幼児のアレルギー

аллергия у грудного ребенка фото 乳児のアレルギーは非常に一般的な現象であり、主に食物に発疹が現れ、成人よりも重い形態で発生します。 授乳中の母親は、この種の食べ物は常にアレルギーからクラムを救うと誤って信じています。 しかし、アレルゲンは母乳中に見いだすこともできます。

そして、子供のアレルギーの始まりの症状をどのように知っているのですか?その後、あなたの赤ちゃんの両親を保護しますか?

アレルギーを誘発する免疫反応はアレルゲンと呼ばれます。 食物中にタンパク質を含有すると、食物アレルギーを引き起こす。 いくつかの食物アレルゲンは調理過程でその性質を増強する能力があり、他のものはアレルゲン性を失う能力がある。

赤ちゃんの体内でアレルゲンは免疫グロブリンEを合成し、アレルギー症状の発症につながる反応を活性化させる。

しばしば、幼児のアレルギーは、アレルゲンを含む製品の摂取後に始まるが、数時間後に現れる遅れたアレルギー反応がある

乳幼児のアレルギー - 症状

子供が食物アレルギーを患っている場合、皮膚の症状は、全身の発疹、赤み、頬の皮の剥皮( 素質 )、かゆみ、おむつの発疹、豊かな発汗、片麻痺(片頭痛および眉毛の鱗屑)、クエンケ、 蕁麻疹

胃腸管に影響を及ぼす幼児のアレルギーの症状は、嘔吐、逆流、 便秘 、泡沫の緩い便、または緑色の痛み、疝痛、鼓腸などである。

乳児の呼吸器障害などのアレルギーの症状:アレルギー性鼻炎、気管支痙攣。

乳幼児にとって最も危険なのは、クインクの腫れです 。 赤ちゃんの喉頭では、窒息が始まり、気管支喘息の症候性発作に非常によく似ています。 最初に息切れがあり、咳や息切れがあります。息切れがあります。 顔色は変化し、青みがかった色合いになって急激に淡いものに変わります。

アレルギーの症状は、皮膚、気管支、および腸の損傷と組み合わせることができます。

それだけで、食物アレルギーは、他のアレルギー疾患の先駆者となり得る:気管支喘息、アトピー性皮膚炎

幼児のアレルギー - 理由

ママは質問をします:アレルギー症状はどこから来ますか? 授乳中の母親が高カロリー食を摂取して食べると、これが主な原因になる可能性があり、赤ちゃんが人工授乳をしている場合、その理由は使用される製品です。

赤ちゃんの食物アレルギーの可能性は、遺伝によって増加します。 アレルギーが両親の一人で早ければ、そのような病気を発症するリスクは37%に達し、両親の病気の場合にはリスクは62%に上昇します。

乳児においてアレルギー反応を引き起こす次の要因は、酸素欠乏(胎児低酸素症)である。 これは、子供の妊娠と出産が急性呼吸器ウイルス感染と腸感染との組み合わせで重篤な場合に起こります。 乳児の食物アレルギーは、消化管の機能特性に依存する。 新生児にとっては、アレルゲンが血液に浸透しやすいので、粘膜の透過性の増加が特徴です。

妊娠中の喫煙 、治療中の抗生物質治療の過剰摂取、将来の母親の気管支肺疾患だけでなく心血管疾患の存在は、子供の生物に悪影響を及ぼし、幼児にはアレルギーが与えられます。

卵、キャビア、ミルク、シーフード、赤とオレンジの果物、キウイ、野菜、それらからジュース、コーヒー、キノコ、ココア、ナッツ、チョコレート、蜂蜜、赤ちゃん全体を摂取した母親は、将来のアレルギー

児童アレルギーの診断

乳児にアレルギーの症状がある場合は、小児アレルギー児、小児科医または栄養士との相談が必要です。 食物アレルギー反応の顕著な発現、ならびに胃腸管の作業における皮膚発疹および機能不全の存在とともに、乳児を持つ母親は病院に入院する。

アレルギーの診断は、親の調査、幼児の検査、食物摂取と義務的な血液検査(静脈からの信頼性に関する)、腹腔の超音波検査との関係の定義から始まります。

高レベルの総免疫グロブリンEならびに血液検査からの好酸球のレベルの上昇は、アレルギー反応を示す。

乳児におけるアレルギーの存在の間接的な証拠は、母親によるアレルゲン生成物の停止後の症状の消失ならびに抗アレルギー薬の使用である。

アレルギーの診断に役立つ追加情報は、あなたが赤ちゃんの栄養と飲酒を追跡することができる食品の日記です

乳児アレルギー

ダイエットは、乳児のアレルギーの治療においては最先端にあり、従って、原因となる重要な食物アレルゲンを排除する。 しかし、それぞれのケースは医師によって個別に扱われます。そうしないと、母親は状況を悪化させる可能性があります。

乳児の気管支痙攣に気付いた場合、アレルギー性腫脹がありますが、躊躇したり、救急車を呼びかけたりしないでください。 救急車の医師に相談して、どのくらいの抗ヒスタミン剤があなたの家からフェニステル滴などの赤ちゃんを与えるか。

赤ちゃんが自然栄養をしているときは、妊産婦の食事が改訂され、工業生産に関連する製品(結晶糖、脂肪乳化剤、人工染料、防腐剤、染料)は除外されます。 同時に、食塩から砂糖、揚げ物、強健な汁が取り除かれます。 乳製品は制限されており、その重点は自然栄養です

母乳育児のための勧告

鶏卵、魚、キャビア、シーフード、ハチミツ、ナッツ、チョコレート、コーヒー、キノコ、ココア、果物、野菜、赤とオレンジの果実、キウイ、大根、大根、アボカド、パイナップル、ブドウのメニューから除外する必要がありますマリネ、ブイヨン、ザウアークラウト、缶詰、スパイシー、塩辛い料理、缶詰、缶詰、ニンニク、タマネギ。 我々は、染料、防腐剤、ソース、マヨネーズ、アディカ、チップス、トケマリ、ケチャップ、ソフトチーズ、ソーセージ、燻製製品、ソーセージ、グラスドリンク、ビール、ハム、 サワークリーム、全乳、最高級のパスタ、ベーカリー製品、セモリナ、砂糖、菓子、塩などの制限がある。

ケフィア、コテージチーズ、バイオケフィア、アシドフィルス、ビフィード、添加物を含まないヨーグルト、ハードチーズ、トウモロコシ、そば、オートムギ、米; 野菜、緑と白の果物、ベジタリアンと穀物スープ、若い牛肉、豚肉、七面鳥、鶏肉、魚介類、パイクペル、ハーブ、植物油、2級パン、新鮮ビスケット、コンポート、紅茶、ミネラルウォーター、mors。

人工栄養と混合栄養の両方で赤ちゃんを見つけるとき、食物アレルギーの原因は牛乳のタンパク質であると推測されるべきである。 このケースでは、ミルクフォーミュラを特殊な低刺激性剤に置き換えます。

アレルギーの原因を見つけるとき、この製品は赤ちゃんの食事から除外されます。 この食事は3ヶ月まで観察され、その結果、食物アレルギーの症状は徐々に低下する。

医師は乳幼児用吸着剤、抗ヒスタミン薬、クリーム、皮膚を治療するための軟膏、ホルモン

子供のアレルギー予防

単純な規則を覚えておいてください。あなたの赤ちゃんがアレルギーである場合、赤ちゃんが6ヶ月齢に達するまで、我々はルアーを与えません。 そして、卵、魚、柑橘類、牛乳、小麦、ナッツなどの製品は、2年後に食品に入れます。 これらの製品のいずれかがアレルギー反応を引き起こす可能性があることを忘れないでください。 アレルギーの発生を防ぐために、赤ちゃんの腸を空にして、他の病気を治療する際には染料を含むシロップを使用しないでください。子供には低アレルギー性の化粧品を使用し、水の手続きは20分に制限し、水分をあらかじめ水で洗い、塩水で入浴しないでください。入浴後、穏やかにタオルで赤ちゃんの肌を軽くたたき、特別な手段で皮膚を湿らせ、赤ちゃんの服は柔らかい組織、毛布、枕で作られるべきです 過熱を避け、年齢によって安全な玩具に使用したり、ペットをきれいにしたり、空気の清潔さを見たり、子供と一緒にもっと歩いたりしてください。

多くの親は、子供のアレルギー症状が年齢とともに止まるかどうかについて懸念しています。 彼らは、早期治療と赤ちゃんの肝臓、腸、および免疫システムの機能を改善することがタイムリーである場合にのみ、停止します。