妊娠


беременность женщины 女性の妊娠は、新しい人生、小さな男に変わる新しい細胞の誕生の奇跡です。 女性の妊娠期間は9ヶ月ですが、医療行為では妊娠期間は数週間です。 新生児の誕生までの道のりは40週間続く。 妊娠を計算するには(受胎日)は簡単です:最後の14か月の日に加えて排卵日を取得しますが、これはあなたのサイクルが安定しており、28日を超えないことが条件です。 医師は、受胎日として排卵日を考慮する。 排卵は、受精のみが可能な成熟した卵子の出口であることを思い出してください。 そして、出産の日を正確にどのように計算するのですか? 最後の月間の日付に9ヶ月と14日を加算する必要があります。 たとえば、あなたが月を最後にしたのは9月1日でした。 これは、排卵が9月15日に起こったことを意味し、子供の出生予想は6月15日になる。 子供の繰り返しは将来の母親と赤ちゃんの健康に非常に有害であるため、この日付は合格できません。 移入された子供は、緑がかった黄色の肌色で薄く生まれ、爪が肥え、鱗状の肌ができます。 胎盤を通って入ってくる酸素が不足すると、低酸素状態になり、したがって、子供の神経発達および精神遅滞の問題が生じる。

女性の妊娠は3つの段階に分かれています。 1つは、生物全体の再構築です。 2つ目は、開発と成長のための小さな生物のブックマークと調整です。 そして第三は、生まれる小さな男の準備です。

妊娠の毎日、妊娠している母親は、彼女の赤ちゃんの身体的、心理的な幸福に貢献します。 これは、今日の体系的な体制、バランスのとれた栄養と休養、衛生手順の実施です。 私たちの乱暴な時代には、多くの母親が最初の誕生を30年後に決めるのです。これは、赤ちゃんと母親の両方にとって、結果に苦しんでいます。 結局のところ、年齢が35年の閾値を超えた女性は、胎児の染色体異常を発症し、発症するリスクが高くなります。 このリスクは、女性の属に先天性異常を有する子供がいれば増加する。 染色体疾患の1つはダウン症である 。 この病理は非常に一般的なものであり、問​​題が確実にわからない場合は、妊娠する前に専門医に行きます。 40年後の妊娠は、妊娠糖尿病を引き起こす抗インスリンホルモン産生の増加を脅かす。 病気を防ぐために、栄養士に相談する必要があります。 妊娠していた老婦人は、高血圧を診断のリストに追加するリスクがあり、その結果、子癇前症(後期中毒症)の出現を引き起こす。 その結果、限られた量の血液が胎児に流れ、早産を引き起こす。 妊娠中の女性にとっては、高血圧や様々な合併症による中断が絶え間なく続きます。 そして、女性の年齢が高ければ高いほど、胎児に遺伝的異常が発生し、流産に至ります。 したがって、妊娠の最適年齢は21〜26歳の範囲である。 妊娠が順調に進むためには、最初の3ヶ月間に葉酸を服用してください。 妊婦の葉酸の投与量は1日当たり400mcgであり、場合によっては1日の投与量が1日当たり800mcgに増加する。 その目的は、胎児と女性のさまざまな病気の出現を防ぐことです。 女性は妊娠中に最も敏感になり、脆弱で敏感で、彼女の好み、習慣、欲望が変わります。 近親者がこれをすべて考慮し、心理的に出産の準備をする女性を助ける必要があります

妊娠の兆候

女性の妊娠の最初の兆候は、月経周期の遅延、体温の上昇、乳頭舌領域の黒化、基礎温度の上昇(37度以上)、下腹部の軽度の痛み、胸痛、朝の毒性、疲労、 うつ病

妊娠の症状

症状には、女性が興味深い状況の最初の日から発見した変化を参照します。 あなたが月経の遅れと基礎温度の上昇を直腸で測定し、これに加えて豊富な無色の排出がある場合、あなたは赤ちゃんを期待していると言うことができます。

女性のホルモンの再編成は、疲労および頭痛の増加、便( 便秘 )および頻尿、嘔吐、背痛、消化器系の問題

毒物治療

毒物症の治療には、まず医師の診察、頻繁に摂取される食事、必要に応じて脱水を避けるために病院に行くことが含まれます。 早期の毒毒症の治療には、生姜、ヒマワリの種子、朝の蜂蜜1杯を食べるという自然な方法が必要です。 通常、妊婦の毒性は14週目に近い。

このトピックの他の記事:

1. 医療中絶