レックリングハウゼン病(神経線維腫症)

レックリングハウゼン病(神経線維腫症)は、変形した神経組織(いわゆる神経線維腫)からなる皮膚上に多量の柔らかい触覚の腫瘍が現れる遺伝性疾患または家族性疾患である。
この病気は人生の最初の10年間に現れます。 男性は女性の約2倍の頻度で病気になります

症状

- 聴覚、視覚、前蝸牛、末梢神経の腫瘍
- 皮膚表面上の色素沈着スポット
- しばしば、骨組織および皮膚に変化がある
- 骨の変形
- 皮膚(しかし時には皮下組織)上の柔らかいピンクの小結節の出現
- 移動性とめまいの限界
- 難聴と失明
- 背骨の湾曲

原因

レッキングハウゼン病は遺伝的変化によって引き起こされる。 この病気には2つのタイプがあります:

. - 最初のタイプ 。 最初の変化は皮膚にのみ現れます(全身の皮膚表面に「ミルク入りコーヒー」という色のスポットが現れます)。 ほとんどの場合、そのようなスポットは非常に誕生から観察されるか、または小児期に生じる。 その後、赤ちゃんは柔らかいピンクの結節の形で良性の皮膚腫瘍を発達させ始めています。 あまり一般的でないのは、皮膚の表面の下または脊椎および骨の変化の背景の下に形成される結節である。

. - 第2のタイプ 。 病変は非常に困難であり、この場合(最も頻繁には思春期の間に)、末梢神経の神経線維の形成が可能であるからである。 しかし、神経線維腫は良性腫瘍であるが、脊髄に発生すると脊髄損傷が起こることがある。 視神経の腫瘍が出現する場合、特徴的な小結節が虹彩に現れ、眼底が変化し、その結果、失明が高い確率で発生する可能性がある。 椎骨前脊柱の敗北の結果として、難聴がしばしば生じる。 ほとんどの場合、患者は移動が難しく、めまいの恐れがあります。 また、レックリングハウゼンの病気には、血管や心臓の異常が伴う

治療

Recklinghausen病が皮膚上の色素沈着点のみに現れる場合、治療の必要はありません。 腫瘍の存在により、生物の正常な機能が破壊され、腫瘍は外科手術または放射線療法によって除去される。

結論として、私はレックリングハウゼン病は非常に陰気であり、それを独立して治療しようと厳しく禁じられていると付け加えたい。 ピンクの結節や皮膚の色素斑の数が増えた場合は、直ちに認定皮膚科医または神経科医に連絡してください。