新生児のアレルギー


аллергия у новорожденных фото 新生児のアレルギーは、赤ちゃんの生後最初の日以来最も一般的な病気です。 新生児のアレルギー反応は成人よりも重篤である。 赤ちゃんが授乳中の母親を抱えていると考えるのは間違いです 乳房、アレルギーに対して保険。 ちょうど母乳とこれらの不運なアレルゲンが含まれています

新生児のアレルギーの原因

新生児のアレルギーの原因は何ですか? もちろん、アレルゲンを含み、母親によって消費される食品、または赤ちゃんが直接消費する食品。 新生児、遺伝因子、重度労働、胎児低酸素症、重度の急性呼吸器ウイルス性または腸管感染症のアレルギーの可能性を高めます。 あなたは赤ちゃんの消化管の低機能機能を排除することはできません。 抗体は、まだ対処する準備ができておらず、腸粘膜に対する保護を提供している。

妊娠中の喫煙はまた、赤ちゃんのアレルギー反応の出現に向けて状況を悪化させる。 新生児のアレルギーの次の原因は、妊娠中の高カロリーのアレルギー誘発食品であるママの怒りです。 魚のキャビア、牛乳、シーフード、鶏卵、赤、オレンジの果物や野菜、コーヒー、チョコレート、ココア製品、ナッツ、キノコ、ハチミツなどの製品には、 アレルギー反応を引き起こす物質はアレルゲンと呼ばれます。 新生児にアレルギーの原因となるものは何ですか? 食物アレルギーは、食物中に見出されるタンパク質によって誘発される。 いくつかの食物アレルゲンは、食物処理の際にアレルギー性をより低い程度に変化させる能力を有するが、他のアレルゲン性は、元のアレルギー性よりもさらに高いアレルギー性を得ることができる。

しばしば、新生児の顔面にあるアレルギーは、アレルギー製品の食べ物を食べた後に現れますが、遅い反応もあり、2日目に現れます。 すべてはそれぞれの場合において非常に個人的であり、最も受け入れられるアレルゲン

新生児のアレルギー

新生児ではどのようにアレルギーが発症しますか? その顕在化は異なっている。 それはアレルギー性皮膚病変であり得る:

•発赤、蕁麻疹、発疹

•身体の剥がれやかゆみ、頬の肌

•一定のインタートリゴ、豊富な発汗

•頭と眉の鱗屑(片麻痺)の形成、クインケの浮腫

または粘膜浮腫を伴う胃腸管の病変:

•逆流、嘔吐

・特徴的な緑混​​和剤を含む液体スツール

便秘 、疝痛、鼓腸

まれに、新生児におけるアレルギーの発現は、粘膜浮腫を伴った呼吸器疾患、アレルギー性鼻炎、気管支痙攣

気管支痙攣およびクインクケの浮腫は、その有害な結果を伴う新生児に危険をもたらす。

皮膚、腸および気管支の病変の組み合わせがある。 このような場合は、次のように開発します。

アトピー性皮膚炎

気管支喘息 фото аллергии у новорожденных

新生児のアレルギー

新生児にアレルギー症状が発生した場合、小児科医に通知し、必要な治療勧告を受けるべきである。 重度の症例では、静脈血採取と免疫グロブリンEの存在が行われます。母親が消費食品を記録するアレルゲン日記を検出することは効果的です。 治療が始まる最初の段階は、食事とアレルギー製品の除外です。 食事療法の戦術は、アレルギーの医師によって選択されます。

しかし、医師の到着前に、あなたは赤ちゃんに応急処置を提供できる必要があります。 例えば、気管支痙攣の場合、クラリチンまたはスパースタチンを含むシロップの形で抗ヒスタミン剤を1年間まで子供に与えます。

新生児が母乳授乳を受けている場合、母親は潜在的なアレルゲンを除いて厳しい食事を取るべきです。 授乳中の母親は、魚、卵、鶏卵、ナッツ、蜂蜜、コーヒー、チョコレート、ココア、シーフード、赤とオレンジの野菜、果物を彼女のメニューから緊急に除外します。 マヨネーズ、チップス、ソーセージ、ハム、ソース、ケチャップ、アジヒカ、炭酸飲料、ビール、クバスのような栄養補助剤を使用することができる。

慎重に少量で全乳、サワークリーム、砂糖、塩、最高級のベーカリー製品が適用されます。

これは、制限なくサワークリーム製造が可能です:ケフィア、コテージチーズ、ビフィッド、バイオケフィア、添加物のないヨーグルト、ハードグレードのチーズ、アシドフィルス; 穀類:米、オートムギ、そば、トウモロコシ; スープ:ベジタリアン、さらにはグラッツ。 肉:若い牛肉、豚肉、七面鳥のフィレ、ゆでた鶏肉; 痩せた魚:タラ、コケ、パチ、ハケ; 植物油および第2学年のベーカリー製品; ドリンク:ミネラルウォーターはまだ、弱いお茶、コンポート、フルーツドリンク。

人工で、また食物アレルゲンによる子供の混合食べ物は、子供の混合物からの牛のタンパク質が作用する。 この場合、医師の指示する低アレルギー性大豆または加水分解混合物を交換する必要があります。 しかし、このような食生活でさえ、問題があります。赤ちゃんのためのダイズダイエットと加水分解混合物の反発不快な味を容認することは可能です。

そのような食事は3ヶ月間推奨され、その後は母乳栄養食は徐々に拡大されますが、もちろん高アレルギー性食品は除きます。

この治療では、医師は抗ヒスタミン剤、様々なクリーム、吸着剤、赤ちゃんの皮膚に局所的に塗布するための軟膏を処方する。

クリームエルデルは、子供の3ヶ月齢の皮膚のかゆみや炎症の除去に使用されます。

Cream Bubchen(Bubchen) - パンテノールで特別に保護されています。 このクリームはおむつの領域では欠かせないもので、特に出産時のベビーおむつの下にあるビュッフェンのクリームで推奨されています。

新生児のアレルギーのクリームブッチェンは、赤ちゃんの炎症を起こした肌に関する心配のあるママから良い評価を受けました。 治療開始後、新生児のアレルギーは短期間で消えます。 Bubchenクリームは、おむつの発疹、赤み、軽い擦り傷、傷みを除去し、栄養素で皮膚を豊かにします。 幼児のためのクリームブッチェンは、デルマトゥラガミをお勧めします。 このクリームの組成:ビタミンE、カモミール、パンテノール、魚油、アラントイン。 アプリケーションでは非常に簡単です:1日4回まできれいな赤ちゃんの皮膚に適用する必要があります。 治療は最大10日間続きます。

軟膏子供のためのフェニステイルは、皮膚の炎症を和らげるために最初の月から推奨されています。

フェニステル滴は3ヵ月後の最初の月から処方されます。 最大10キャップまで持ち上げる。 1日3回受信を繰り返してください。 これらのアレルギーからの低下は、新生児にとって非常に有効であると考えられている。

抗ヒスタミン剤で治療を始める前に、実績のある民間の方法を使用して、赤ちゃんの頬を紐で拭き取り、カモミールに基づいたベビークリームを使用し、その後は強い手段に進みます。