ドノバノス


донованоз ドノバノーシス(鼠径肉芽腫、性器肉芽腫)は古典的でゆっくり進行する慢性の性病です。 ドノバノーシスはあらゆる年齢で起こるが、より多くの場合、20〜40歳の両性の病気の人々(患者の割合 男性は病気の女性に - 6:1)。 この病気は熱帯諸国、特に南アフリカ、南インド、パプアニューギニア、ブラジルとオーストラリアの一部の地域で最も広く発生しています。 ヨーロッパでは、ドノバノーシスは極めてまれであり、「輸入」疾患である。 この感染の広がりに寄与する要因は、高い周囲温度および湿度の高い気候を含む。

ほとんどの場合、ドノバノーシスの感染は性的に起こります(ごくまれに家庭内で起こります)。 この病気はわずかに伝染性であるという事実のために、病人との性交中の感染リスクは1〜50%であり、

ドノバノズの症状

ドノバキスの潜伏期は1〜12週間です。 病気の初期段階では、生殖器官の皮膚に丘疹(小さな赤色の小結節)が形成され、2日後に潰瘍化し、この場所に痛みを伴わない柔らかい赤い潰瘍を表面に形成する。 潰瘍は、不均一な隆起縁およびわずかに出血する傾向がある。 病気が進行するにつれて、潰瘍は徐々にサイズが大きくなり、皮膚のすべての広い領域を占有します。 局所リンパ節の増加は観察されない。 場合によっては、偽泡(顆粒組織の増殖の結果として形成され、鼠蹊部に局在する皮下小結節)の形成が観察され得る。 поражаются половые органы и кожа вокруг заднего прохода, однако иногда может встречаться поражение полости рта, шеи, лица и других областей.ほとんどの場合、この性病では 、肛門周囲の生殖器官や皮膚に影響がありますが、時には口腔、頸部、顔などの領域に影響を与えることがあります。 ドノバノシスの合併症の可能性:肛門の狭小化、膣の狭窄、尿道の狭窄、生殖器の象徴

ドノバノシス治療

この疾患の治療は、抗生物質およびスルファニルアミド製剤の摂取である。 最も有効な薬剤は、エリスロマイシン、テトラサイクリン、スルファメトキサゾール、トリメトプリム、ゲンタマイシン、クロラムフェニコール、トリアムフェニコール、セフトリアキソンおよびアジスロマイシンである。 ドノバキスの治療期間は3週間から3カ月間です。