過食症および肥満

ожирение фото 肥満および過食症は、2つの相互に関係する疾患である。 過食症は突然の飢えた飢えの野生の攻撃の中で現れる精神的または神経過敏症を止めるために時間を取らず、精神的または神経過敏症を止めることができれば、人を肥満に導くことができる。 肥満は、一定の過食による人体内の脂肪組織の過剰沈着である。 この病気は慢性的に進行性であり、様々な病気および 生涯の治療が必要です。 しかし、それにもかかわらず、罹患しており、今では肥満は個人的な問題であると考えているが、自己投薬を行っている。 これは健康にとって危険です! 肥満や過食症の効果的で有能な治療は、医師の監督下でのみ可能です。 専門家だけが、望ましい体重を達成し、それを常に正常に保つのに役立ちます。 肥満では、脂肪組織は、すべての生理学的部位、ならびに臀部、乳腺、および腹部に蓄積する可能性がある。 現在、医師は、肥満はどの年齢でも発生する交換可能な慢性疾患であると確信しています。 肥満の発生率は世界中で劇的に増加しており、ロシアの女性はヨーロッパで最も厚いと認められています。 余分なkgがそれぞれ、そのような病気の治療を、高血圧、 心筋梗塞、心臓の虚血性病気として複雑にすることに気付かせてください 。 過食は肥満の原因です。 それは食欲の原因となる脳部門の仕事に支障をきたす。 同時に、標準によれば、食べた食物は飢えの感覚を満足させない

肥満および過食症の原因

原因は、内因性の精神病 、内分泌系の病気、および中枢神経系です。 すべてがこのスキームに従って起こります:病気は、肥満に余分な体重を得るために発明された恐怖によって動かされ、胃を浄化するように押し進め、これは新しい貪食を引き起こす。 病的な肥満や過食症に苦しんでいる人はどうすればよいですか? 食べる時に自分自身を制御する方法を学び、時間を追って自分自身に「止める」方法。 過食は過食症および肥満の主な原因である。 過食または過食は、食欲の原因である脳の中枢の働きを中断させます。 このセンターが故障した場合、一度に食べた食べ物の量は人を飽和させることはありません。 次に何が起こるでしょうか? 患者は空腹感があるので十分に食事をしたが、止めることはできないので、自動的にさらに食べるように決定し、後で人工嘔吐に頼って胃を空にする。 嘔吐時には、胃が完全に空になるわけではなく、腸内の消化のために通常量を超える食物が入ってくる。 顔の過食症の効果 - それは余分なポンドで、体重の増加についての驚愕の過食症に苦しんでいます

肥満と過食症の症状

肥満や過食症の症状は、狼狽した飢え、過剰体重、関節痛、一晩の休息後の疲労や嗜眠、リビドーの減少、 うつ病 、睡眠障害、呼吸を停止する

肥満と過食症の徴候

主な特徴は、食べ物や過剰体重への強迫観念と、人形や日常の食欲過多の心配、短期間に大量の食べ物を食べ、自宅に誰もいない時、胃を空にするまでです。 敵と下剤の使用。 肉体的な努力と頻繁な食生活の制限; 暴食や嘔吐を止めることができないために気分が落ち込み、恥を感じる

肥満および過食症治療

わかった理由で、今私たちは治療を受けます。 自己投薬を続けるなら、まず過食症を取り除く必要があります。 あなたは食べる方法を学ぶ必要がありますので、あなたは嘔吐に頼らないようにしてください。 その後、あなたは少し余分なポンドを得ることができますが、それはあなたの個人的な小さな勝利になります。 過食症と憎しみの嘔吐を倒したらすぐに自分を尊重し、個人的な自尊心が高まり、あなたの人生は変わります。 食事の開始前に、飢餓の重症度を減らし、欲求を鈍らせるために、バレリアン、母親のチンキーをとってください。

肥満の発症は食物と体内のエネルギー消費との間の不均衡によるものである。 だから私たちは健康に害を与えることなく体重減少のための食事療法を開発しています。 体重減少のための食事には、1700キロカロリー、2リットルから2リットルの液体、および1晩の休息が含まれている必要があります。 あなたが自分のために選ぶ食事は何でも - あなたはいつも満ちていて、餓死は厳しく禁じられています

肥満や過食症の予防

肥満や過食症の予防措置は、バランスの取れた、頻繁な栄養、実行可能な運動、完全な休息、ストレスの多い状況や疲労の回避、内在性精神病の人生とタイムリーな治療、

このトピックの他の記事:

1. 体重減少のための食事 2. 過食症