小児アトピー性皮膚炎


атопический дерматит у детей фото 子供のアトピー性皮膚炎は、アレルゲンに起因する皮膚のアレルギー性疾患であり、赤ちゃんの皮膚に影響する毒素でもあります。 この疾患は、誘発するアレルゲンと接触して過剰の免疫グロブリンEに対する遺伝的素因によって引き起こされる。 子供のアトピー性皮膚炎の徴候には、 自然のアレルギー疾患。 アレルギーという用語 、アレルギー疾患の同義語としてよく使われ、免疫グロブリンEは挑発的な役割を果たしますが、一部の患者では免疫グロブリンのレベルが正常であり、その疾患は他の要因によって引き起こされます。 アトピー性皮膚炎は、すべてのビデオアレルギー性疾患の中で最も一般的であると考えられ、しばしば小児期湿疹と呼ばれている。

幼児のアトピー性皮膚炎

この疾患の発症は、乳児の最初の6ヶ月間に起こり、成人期を通して非常にしばしば続く。 ほとんどの場合、この疾患は1歳未満の子供に影響を及ぼします。通常、アレルギー疾患の遺伝病例の家族にあります。 幼児のアトピー性皮膚炎の発生率は1000人あたり10例である。 しばしば、この疾患は、 アレルギー性鼻炎および気管支喘息などのアレルギー性疾患に関連する。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、人工授乳だけでなく、母乳によっても引き起こされ、治療の複雑さは、アレルギー性鼻炎、気管支喘息(タイムリーな適格なケアがない場合に起こる)

通常、乳児におけるアトピー性皮膚炎の基礎は、アレルギー反応の発症の遺伝的素因である。 病気の発症原因となる要因は、アレルギー性食品、便秘、皮膚の乾燥、過度の発汗、特定の化学物質(家庭用化学薬品、洗剤など)との皮膚接触、家庭用アレルゲンおよび合成繊維との直接接触です。

赤ちゃんの体内に侵入するアレルゲンは、アトピー性皮膚炎の発症のトリガーメカニズムとして働く。 医学的研究によると、 牛乳蛋白質に対するアレルギーを引き起こすことが多いが、卵子、大豆、穀類、魚類蛋白質に対する反応は、アレルギーの程度は低くなるが、混合アレルギー反応も可能である。

幼児のアトピー性皮膚炎の発症の理由は、妊娠中の母親の栄養不均衡、妊娠による合併症である。 危険因子の下で、そして親が頻繁に子供たちに過剰給餌し、彼らが体重を過ごす子供たち。

アトピー性皮膚炎の発症における主要な役割は、腸内不全症 、腸炎、蠕虫侵襲および胃炎などの疾患がアレルギー疾患に寄与するため、乳児の消化管の状態に与えられる。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状は、おおよその頬、赤い尻、神経精神症状、すべての皮膚の乾燥傾向、おむつかぶれの出現、眉の鱗屑および頭皮である。 病気の初期段階では、皮膚の表層のみが影響を受け、これは容易に治療可能である。 しかし、タイムリーな治療がないと、乳児のアトピー性皮膚炎が進行し、新しい皮膚領域の敗北で長期的な経過を獲得する。 小胞、潰瘍、衰弱性の痒み、四肢や胴体に広がる皮膚の赤化、細菌叢の付着、神経精神障害などの新たな症状によってこの病気は悪化する。

どのようにアレルギーを治すのですか? 幼児のアトピー性皮膚炎の治療は、容易なプロセスではないため、しばしば時間が遅れる。 治療の方法は、医薬的で非薬物的である。 若いミイラの不適切な摂食に関連した非薬物を考慮し、食物アレルゲンを排除することを目的とする。 治療には、授乳中の食事療法と女性の出産後の慢性便秘の除去の医師によるレビューが含まれます。 通常の便を正常にするためには、ラクツロース、グリセリン坐剤を含む薬物を使用し、十分な飲料摂取を観察し、サワークリーム製品および繊維で食事を豊かにすることが推奨される。

乳製品の人工授乳時のアレルギーの食事には、大豆ミックス(フリカ、ボナ大豆、大豆大豆)が含まれており、乳製品のアレルギーが病気の原因であるため、牛乳の生産は除外されています。 状態が変わらず、混合物アレルギーのままであれば、牛乳タンパク質の加水分解酵素(Alfare Nutramigen)を混合する。 相補的な食品の導入時に病気が発生した場合、アレルゲンが含まれている可能性が高いので、穀物、卵、鶏肉、魚などを除去することにより、アレルギー反応の原因を取り除きます。 バランスのとれた栄養、豊富な飲酒、便秘の予防に大きな注意を払っています。 我々 は、アレルギー炭水化物の食品から、お菓子の中にいることを除外します。 冷たい空気、湿度50%、子供を包み込むことはありません、私たちは部屋の清潔さを維持し、私たちは柔らかいおもちゃ、動物、カーペット、家具付き家具、お湯ですべてのおもちゃを取り除きます。 すべての洗濯物は、低アレルギー誘発剤で洗浄し、良好なすすぎの後、洗剤を含まない私の食器で洗う。 赤ちゃんの服には天然の布(リネン、綿)のみを入れてください。 喫煙の親戚との接触は子供と一緒に最小限にすべきである。

アトピー性皮膚炎の悪化時に子供をケアするには、非常に注意深くすべきであり、次のものが含まれます:イラクサ、ヤロウ、ゴボウの根、カバの芽のハーブを使用して、定住された水に毎日入浴する。 ニュートラルシャンプーと石けんの使用は週に2回以下でなければなりません。 各浴はタオルに優しく浸し、低アレルギー誘発剤で湿らせます。 よく自分自身を確立したローションExcipial Mは、尿素を含んでいます。 日中、皮膚の問題のある部分は水と接触してはならず、必要に応じて湿った低刺激性の拭き取り用布を使用してください。

乳児のアトピー性皮膚炎の治療には、ステロイド、副腎皮質ホルモン、および皮膚の抗炎症保護バリア(エキピピアM)を回復させる薬物を含むアレルギー由来の軟膏およびクリームの使用が含まれる。 このローションは、生後半期に子供に処方されています。 Exipiyl Mは乳児のアトピー性皮膚炎と効果的に戦い、この病気をさらに発症させません。 ローションは1日3回まで、必要に応じてより頻繁に(および水の手続きの後)適用されます。 幼児のアトピー性皮膚炎の重度の経過は、ステロイドおよびローション、Exipiaal M、カルシウム製剤、抗ヒスタミン薬、抗菌薬、免疫調節薬、抗原特異的療法の使用に加えて、 神経精神医学的プロセスの除去、長時間の歩行、一晩中の完全な休息、家族のプラスの微気候、医学的治療および理学療法の処置が必要である。

子供のアトピー性皮膚炎 - 原因

子供のアトピー性皮膚炎の原因には、遺伝要因、食物アレルゲン、化学物質への暴露、感染症、極端な温度、ストレス、湿度が含まれます。 小児の全アトピー性皮膚炎の10%以上が卵、牛乳、ピーナッツなどの食品アレルゲンに発生し、またアレルギー反応はハウスダスト、花粉、カビ菌の胞子によって引き起こされる可能性があります。 子供のアトピー性皮膚炎は、夏には、神経緊張と高湿度の期間中に悪化します。 刺激は、アトピー性皮膚炎の副次的原因として作用し、皮膚の構造の変化を引き起こす。

症例の80%は、母親の側からの、または両親からの家族歴によって引き起こされる。 赤ちゃんの生後1年の間、アトピー性皮膚炎は食物アレルギーの存在のために現れる。 最も一般的な原因は、卵、牛乳蛋白質、穀類、魚類および大豆である。 母乳育児の利点は知られていますが、授乳中の母親の低アレルギー性食習慣を観察する必要があります。 罹患した皮膚の90%から播種された子供のアトピー性皮膚炎の間に、ブドウ球菌に特別な役割が割り当てられる。

子供のアトピー性皮膚炎 - 症状

子供のアトピー性皮膚炎の次のフェーズは区別されます:幼児、子供、青年、大人。

幼児形態は最大2年間続き、顔面に現れ、四肢の伸筋表面は体幹に伸びる。 この病気は乾燥した肌と痂皮の形成を特徴とする。 この疾患の悪化は、相補的な授乳および歯の導入時に起こる。

小児科の形態は2年から12年続くが、四肢の尺骨および膝窩窩、頚部を含む曲面上の皮膚発疹の形で現れる。 この形態は、充血、養生、丘疹、びらん、亀裂、斑、掻痒、痂皮および皮膚の腫脹を特徴とする。 手や靴底の割れを邪魔します。 擦り傷のために激しくなるまぶたの色素沈着過多があり、下まぶたの下に特徴的なひだが現れる。

大人の場合は、青年期の場合と同様に、発疹期間とその欠如期間との交互作用が特徴的である。 発疹の間に、顔、首、デコルテ、手首、手および肘の裂傷の面積が増加する。 成人アトピー性皮膚炎の場合、屈筋表面、首、顔、手、指および足の強い噴出が特徴である。

しかし、アトピー性皮膚炎の皮膚乾燥のあらゆる段階において、養生、かゆみ、充血、剥離、及び発疹が特徴的である。

子供のアトピー性皮膚炎は、悪循環で表現されます。悪循環は、かゆみ、掻痒、発疹、かゆみで始まります。 外的徴候により、アレルギー性皮膚炎は発疹の性質によって特徴付けられる。 脚、腕、首、脇の下、湿気のある場所にアレルギー性のかぶれが現れます。 発疹は、しばしば、特に赤ちゃんが汗をかく夜間に、かゆみを伴う。 非常に長い時間子供のアトピー性皮膚炎の勃起は、たとえ低アレルギー性食餌が観察されても消えず、体にダークスポットを残す。

小児のアトピー性皮膚炎は、肝細胞の成熟によって引き起こされる年齢とともに徐々に消失する。 小児におけるアトピー性皮膚炎の発症の程度は、気管支喘息の因子に依存する。

小児アトピー性皮膚炎 - 治療

治療方法と発汗予防には何が含まれますか?

まず、子どものおむつかぶれを避けてください。 これを行うには、しばしばおむつや濡れた服を交換し、必要な湿度と温度条件を21度に保ち、シートの下からオイルクロスを取り除き、過マンガン酸カリウム溶液または紐を注入する。 赤ちゃんのクリームで油を塗った発疹の影響を受けた場所は、滅菌植物油にすることができます。

子供のアトピー性皮膚炎の初期段階は、アレルギーを引き起こす可能性のある製品の栄養を除いて治療されます。 母親が母乳育児の場合、食事療法を修正することが重要です。 発疹の症状は、葉の注入または葉の注入、および緑色を処理する大きな吹き出しを効果的に潤滑する。

小児のアトピー性皮膚炎はしばしば慢性疾患であり、長期間の治療が必要である。 統合されたアプローチの治療に効果的:ダイエットコンプライアンス、食物アレルゲンの排除、皮膚の炎症の除去とかゆみ、乾燥の防止、二次感染の出現の予防措置の使用。 アトピー性皮膚炎の治療における主要な医師は、アレルギーのある皮膚科医です。 Enterosgel、smecta、sorbogelは、腸からの毒素の吸収との闘いを助ける吸着剤です。

子供のアトピー性皮膚炎 - ダイエット

疾患を治療する手段は、アトピー性皮膚炎の原因から容易に計算することができる。 例えば、発疹はチェリーを誘発し、その後、このベリーから食餌を排除する。 そして、食べ物全体のためにはそれほどのこと。 アトピー性皮膚炎の赤色食品(野菜、果実、ジュース、果物)、柑橘類、緑、穀類、セモリナ、シーフードをすべてメニューから除外します。 母乳育児の間、ダイエットは完全に尊重され、母親は尊重されるべきです。 アトピー性皮膚炎の食事は、卵、牛乳、防腐剤、揚げ物、乳化剤、燻製食品、ソース、食品添加物、チョコレート、炭酸飲料、蜂蜜、ココアの義務的除外で構成されています。 塩の使用を制限することは必須です。

食物アレルゲンが食事から取り除かれるとすぐに、子供の改善は直ちに目立つようになります。

食用に推奨される食品:ゆでた牛肉は許可されています。 野菜、穀物、ベジタリアンスープ; オリーブ油およびヒマワリ油; 茹でたジャガイモ; お粥(そば、米、オートムギ); 乳酸製品; キュウリ、パセリ、ディル、リンゴ、茶、砂糖; ふすままたは全粒小麦のパン; リンゴコンポート、添加物を含まないバイオヨーグルト、コテージチーズ、ヨーグルト。

アトピー性皮膚炎の子供のメニュー

朝食:少し油150グラム、全粒パン80グラム、砂糖と紅茶とそば粥

昼食:野菜スープ(ジャガイモ、キャベツ、玉ねぎ、大さじ2植物油、牛肉50グラム)、ふすま200グラムのパン、リンゴのコンポート

午後のスナック:添加物なしのバイオヨーグルト200グラム

夕食:植物油のオートミール250グラム、緑のリンゴの品種からピューレ200グラム

そのような規則を遵守してください:子供に過剰給餌しないでください。彼はゆっくりと大部分を食べさせません。