心臓の不整脈

аритмия фото 心不整脈は、心拍のシーケンス、頻度およびリズムの障害である。 穏やかな状態では、ほとんどの場合、人は自分のリズムを感じることなく、弱い心拍だけを感じることができます。 心臓の仕事における中断の明白な感覚(混沌または急速な収縮、突然の退色)は、心臓の不整脈患者の存在を示す

心臓の不整脈 - 原因

人が心臓病を有していない場合、不整脈は、しばしば重大な影響を与えてはならない臨時の単一エピソードの形で現れる。 しかし、これらの症例は依然として医師と話し合う必要があります。

高血圧、心臓の伝導障害、心不全、心臓弁の欠陥、虚血性心疾患および他の心臓血管疾患の不整脈の以下の原因が証明されている。 上記のすべての理由にもかかわらず、不整脈は常に現在の心臓の状態を示すとは限らないことを覚えておかなければならない。 不整脈には多くの理由があり、場合によってはそれを確立することができません。

心臓病に加えて、感情的または肉体的ストレス、発熱および感染、甲状腺疾患および貧血、特定の薬物および種々の覚せい剤(アンフェタミン、コカイン、アルコール、タバコ、カフェインなど)を摂取する不整脈要因がある。 いくつかのタイプの不整脈が遺伝することがあります。

心臓リズムの多くの障害(心房期の弛緩、洞性頻拍症)は患者に感じることができず、ほとんどの場合、結果につながることなく人の心臓以外の病理の存在を証明する(甲状腺機能の増加など)。 人生にとって特に危険なのは心室性頻拍症であり、心室性頻拍症の85%は突然の心臓死の直接原因である。 もう少し危険ではないが、徐脈(突然心臓死の原因となるのは15%の症例)であり、意識の短期間の喪失が伴う

不整脈のタイプ

心不整脈の特異性に依存して、以下の不整脈の種類が区別される:

頻脈 - 心拍数の増加(毎分90回以上の拍動)。 頻脈には多くの品種があるという事実にもかかわらず、それらの主なものを考慮に入れることが慣例である:

- 副鼻腔(生理的)頻脈 - 心拍数の発作が毎分130-210ビートまで増加することによって明らかにされる。 このような頻脈は、感情的または肉体的な運動のために、動悸が正常に戻って停止した後、かなり健康な人に現れることがあります。 また、洞性頻脈は、心不全、心臓病などの心臓病によって引き起こされる可能性があります。

- 発作性(病的)頻脈 - 心拍数が130-210ビート/分に急激に増加することによって明らかにされた。 それが始まると、攻撃は突然終了する。 攻撃の持続時間は、数分から数日間続くことがあります。 病的頻脈は、中枢神経系の疾患および心臓を有する人々において最も頻繁に生じる

Bradycardia - 成人の心拍数を1分間に60拍未満に抑える。 遅い心拍数のために、内部器官への血液供給のレベルは低下し、生物全体の適切な作用に悪影響を与える。 徐脈の主な徴候としては、疲労の増加、衰弱、めまい、心臓の痛み、時には完全な意識喪失があることがあります。 徐脈は、内分泌疾患、神経症、消化器系の病理、血中カリウム濃度の上昇などにより生じる。

随意収縮期は、心臓自体およびその個々の部分の早期収縮である。 心臓活動のこの障害の主な症状は、衰弱、めまい、および心臓のいわゆる「退色」を含む。 極外収縮は心臓不整脈の最も一般的なタイプであり、心臓血管疾患の存在だけでなく、他の内臓器官の機能不全(生殖器系、胃腸管などの障害)においても起こり得る。 睡眠不足の原因の頻繁な原因には、ストレス状況、ならびにカフェイン、アルコールおよびタバコの効果が含まれる

心房細動は、 心房の混沌とした収縮であり、全血循環の中断をもたらす。 心房細動は、不均一な心拍、急速な疲労、息切れなどの感覚を示す。 心房細動の発症の理由は、高血圧、心不全、血液中のカリウム濃度の低下、甲状腺の機能不全、先天性心不全

不整脈 - 症状

この病理における全ての症状は、非常に主観的で個人的である。 心拍を感じることは、心血管系の病気を患っていなくても、ほとんどの人に可能です。 ほとんどの場合、これは入ってくるキャラクターのもので、心臓の側に横たわっているように感じられます。 自分の心の働きを感じる人は恐ろしいことがありますが、これは必ずしも重度の心臓病の存在を示すとは限りません。 心疾患に苦しんでいる患者は、そのような状態を繰り返し経験する。 初期段階では、いくつかのタイプの不整脈が軽度の症状または非臨床的に起こることがあり、対照的に、いくつかの不整脈は非常に鮮明な臨床像を有するが、ほとんどの場合重大な結果をもたらさない。 心臓のリズムの違反は、めまいや失神を伴う心不全につながる可能性があります。 そのような兆候が存在する場合、緊急診断と即時治療が指示される。

不整脈を診断するための最も一般的な方法は、心臓を収縮させる電気インパルスのグラフィック表示である心電図である。 心電図に基づいて、医師は診断を設定し、必要な治療を処方する

不整脈 - 治療

心臓律動障害の治療方法は、症状の有無、心疾患の重症度(不整脈の主要原因)、不整脈発作の頻度に依存して変化し得る。 不整脈のタイプに応じて、治療は薬物療法からより複雑な外科手術(心臓カルジオバータ - 除細動器の移植)まで様々である。 場合によっては、特殊または単純なペースメーカーを使用して不整脈を排除する

頻脈の治療

頻脈はしばしば全く治療を必要としない。 患者は悪い習慣(喫煙、アルコール、飲むコーヒー、紅茶、チョコレート、コカコーラ)と最大(可能な場合)の休息を中止することが推奨されます。 公に利用可能な薬から、コレラとバレリアンのチンキをお勧めします。 いくつかのケースでは、医師は、ジゴキシン、プロプラノロール、リズムメリン、ベラパミル、リドカイン

徐脈の治療

軽度の疾患の場合、治療はしばしば必要とされない。 いくつかのケースでは、徐脈は心筋(心筋)の仕事における病理学的変化の背景に対して発達し、適切な時宜を得た治療が消滅し、徐脈の症候が生じる。 心臓収縮の頻度が毎分50ビート未満になると、人命に対する重大な脅威が現れ、緊急の治療が必要となる。 徐脈の治療のために処方される薬物:アテノロール、アルペントント、アトロピン。 彼ら自身が不整脈を引き起こす可能性があるため、これらの薬を単独で服用することは厳禁です。

徐脈の重篤な症例では、ペースメーカの植え込みが行われる。 この装置の機能は、ペースメーカによって送信される電子パルスによって達成される正常値に心拍数を増加させることである。 直ちに、装置自身が大きな胸筋の下に埋め込まれる

期外収縮の治療

それぞれの症例の治療は異なる場合があります。 中枢神経系疾患の場合、患者は心理療法士に相談し、鎮静剤を服用することが推奨される。 この病気が他の内臓器官の病気によって引き起こされた場合、注意が払われます。 期外収縮を患っている患者は、紅茶やコーヒー、アルコール乱用や喫煙をしないことをお勧めします。 期外収縮の治療には、ソタロール、アミオダロン、ベータアドレナリン遮断薬(ピンドロール、プロプラノロール、メトプロロール、オクスプレノロール、タリノロール、アテナロール)

心房細動の治療

この疾患では、抗不整脈薬(ソタロール、エタチジン、プロパフェノン、アラピニン、キニジン、ジソピラミド、アミオダロン)の様々な組み合わせを使用して、正常な心臓リズムを回復させる。 それぞれの場合、薬剤は主治医によって注意深く選択される。

治療によって適切な結果が得られない場合には、電気的除細動器の使用が示される。 この手順の目的は、心臓に直接送達される特別な放電の助けを借りて、心拍の正常なリズムを回復させることです。 カーディオバージョンは、内部と外部の両方にできます。 不快な感覚を避けるために、この処置は全身麻酔下で行われる。