不整脈


брадиаритмия фото 不整脈は、心臓のリズムが乱され、心臓の収縮が毎分60回未満になる疾患である。 この病理のクラスには、洞静脈症、洞結節の停止、シノウラルの遮断、毛様体の十二指腸炎、三尖弁 封鎖

不整脈は、機能的および有機的の2つの形態に分けられる。 しかし、種にかかわらず、この疾患では、常に心拍数の減少があります。 これは、拡張期過負荷が原因です。 心拍数が毎分30拍未満であると、脳虚血が進行する。

不整脈は以下の形態に分けられる:

心臓収縮が60ストローク未満であるが、心臓の洞調律が保存されている副鼻腔徐脈 。 この状態は、訓練を受けた人、アスリートにとっては正常です。 しかし、他の人々のカテゴリーでは、ジゴキシン、抗不整脈薬、β遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬の過剰投与は、この疾患の発症につながる可能性があります。 洞静脈瘤治療は、その病気を引き起こした薬の廃止を目指している。

- ノーダルリズムは、洞房結節からではなく房室からの衝動が生じる点でのみ、洞静脈炎とは異なる。 しかし、リズム障害を引き起こした薬剤の回収後に、徐脈性不整脈が合格しない場合には、恒久的なペースメーカーが設置される。

副鼻腔不整脈

副鼻腔不整脈は、心拍数の低下がある疾患である。 あらゆる年齢の人々に発達することができます。 洞結節では、正常な心臓のリズムと収縮の原因となる者であるため、病気が発生します。 原則として、心臓系は実際に病気に影響を及ぼさず、患者は通常、検査中にかなり健康的に見える。 しかし、洞性不整脈は低酸素状態にある。

心臓の不整脈は、原則として、心臓系の目に見える障害のない高齢者および若者に発生する。 青少年や子供の呼吸性徐脈性不整脈は非常に一般的です。 これは、迷走神経の影響下に洞結節の機能があり、年齢とともに減少するという事実に起因する。 40歳以上の人では、呼吸性徐脈性不整脈は洞結節の原発性病変の証拠であり、機能不全(栄養状態)を示している。

心臓の不整脈は、ウイルス性疾患、血管血栓症またはそれらの損傷、炎症過程、 心筋 硬化症心筋炎心筋梗塞などの洞結節に直接影響を及ぼす様々な原因によって引き起こされ得る。 ごくまれに、この疾患は心臓のがんで起こりうる。

青年期の不整脈は一般的であり、甲状腺機能障害の背景に対して発症する可能性がある。 薬の過剰摂取(ジゴキシン、コルダロン)もこの病気の発症に寄与します。 めまい、頭痛、衰弱を伴ってマークされたBradyarrhythmia。 中程度の徐脈性不整脈は、原則として、心臓動態の違反につながることはないので、苦情を伴わない。

徐脈性不整脈の原因

心拍数の低下は、心拍出量の減少、臓器への血液供給をもたらす:心筋、脳(頭部)、骨格筋が妨げられる。

ブラニクス不整脈は、洞結節に局所的な影響(炎症性または変性性損傷)のために発症することがある。 血管の血栓症または心筋炎も、徐脈性不整脈の形成の原因である。 後壁の心筋梗塞のために、心拍数の減少がある。 多くの病理学的プロセスは、徐脈性不整脈を引き起こすことがあるが、主な原因は、副交感神経系の緊張が高まるにつれて、洞結節への損傷である。 この疾患は、洞結節への間接的または直接的な影響のために常に生じる。

小児における不整脈は、心筋の病理学的過程のために起こる迷走神経の増大した調子のために形成される。 遺伝性素因、 栄養血管性ジストニア 、甲状腺機能障害はまた、この疾患の発症を引き起こし得る。 感染の病巣が存在するため、心筋が冒され、 狭心症 、ウイルス感染などの疾患は、徐脈性不整脈の発症に寄与する。

高齢者では、この病気は心筋硬化症として現れることがあります。 まれに、心臓がんの存在下では、洞結節が損傷し、圧迫が起こるので、徐脈性不整脈が起こり得る。 頭蓋内圧の上昇、ウイルス感染、心筋梗塞、 甲状腺機能低下症が徐脈性不整脈の原因となりうる。

薬物、βブロッカー、強心配糖体、キニジン、ジゴキシドの過剰摂取は、徐脈性不整脈の形成を排除しない。 虚血性心疾患心筋症 、電解質血液障害もこの病気の発症を引き起こす可能性があります。

徐脈性不整脈の症状

適度な徐脈性不整脈は、1つの症状でのみ現れることができます:毎分約40回の心拍数。 めまいで表現されている徐脈性不整脈は、意識消失の可能性があります。 また、心停止または遅い仕事、胸骨の背後に重い感じの感情があります。

補償された代償不全心臓の不整脈を条件付きで区別する。 補償された形態は無症候性である。 病状のこの形態の患者は、逸脱があると疑うことなく生涯生きることができる。

代償不全の心臓の不整脈型の臨床像は非特異的であり、脳の血液循環障害の症状に基づくが、これは多くの疾患にとって典型的である。 Morgagni-Adams-Stokes症候群は、心臓の徐脈の発達とともに現れます。 この場合、血液循環が突然止まることがあり、排尿と排便は自発的である。 しばしば、心臓の自動化が自発的に回復し、患者は意識を取り戻すでしょう。 まれなケースでは、致命的な結果が生じる可能性があるため、蘇生が必要です。 不整脈は神経学的臨床像として現れ、この理由から、患者は神経病院で治療される。

副鼻腔不整脈は、失神、失神の増加によって現れる。 臨床像の増加に伴い、血圧は急速に低下し、その後の虚脱または不整脈の発症が続く。 患者にとって、このような症候群は致命的な結果をもたらす可能性がある。 高齢者では、この病気は心筋梗塞を発症する。

また、食欲の喪失、息切れ、冷たい汗、血圧が定期的に変化する、不注意が現れる、注意の集中が減少します。

呼吸性の徐脈性不整脈は、インスピレーションの心拍数が速いことによって現れ、呼気ではリズムが減少する。 呼吸の遅延により、この病理学的症状が消滅する。 これが起こらない場合、これは非呼吸性洞性不整脈の存在の証拠である。

小児における不整脈は、原則として臨床症状なしで進行する。 しかし、病気が発症した場合、頭痛、めまい、衰弱は除外されません。 病気が悪化すれば、脳への血液供給の違反によって引き起こされる意識の喪失が起こります。

小児における不整脈

心拍数が60拍/分未満であると、小児の不整脈が診断される。 遅延心拍数の原因は洞結節である。 この病理では、心室および心房の作業を含む心臓全体のシステムは壊れていない。 場合によっては、この病気は、定期的に脈拍を遅らせることによって明らかになる。

かなり頻繁に逸脱するのは、呼気に現れる小児の徐脈性不整脈である。 同様の状態は寒さによって引き起こされる可能性があります。 この疾患は、他の疾患(頭蓋内血腫、脳浮腫、肝臓疾患)の体内に存在するため、心臓のリズムが遅くなる原発性および続発性の2つの形態に分けられる。

早期の年齢では、洞性不整脈の発生が可能であり、これは迷走神経の増強と関連する。 いくつかのケースでは、この疾患は、影響因子または状態にかかわらず、心臓のリズムの一定の減速によって明らかになる。 また、特定の影響因子(低体温)下で心調律が遅くなる場合に診断を行うことができる。

原則として、この疾患は臨床的に明らかではない。 健康状態が悪化するとの苦情がある場合は、包括的な検査を心臓専門医に定期的に実施し、観察する必要があります。 小児期の病気は永続的ではなく、特定の状況においてしばしば現れる。

甲状腺疾患、栄養血管性ジストニア、遺伝性素因、感染症の子供は、徐脈性不整脈の影響を最も受けやすい。

心臓の痛み、視力の低下、冷たい汗、一定の疲れの病気の重症形態で除外されません。 発作の場合、心臓専門医は電気刺激を処方することができる。 脳への血流の侵害により、子供は意識消失を経験することがあります。

ほとんどの子供の病理学的異常は一時的であり、容易に矯正することができる。 子供が気分が良く、苦情がない場合、病気は時間とともに独立して後退します。 この場合、治療は必要ありません。

徐脈性不整脈の治療

治療の予定前に、患者は徹底的な検査が必要です。 ECGを使用すると、あらゆるタイプの徐脈性不整脈を検出することができます。 日中の一過性の徐脈性不整脈を有する患者において、ホルターモニタリングが記録される。

徐脈性不整脈の最も有効な治療法は、心臓刺激である。 まれなケースでは、薬Atropineの使用。 この病理電解質溶液を有する患者にとって、ビタミンおよび代謝薬は有効ではない。

病気が無症状であれば、治療は必要ない。 症状がある場合は、徐脈性不整脈の発症に寄与している根底にある病気を排除するための治療が必要です。 しかし、心拍数を上昇させることを目的とした薬物は、そのような薬物が他の形態の不整脈を引き起こす可能性があるため、服用しないでください。

健康に対する最小限の脅威を伴う徐脈の治療は、心臓刺激の助けを借りて行われる。すなわち、人工心臓ペースメーカーの植え込みのためにミニオペレーションが与えられる。

以前は、そのような外科的介入は行われず、治療を、抗コリン作用薬の助けを借りて実行して、脈拍を速くした。 しかし、しばしばこれらの薬物は心室頻脈に至り、 心室細動 (循環が止まった)に変わった。 心拍数を増加させることを目的とした薬物は、疾患の真実の重症度を検出することを可能にせず、また、人工ペースメーカを時間内に埋め込むこともできない。

ペースメーカは、電気インパルスを生成する装置である。 これは、定期的な心調律監視システムと、データを記憶しプログラムすることを可能にする他のセンサーのシステムです。 患者の健康を脅かす心不整脈の種類および形態にかかわらず、ペースメーカは常に埋め込まれる。

通常のECGモニタリングは、無症候性のため小児に推奨されます。 毎日の食事では、食品はマグネシウム、カリウム、ビタミンB:乳製品、肉、ナッツ、ドライフルーツ、そば、オートミール、ザウアークラウト、ホウレンソウ、パセリ、トマト、柑橘類、マメ科植物で飽和する必要があります。 また、患者の年齢に関係なく呼吸訓練が推奨されます。