IVF妊娠


эко беременность фото IVFに起因する妊娠は、将来の母親に多くの希望と喜びを与えます。 多くの女性のためのIVFによる妊娠は、あなたの夢を母親にするための唯一の方法です。

ECOは、インビトロでインビトロでインビトロで卵子を受精させることにより理解され、その後、胚は栄養培地中に含有され増殖される。 さらに、数日後、胚は女性の子宮に移され、好都合な結果が得られれば、本格的な妊娠が始まる

IVF妊娠を保存するには? 心配している患者さんは、簡単ではないので、この質問をします。 統計によると、出生率は平均60〜85%に達していますが、残りの妊娠はさまざまな理由で壊れています。これは第1妊娠で14週間に発生します。

IVF妊娠は、子宮内に胎児の卵を維持しながら、流産の形で - 胎児の卵の排出と堅い妊娠の形で、中断されます。

IVFによる妊娠や流産などの障害は、胎児(遺伝的胚発生障害)や母体因子(ホルモン障害や健康、母親の大老化、IVF後の不適切な妊娠など)を原因とする。また、流産の原因免疫紛争。

IVF妊娠は、身体的および生殖障害を有する女性によって使用される。

過排卵の人工刺激は、女性の身体に一定のホルモンシフトを生じさせ、これは胎児の負担に影響を及ぼす。 女性の体のホルモン支援を実現するためには、プロゲステロンとエストラジオールの妊娠の安全を担う2つの主なホルモンの組成を血中で常に測定する価値があります。 我々の場合、エストラジオールは、卵巣過剰刺激症候群の有無の指標として作用する。

胚の最初の日に移植し移植した後、エストラジオールレベル自体は5000〜10,000pmol / lの範囲に保たれ、プロゲステロンは100〜150nmol / lに保たれる。

IVF妊娠は、口腔および膣ホルモンであるDuphaston(ペレット)、ならびにプロゲステロン(油注射など)を使用して維持される。 IVF妊娠が女性の状態に依存する場合、どの薬を選択するか。

十分なレベルのエストラジオールは、EstrofemまたはProginovaの薬と、石膏「Klimara」と、ゲル「Divigel」で保持されます。 医者はすべての薬を個別に処方する。

胚性免疫関係を作り出すには、デキサメタゾンまたはコルチゾールを服用してください。

エコ妊娠は、女性の生活習慣のために必要な麻薬が、自分の病気と関連している場合にはサポートされます。 妊娠中の葉酸(1日400ミリグラム)、抗酸化防止ビタミン剤を処方する。

IVF妊娠は、しばしばアスピリンにも支持される。

IVFが医師によって管理された後の妊娠は、実際に胎児の卵を見ると3週間後に超音波検査を行い、卵巣の評価を行います。 毎週超音波検査を行い、胚の位置を評価する。 観察により、流産の脅威を迅速に特定し、子宮腔の状態を判断し、タイムリーな処置を取ることができます。

しかし、彼女の健康に対する責任は女性から取り除かれることはありません。彼女はまず痛み、ラスピラニー、血まみれの分泌物を感じ、医者に知らせなければなりません。

IVF妊娠、双子、トリプル以上は、早期に流産の50%をもたらすことが多い。 したがって、胎児の減少などの保全の方法に頼る - 他のまたは双子に触れることなく、子宮から胎児を除去する。 しかし、IVF後には、生物自体がいくつかの果物の減量を行い、さらに発育するものが残る фото эко беременности

IVF後、妊娠の徴候

体外受精後に腫脹し、乳腺の感受性が増した後、乳頭の乳頭は暗くなり、疲労感、衰弱感、過敏症、毒性などがあり、通常の受精後と同様に妊娠中に非常に悪化する。 IVF後の毒素症は常に女性に付随しますが、吐き気、食物への嫌悪、匂い、1日当たりの嘔吐が強く現れます。

IVF後、妊娠の徴候は、生理学的および心理学的に異なる、多種多様である。 多くの女性は基底温度が高い。 これは正常です。なぜなら、体の再構成があるからです。 生理学的には、母親は下腹部に感じ、息を呑むようになり、 妊娠中の下腹部も著しく痛むことがあります。

多くの場合、未来の母親は、 妊娠中に腰が痛い 、足に与えられる腰痛を邪魔する、消化器系疾患やガスがあることを訴える。 この状況は、小さな骨盤への血流の増加、ならびに子宮の増加によって引き起こされる。

IVF後の将来のママは、ホルモン剤を服用しなければなりません。これは、血圧を下げることで表されます。 属性には、投げつけは熱に、そして次には寒さに起因する。 顔が赤くなる。

IVF後の次の徴候は落ち着きのない睡眠であり、疲労は通常より速く、早く眠りに落ち、その後妊娠した女性が目を覚まします。 夢の後は眠らないと感じて、無関心の存在は放置しない。 このすべてに追加され、不快な症状

IVF後の妊娠の症状

症状には、 低血圧めまい頭痛うつ病 、気分障害( 妊娠および鬱病 )が含まれる。 危険性と複雑さは、IVF後の妊娠初期にある。 現時点では、特に、婦人科医に知らせるためには、自分自身とすべての変化に注意する必要があります。 出現したすべての不快な症状は、妊娠の第2三半期に後退するでしょう。

体外受精後に生まれた子どもたちは、最も望まれ、愛する人です。 これらの子供の人生は喜びで満たされ、両親は彼らの成功した発達と健康のためにすべてを行います。