異脂肪血症


анизоцитоз фото 無脊椎動物は、血液細胞のメトリックパラメータの有意なまたは中程度の変化のための実験室用語であり、これは病理学的状態の発現を反映しているか、または生理的代償機構として観察される。

ヒトの検査における検査基準の変更は、常に生物全体の機能状態の変化を反映しており、疾患の両方で観察され、生理学的補償的変化であり得る。 血液細胞の組成を評価するための血液検査を調べる際には、形状、大きさ、さらには色の病理学的な不規則性の数の変化に注意を払う必要があります。

患者が血液検査で異嚢胞症と診断された状況では、これらの変化の検出が重篤な疾患の存在を反映しているので、実験室診断のさらなる方法が必要である。

血液細胞の平均サイズは7〜7.5ミクロンの範囲内であり、したがってパラメータのわずかな偏差は病理学的な異種細胞症(微小細胞症、マクロサイトーシスおよびメガロサイトーシス)である。

アポトーシスの原因

異型症は独立した病因ではなく、人体の病理学的変化の反映としてのみ観察されるので、広範囲の疾患がその病因の病因論的要因として作用し得る。 したがって、AおよびB群のビタミン欠乏症、ならびに体内での内在性鉄の不十分な摂取および合成は、赤血球の貧血を引き起こし、その含量が減少する。

変化した血液細胞の存在について予備的な血液検査が行われなかった輸血技術の違反がある場合、レシピエントにおける異嚢胞症も増加するが、ほとんどの場合、これらの変化は短期間であり、医学的介入を必要としない。

大きさだけでなく形状も異なるため、 骨髄異形成症候群だけでなく骨髄異形成症候群などの様々な腫瘍病理が、ほぼ90%の症例で発現しており、癌患者は異型症のリスクがある。

いずれの血液細胞も、好酸球の群を除いて、病理学的にパラメータ値によって変更することができる。 一過性の補償的な異型症は、重度の中毒症候群を伴う長年の感染症で観察することができ、この状況では、白血球およびリンパ球系列の血球の優勢な貧血が観察される。

マクロサイトーシスは、ビタミンB12欠乏症、びまん性肝臓および膵実質および白血病によって引き起こされる貧血で最も頻繁に観察される。

異数増殖症の症状

殆どの症例での貧血症は血球数の減少を伴うので、この病状の臨床症状はこの病状の特徴であるとは考えられない。

実際には、追加検査によって卵胞球増多が検出されたすべての患者は、進行性の衰弱、通常の身体活動の不能、急速な心拍数、完全な幸福の背景に対して観察される形で自らの健康状態に変化を記録する。 長期間経過すると、貧血および血小板減少症と組み合わされた異種細胞症は、患者の呼吸器疾患の発症を誘発し、吸息型の呼吸困難の増加に現れる。 患者を客観的に検査することにより、粘膜および皮膚のパレネスをアクロシアニン症の発症まで表現することができる。 上記の症状は具体的でなく、心疾患の発症に付随することがあるため、検査室のみならず機器イメージング法を用いて患者を包括的に検査する必要がある。

臨床症状の重篤度および特異度は、直接的に異型症の病態形態に依存するため、血球のメトリックパラメータの変化が検出された場合、「異数症候群指数」および「異数性指標」を計算しなければならない。 患者が血球の大きさの顕著な減少または増加を示す状況では、医療検査技師は「ミクロ細胞増殖」または「マクロサイトーシス」という用語を使用するが、ある状況では1人が両方の状態を有する場合がある。

異嚢胞症の存在を検出することに加えて、変化の発現は血液学の分野の専門家にとって非常に重要であり、したがって、異数性症の分離には、4度の重症度によって表される一般的に認められた勾配がある。 軽微な異型症は、実験室分析では「+」と呼ばれ、サイズ変更された血液細胞の含有量が全濃度の25%以内である場合に使用されます。 中程度の異型症または「++」は、変化した血球の含有量が50%に増加したときに生じる。 変化した血球の数が「健康な細胞組成物」の含有量(最大75%)よりも多いので、顕著な程度の異数化症「+++」には重度の臨床症状が伴う。 重要な異種細胞症または「++++」は極めてまれであり、正常な血液細胞を変化したものに完全に置換することを伴う。

小児における異栄養症

新生児の小児における大型赤血球症の兆候が見出された場合、この形態の貧血症は生理学的であり、血球の大きさの変化の徴候は2ヶ月以内に独立して平準化されることを考慮する必要がある。 また、妊娠中の卵胞嚢胞形成は頻繁に起こり、変化した血球の一般集団において、巨大細胞が優勢である(細胞サイズは12μmを超える)。

絶対的に健康な子供の血液には、血液の全細胞組成の15%を超えてはならない少量の小細胞およびマクロセルが存在し得ることが考慮されるべきである。

小児期に鉄欠乏性貧血の発生率が増加するという事実のために、この病理学的状態は異嚢胞症の他の原因に勝る。 貧血の兆候を排除するために鉄含有薬剤を子供に処方する場合、治療の初期段階で、貧血指数が上昇し、この状態が赤血球細胞のヘモグロビンの急速な充填によって引き起こされることを考慮する必要がある。 小児血液中のヘモグロビン濃度の標準化後、異数性指標は独立して正常化する。

原則として、血小板の血小板の貧血は、血小板の血小板減少、血小板減少症および低形成症候群の発生を伴う。

貧血の程度を決定することに加えて、赤血球分配指数は、赤血球の最小値と最大値との差を決定する方法によって計算される赤血球の貧血症に適用される。

アポトーシスの治療

可能であれ、根底にある背景疾患のレベルが平準化されると、貧血症の兆候が排除される。 赤血球の貧血が鉄欠乏症または葉酸欠乏性貧血の症状である状況では、患者の摂食行動を矯正する(鉄分を含有する製品、Bビタミンを十分な濃度で含む)および重度の薬物使用(シアノコバラミン投与筋肉内に500mg、Fereplexに150mgの1日投与量)。

患者における腫瘍プロセスの発達の結果として貧血が発生する状況では、化学療法薬の使用を伴う背景疾患の病理学的根拠のある治療および外科的処置が適用される。 場合によっては、血球の形状の変化が特定の治療なしで短期コースおよび自己レベルを有することができるので、偽細胞摘出のための期待管理を用いることが推奨される。

? 異脂肪症 - どの医師が助けるでしょうか? 異嚢胞腺症があるか疑われる場合は、セラピストと血液学者のような医師から助言を求めるべきです。