猫が体のどの部分にも傷を付けると、この時点で皮膚は膨らみ、目立って赤みを帯びます。 症状は、動物と話した後、数時間後に数分後に現れることがあります。 猫と繰り返し接触した場合、症状は通常悪化する。

猫にアレルギーを取り除くには、まずアレルギー物質の原因を取り除くべきです。 しかし、時には動物を取り除いても、子供がネコにアレルギーをなくすことはありません。 これらの動物のアレルゲンは、靴、衣服および空気によって通りから持ち出すことができます。 この場合、アレルギーの治療は、主要なアレルゲンに対するアレルギー反応を治療するために使用されるいくつかの標準的な薬物の使用である。 これらは抗ヒスタミン剤およびうっ血除去薬および抗アレルギー剤である

子供に対する冷感アレルギー

аллергия на холод у ребенка фото 一部の小児では、低温に長時間さらされた後、皮膚が赤くなり、かゆみが現れ、腫れが生じることがあります。 おそらく、それは外部環境と赤ちゃんの体との間の熱交換の違反の場合に生じる、寒さに対するアレルギーである。

子どもの寒さへのアレルギーは、注意を払わずに残ってはいけません。 軽度の症状に加えて、重度の霜は、高血圧や頻脈のような重大な合併症の発症につながる可能性があります。 このタイプのアレルギーは、心血管系または内分泌系の疾​​患を有する小児において最もよく現れる。 これらの赤ちゃんは通常、暖かい気候でも体温が低いという特徴があり、脚や手を凍らせることがあります。

寒さへのアレルギーは季節病でなく、一年中人に影響を与えます。 低温だけでなく、アレルギー反応を引き起こすだけでなく、強い冷たい風、アイスクリームや冷たい飲み物の使用、ドラフト、湿気などの要因も引き起こします。

子供の冷たいアレルギーの症状:皮膚上のかゆみの水疱(寒い蕁麻疹 )の発症; 子供が寒さにあるときはいつも、彼はいわゆる偽アレルギー性鼻炎を患っています。 低温でも、いわゆる偽アレルギー性結膜炎があり、赤ちゃんが暖かい部屋に入ると、鼻水、涙、目の傷などが現れます。 皮膚の剥離や赤みを帯び、時には腫脹することがあります。 通常、冷たいアレルギーの皮膚症状が目と唇の周りに見られる。

子供が寒さにアレルギーがある場合、刺激的な要因の身体への影響はできるだけ最小限に抑える必要があります。 外に出る場合は、できるだけ体の覆われていない部分を残すように赤ちゃんをドレッシングする必要があります。 皮膚の残りの開いた部分は、ベビークリームの小さな保護層で慎重に潤滑されるべきです。 子供の衣服は防水性がなければなりません。 また、冷たい飲食物は使用から除外されるべきである

子供のミルクアレルギー

аллергия на молоко у ребенка фото 2歳まで、子供の最も一般的な食物アレルギーはミルクに対するアレルギーです。 他のすべての物質の中で、大量に牛乳中に見出されるタンパク質が最もアレルギー誘発性であると考えられている。 通常、授乳中の小児では牛乳に対する感受性が高まる。 赤ちゃんが離乳する前に、ミルクにアレルギーを発症する危険性が高いことは広く知られています。

しかし、子供はしばしば牛乳だけでなく母乳にもアレルギー反応を起こす。 このタイプのアレルギーの最も原因は、母親が妊娠中に使用したミルクです。 さらに、特別な低アレルギー性食餌に母親が摂食していない場合、母乳への反応が発症する可能性があります。

子供のミルクアレルギーの症状:腹部膨満や腹痛、吐き気、嘔吐、時には皮膚症状、血便や緑色の不純物を伴う緩い便があるかもしれません。 しかし、この症状はほとんどの消化器疾患でよく観察されるため、すぐにアレルギーについて話す必要はないので、上記の症状が現れた後、診断が必要な検査や研究を指名することを確認する医師に相談してください。

子供のミルクに対するアレルギーは、通常、2〜3年になりますが、それ以外の人生でも持続することがあります。 子供が授乳中にミルクアレルギーの兆候を抱えている場合、主な仕事は、潜在的に有害な食品を完全に排除して母親の食生活を調整することです。 この後に改善がない場合は、まず医師に相談して人工授乳に移行する必要があります。 混合物がアレルギーの原因であることが判明した場合、低アレルギー性類似体の使用に切り替える必要がある。 可能であれば、牛乳を含む食品の摂取を避けるために、より古い子供が示されている

子供のアレルギー

аллергия на пыль у ребенка фото 今日、子供の塵埃に対するアレルギーはかなり一般的な現象ですが、 喘息が最も深刻なさまざまな合併症が発症する可能性があるため、注意を払わずに放置することはできません。

子供の塵のアレルギーの症状:目の痛み、喘鳴、鼻水、くしゃみ、咳、息切れ、時には喘息発作。 しばしば、結膜炎、湿疹および蕁麻疹がある 。 数日間問題のアパートから赤ちゃんを取り除くと、彼の健康は著しく改善されることに注意した。 このような症状は他の疾患でよく見られることを覚えておく必要がありますので、最終的な診断に先立って徹底的な検査を行う必要があります。

子供の埃へのアレルギー反応は、ほこりそのものではなく、その中に住む顕微鏡的なダニとその生命活動の製品によって引き起こされます。 これらのダニは、柔らかい家具、羽毛ベッド、枕、カーペット、柔らかいおもちゃなど、肉眼では見ることができないほどの微視的なサイズです。赤ちゃんがほこり、すべての柔らかい物やアパートのものの一般的な清掃を延期する。 子供が自然な羽毛の詰め物を持つ枕を持っている場合、それはすぐに人工の枕で置き換える必要があります。 アパートで毎日、湿気の多い掃除が必要です。部屋の湿度が上がらないように注意してください。

子供のほこりに対するアレルギーは、住居でのみ毎日の掃除によって排除されません - 赤ちゃんは抗アレルギースプレーや抗ヒスタミン薬を服用する特別な医療を受けなければなりません

新生児のアレルギー

аллергия у новорожденного фото 近年、アレルギーは新生児で非常に一般的です。 この反応の進行の主な理由の1つは、高い腸透過性であると考えられ、アレルギー性アレルゲンが血液に十分に迅速に浸透する。 そのため、赤ちゃんがアレルギーの可能性のある原因との接触から保護するために最善を尽くしている理由は、リストの食品が最初です。

新生児のアレルギーの原因としては、特に生物学的な両親が何らかのアレルギーに苦しんでいる場合、遺伝的要因が考えられます。 さらに、乳児のアレルギーの原因は、妊娠低アレルギー性飼料の期間中に母親に違反する可能性があり、これは母乳育児の全期間に当てはまります。 また、幼児におけるアレルギーの発症の原因は、妊娠中に母親によって伝達された様々な感染症である可能性がある。

新生児のアレルギーは、通常、皮膚の炎症および発赤によって現れ、肌のかゆみは赤ちゃんの体のどの部分でもはがれます。 粘膜のわずかな炎症、咳や鼻水はあまり一般的ではありません。 この場合、間質性皮膚炎と同様の外観の抗原の影響下で生じた炎症性皮膚プロセスを混乱させないことが非常に重要である。 粘膜の重度の炎症症状、特に喉頭の場合、子供はすぐに入院するべきである。 この場合、呼吸不全およびその後の窒息の危険性が著しく増加する。

新生児の食物アレルギーは、最も危険なアレルギー誘発食品、すなわちジュース、柑橘類、野菜の食物から完全に排除され、人工的に、または逆に栄養補給に移行するが、補給はされない。 感染症を予防し、腸の働きを改善する目的で、様々な子宮収縮剤および吸収剤が示されており、最も重篤な場合には、抗ヒスタミン薬が示されている。

新生児でのアレルギーの予防は、妊娠中および母乳育児中の両方において、母体低アレルギー性食餌を厳密に遵守することを提供する。 この期間の食事から、染料、食品添加物、防腐剤などの危険な成分や成分をすべて排除する必要があります。