不妊 不妊症の原因と治療

Бесплодие 多数の統計的研究の結果によると、健康な夫婦の30%では、一緒に人生の最初の3ヶ月間、妊娠は、次の7ヶ月にわたって60%、そして残りの10〜11ヶ月間は定期的な性的生活の発症後に起こる。 したがって、妊娠していない間に不妊症の問題を提起し、配偶者の健康診断やその後の治療を開始することが可能です。

男性の不妊症は症例の40%にみられ、女性は60歳で見つかる。

女性の不妊症は、相対的(それを引き起こす原因は排除することができる)および絶対的(女性の体内には、概念の可能性を完全に排除する不可逆的な病理学的変化があり得る)であり得る。

女性の不妊の構造においても、「一次」と「二次」という概念を区別する。 初代 - 女性が単一の妊娠をしていないとき。 二次的 - 既に存在する妊娠後の妊娠の不可能性。

女性が完全に健康で、相手が精子の肥育能力を低下させている場合、男性は滅菌結婚の罪を犯した男性を呼び出すことができます。

不妊の組み合わせ型は、男性と女性の不妊の組み合わせです。

また、不妊症もあります。これは、配偶者の不適応性(生殖機能の正常なインジケータ)に起因します。

非常にまれなのは、絶対に健康で、よく知られている理由のために、子供を想像することのできないカップルです。 この種の不妊症は、不可解または特発性と考えられている

女性の不妊症の形態と原因

1.卵管不妊症(症例の20〜60%)

このタイプの不妊症は、卵子が子宮に入る結果として、骨盤領域の異常プロセス、骨盤領域の接着プロセスによって特徴付けられる。

: 卵管不妊症の原因

- 生殖器の子宮内膜症および先天性異常

- 様々な炎症性疾患(生殖器官の結核、卵管炎など)の延期

- 腹腔および骨盤臓器の手術的介入

- 中絶

上記の理由の結果として、卵管の輸送機能が崩壊し、不妊症をもたらす

2.内分泌不妊症(症例の30〜40%)

このような不妊症は、卵の成熟過程に違反するために起こります。

内分泌不妊の原因:

- 内分泌腺の機能(甲状腺、副腎)の侵害

- 生殖器系の調節における様々な障害

このすべてがホルモンの変化、排卵の欠如、月経周期の頻繁な違反につながります。

3.免疫学的不妊症(症例の2〜3%)

この不妊症の形は、女性の体内で抗精子抗体が形成されていること、精子を殺すこと

4.原因不明または特発性不妊症(症例の5〜10%)

統計によると、夫婦の約5%は、現代の診断法の助けを借りても、生殖器系の機能的または解剖学的な欠陥を見つけることができない

5.婦人科病変による不妊症(症例の15〜30%)

このフォームの原因:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜病理

6.絶対不妊症

この形の不妊症は、子宮管、子宮、卵巣、生殖器官の様々な異常、子宮腔の感染、極度の子宮形成不全などの不在によって引き起こされます。

女性の不妊治療

管不妊症

腹腔鏡検査の助けを借りて、卵管の必要性が回復する。 このタイプの治療の有効性は約30〜40%です。 卵管の閉塞が2〜3年以内に診断された場合、外科的処置は非合理的であると考えられる。 この場合、体外受精が好ましい

内分泌かく乱

この不妊症の形態では、ホルモン障害が矯正され、卵巣が刺激されて卵を成熟させ、妊娠に有利な女性の生体の必要なホルモンレベルを維持する。 治療は、血液ホルモンおよび超音波モニタリングの制御下で行われる。 内分泌不全の質的治療を成功させた女性の約80%が正常に妊娠する

免疫学的不妊症

治療は血漿交換によって行われる。 このタイプの治療はかなり長い。 女性の年齢が37歳を超えると、治療の有効性が著しく低下する

子宮の奇形では、再建 - プラスチック手術が行われます。 術中介入後の妊娠は症例の20%のオーダーで起こる

婦人科病理の結果として生じる不妊症(子宮内膜症)は腹腔鏡検査で治療され、その間にいわゆる子宮内膜症病巣が除去され、その効果は半年まで持続できる投薬によって固定されます。 このタイプの治療の効果は、約30〜40%

мужское бесплодие

男性不妊症

男性不妊の最も一般的な原因:

- 尿生殖器の炎症または感染症

- 精索の静脈の拡張(精索静脈瘤)

- 精液の単離障害

病因不明の病態過敏症

- 免疫学的不妊症

- 射精または性的障害

- 先天性奇形(epispadia、君主制、cryptorchidism、hypospadiasなど)

- 様々な外科的介入(鼠径ヘルニア、膀胱ヘルニアなど)

, инфекционный паротит, цирроз печени и пр.) - 全身性疾患(慢性腎不全、 結核 、感染性耳下腺炎、肝硬変など)

- 閉塞性無精子症(精液中の精子の不在)

- 化学療法、ホルモン療法、放射線療法; 抗高血圧薬、精神安定薬、麻薬などの受け入れ。

- 壊死性精神病

- 染色体病理

- 内分泌型の不妊症(過プロラクチン血症、性腺刺激ホルモン低下性性腺機能低下症、高GDNF、性腺機能低下性性腺機能低下症、テストステロン欠乏状態など)

男性の不妊に至る二次的な原因:

- 陰嚢臓器官の様々な傷害

- ニコチンとアルコールの乱用

- 熱因子:低温または高温の条件下での長期間の存在(作業条件に関連する)、38 * Cの領域で体温の長期上昇を伴う熱性状態

- アライメント係数

- 電離放射線の影響

女性の理由とは異なり、男性の生殖害はより簡単に診断されます。精子(精子造影)の研究を行うだけで十分です。

男性の不妊症はさまざまな要因によって引き起こされることがあるため、専門の診療所での多くの研究の後にのみ治療が処方されます

結論として、私は医師にタイムリーにアクセスし、その後の診断で診断され、適時適切な治療がほとんどの場合、生殖機能の完全な回復と回復につながることを追加したいと思います。