大動脈不全


аортальная недостаточность фото 大動脈不全は、大動脈弁の結合組織弁の病理学的異常運動であり、その結果、空洞への高圧勾配下で著しい逆流血流が発生する 拡張期の大動脈の内腔からの左心室。

大動脈不全の症候群は、心臓のプロファイルの孤立した後天的な欠陥として、非常にまれです。 異なる年齢群の患者では、大動脈大動脈の狭窄および不全の形の損傷した心臓弁の組み合わせがあり、男性はこの形態の傷をより頻繁に罹患する。

小児科練習における大動脈不全は、単離された変異体の形態で3%未満で起こるが、残念ながら、それらは重度の心筋力学的障害の形成段階でのみ確立される。

大動脈不全の原因

単離された心臓欠損としての大動脈機能不全は、多種多様な因子がその発生および形成のプロセスに刺激的な影響を及ぼし得るため、ポリペプチド病理のカテゴリーに属する。

先天性大動脈機能不全は、大動脈瘤、 マルファン症候群嚢胞性線維症 、遺伝性骨粗鬆症、Erdheim病で発症する。 この場合、大動脈弁の3つの結合組織弁の代わりに、1つ、2つまたは4つの弁が形成され、必然的に心臓の心臓の血行動態の変化を引き起こす。 既存の異常な数の弁では、左心室の空洞への脱出または不完全閉鎖のいずれかが認められる。

二次性または後天性起源の有機大動脈不全は、種々の感染性、細菌性、免疫不全性疾患の背景に対して形成され得、そのうち80%はリウマチ性心疾患である。 大動脈弁におけるリウマチ変化は、弁の変形および肥厚によって表され、これは将来的には適切に機能し得ない。 リウマチは僧帽弁の影響をより受けやすいので、大動脈弁の変化が発見された場合には、弁膜の心臓装置の敗血症を考慮する必要があります。

加えて、 梅毒 、細菌性心内膜炎の形の心臓の様々な感染性病変も、大動脈機能不全を引き起こす可能性がある。 感染性炎症の存在は、弁の形状および厚さの変化を引き起こすだけでなく、穿孔および浸食の形でそれらの完全性を損なう可能性もある。

相対的な中等度の大動脈機能不全は、弁のフラップではなく、 高血圧性心疾患で観察される大動脈壁の病理学的変化により、層別化の徴候を伴う動脈瘤の大動脈拡張が観察される。 この状況で大動脈弁線維輪の顕著な拡張は、大動脈弁の結合組織弁の完全な分離(発散)を引き起こす可能性があり、これは患者にとって非常に好ましくない徴候である。

大動脈不全の症状

大動脈不全の人の心臓力学的障害が補償された状態にある状況では、患者は自分の健康状態の変化を完全に無視し、医学的援助を求めることはできない。 場合によっては、大動脈不全のような無症状の経過が長期間続く。 臨床症状の急速な成長は、デラミネーションを受けた大動脈の動脈瘤だけでなく、感染性心内膜炎でも観察される。

大動脈機能不全を伴う臨床症状のデビューは、頭頸部における脈動性の痛みの感覚、心拍の頻繁かつ増大した強さの感覚によって現れる。 大動脈不全のパルスは必ずしも増加するとは限らないが、ほとんどの患者はこの症状の出現を記録する。

人が大動脈弁の弁に重大な欠陥を有する状況では、脳循環障害を示す症状の出現によって明らかにされる血行力学的障害の増加がある。 大動脈不全の「脳」兆候は、 眩暈 、脈動する頭痛、耳鳴り、視覚障害、および失神のような意識喪失の短期エピソードの形で現れ、宇宙における胴体の位置の急激な変化と明確に関連している。

最小の大動脈機能不全は、原則として、心臓血管兆候の出現を伴わないが、重度の血行力学的障害では、患者は心臓兆候を有する。 この場合の心不全の症状は、心筋痛症候群の出現、心臓活動のリズムの侵害、呼吸障害である。 大動脈不全の初期段階では、上記の症状は短期間であり、過度の身体的または精神的感情的活動の後にのみ患者に関わる。 重度の心筋力学的障害では、心不全の徴候が常に現れ、大動脈不全の人生の予後を有意に悪化させる。

大動脈機能不全の急性経過は、左室機能不全および重度の呼吸障害の症状の雷の増加を特徴とする。 肺胞肺水腫の症状は、しばしば血圧の急激な低下と結びつくため、このカテゴリーの患者は、緊急蘇生措置の全範囲の即時適用を必要とする。

大動脈不全の程度

病因および病因にかかわらず、大動脈不全の臨床像の発達はゆっくりと起こる。 発達の病因論的段階の各々は、必然的に患者の健康に影響を及ぼす特定の心筋力学的障害の出現を伴う。 大動脈不全の重症度の分類は、病気発生のこれらの段階のそれぞれについて、欠陥の様々な修正方法が示されているので、日常医療における心臓専門医および心臓外科医によって使用される。 心臓血管分類の基礎は、臨床基準だけでなく、患者の器械検査のデータでもあり、従って、完全検査の通過は、大動脈不全の良好な治療の主な保証である。

世界的な心臓学的分類を考慮すると、大動脈不全は4つの重症度に分けられる。

最も初期の欠陥の発症の程度は、潜伏期が長く、補償された血行力学的障害によって特徴付けられる。 大動脈弁の第1の程度の大動脈不全を疑うことを可能にする主な指標は、大動脈弁の弁の近くで5mm以下の長さのドップラーマッピングを伴う「青い流れ」のタイプの大動脈弁の弁に逆流する最小血液量(15%未満)を位置合わせすることである。 1度の大動脈不全の確立は、欠陥の外科的矯正の対象とはならない。

大動脈の2度の機能不全は、身体的または精神的感情の増加した活動の後にのみ起こる非特異的特徴の症状の出現を伴う。 心臓活動の心電図記録の場合、患者は左心室心筋の肥大変化の存在を示す徴候を有する。 ドプラマッピングのための調整血流の体積は30%未満であり、「青血流」のパラメータは10mmである。

3度の大動脈不全は、特定の狭心症の出現と同様に、血圧の数値の変化と同様に、効率の有意な低下を特徴とする。 心電図検査中に、左心室肥大の徴候と同時に虚血の徴候が記録される。 心エコー検査指標は、大動脈弁の弁に10mmを超える、いわゆる「青い流れ」の登録である。

極端な程度の大動脈機能不全または極度の大動脈機能不全は、50%以上の体積を有する最も強い逆流血流の発生の形で重篤な心臓力学的障害の出現を特徴とする。 第4段階の大動脈機能不全は、心臓のすべての空洞構造の顕著な拡張と相対的な僧帽弁不全の発症を伴う。

大動脈不全の治療

心臓病専門医および特に世界中の心臓外科医は、大動脈不全の治療の1つまたは別の方法の適用における便宜性および連続性の原則を遵守する。 初期の大動脈不全の程度を有する患者は、作業および休憩体制(身体的および精神的活動の最小限の制限)を変更するための基本的な基準を遵守することに加えて、いかなる形態の治療にも適格ではない。 大動脈不全のための薬物療法は、薬理学的効果が心血管機能不全の発現平準化することを目的とした薬物の使用を含む:薬物利尿剤シリーズ(フロセミドの一日量40mg)、ACE阻害剤(Enapの最低1日量5mg)、心臓グリコシド(ジゴキシンを0.25mgの1日投与量で)。

薬物治療の肯定的な効果にもかかわらず、大動脈不全を排除する最も効果的な方法は、欠陥の手術的矯正である。 大動脈機能不全を伴う1つまたは別の修正における手術手当は、左心室不全の発現、大動脈弁の弁の重度の逆流および左心室の大きさの拡大の進行において絶対的に示される。 いずれの状況においても急性大動脈機能不全を伴う場合、外科的矯正を用いる必要がある。

大動脈弁不全症が大動脈弁の結合組織弁の病変の背景に対して発症する場合、手術療法とは、影響を受けた生物学的材料の切除および機械的または生物学的プロテーゼによるその置換を意味する。 大動脈洞の動脈瘤の拡大により、弁構造の可能な限り保存されたプラスチックが使用される。 術後の死亡率は4%未満である。

治療上の措置がない場合、炎症性、血栓塞栓性および虚血性のプロファイルの大動脈機能不全の合併症が発症することに留意すべきである。

? 大動脈不全 - どの医師が手伝ってくれる ? 大動脈不全の疑いがある場合は、直ちに心臓専門医や心臓外科医などの医師に相談してください。