好酸球増加症


эозинофилия фото 好酸球増加症は、好酸球性血球のレベルの相対値または絶対値の増加である。 好酸球増多は、身体の様々な疾患および一時的な病理学的症状の兆候とみなされ、その認識のためには、 末梢血の研究室研究。

好酸性細胞が優勢な末梢血の細胞組成の変化に加えて、好酸球を伴う様々な組織および構造の大規模な浸潤が患者の体内で観察される。 したがって、 アレルギー性鼻炎は鼻腔の粘膜の好酸球に含浸し、滲出液が蓄積した胸膜シートの腫瘍病変の場合にも好酸球性細胞が検出される。

正常な状態では、好酸球血球の数は0.3×109 / Lの閾値を超えてはならない。 しかし、血液検査の研究では、総白血球数に関係する好酸球の割合にもっと注意を払い、この割合は10%を超えてはならない。

好酸球増加の原因

好酸球増加症は様々な病理学的症状の徴候に過ぎないという事実のために、その発生の原因は、それが現れている症状の根底にある病気の病因発生において探求されるべきである。

この血液病理の主なリスクグループには、単純なアレルギー性鼻炎および季節性花粉症から重度の形態のクインク浮腫および血清病気までのアレルギー反応の程度が異なる小児の子供が含まれるべきである。 気管支喘息の持続型に長年苦しんでいる患者は、白血球の血液製剤に大きな変化をもたらし、高好酸球増加症を特徴とする。

寄生虫および寄生虫侵入に関連して不利な国への観光レクリエーションの急速な発展および訪問に関連して、好酸球増加症患者の増加は寄生虫症(膀胱炎、住血吸虫症、マラリアおよびその他)の徴候を有する。

皮膚科学的疾患の大多数は、末梢血における好酸球の数の増加を伴い、そのような病状には、 湿疹 、疱疹状皮膚炎および苔癬が含まれる。

これとは別に、循環血液の流れの中の好酸性血球の増加だけでなく、肺実質の好酸球浸潤を伴う様々な形態の肺疾患を考慮する必要がある。 肺好酸球増加症は呼吸器疾患および特有の診断徴候の経過を特徴とするので、この病理を有する患者は治療手段の使用に個別のアプローチを必要とする。

好酸球増加症の患者の大部分は、胃の癌腫症、 甲状腺癌および骨盤臓器の悪性新生物と診断された癌患者である。

免疫不全疾患の末期段階は、好酸性血球のレベルの上昇を含む、白血球の式の有意な変化によって明らかにされる。

リウマチ性関節炎 、好酸球性筋膜炎および強皮症の形態の自己免疫およびリウマチ性疾患の長期経過は、遅かれ早かれ好酸球増加症を引き起こす。

いわゆる一過性好酸球増加症は、抗結核薬、ペニシリン群の抗菌薬、スルホンアミドを含む特定の薬理学的グループの薬剤の長期使用を引き起こす可能性がある。

好酸球増多の症状

好酸球増多はそれ自体の特異的発現を有さず、むしろ実験室標識であるため、その臨床症状は、血液中の好酸球含量のバックグラウンド変化が起こった重大疾患を特徴とする。

したがって、自己免疫性の反応性疾患において、患者は食事摂取量の変化、激しいタイプの発熱発作の短期間のエピソード、身体活動に関連しない大小の関節の持続的な痛みの痛みに関連しない漸進的な体重減少を訴える。 自己免疫発生の好酸球増加症を有する患者の第一の目的の検査では、脾臓および肝臓のパラメータ、腹水の形態の心不全の兆候、末梢浮腫および絶対心不全の大きさの増加が伴う。 血液検査のパラメータの変化は、好酸球血球の増加だけでなく、貧血の重症度も含む。

寄生虫起源の好酸球増加症の臨床症状複合体はより広範であり、食欲不振、悪心、発熱、 眩暈および顕著な衰弱の形の中毒症候群の症状が現れる。 この場合の好酸球増加の特徴的な発現は、筋肉痛および関節痛の出現である。 患者の客観的検査では、有意な肝脾腫および広範囲のリンパ節腫脹が注目され、これは異なる限局のリンパ節の拡大を伴う集塊の形成だけでなく、触診時の痛みも顕著になる。

重度のかゆみおよび潰瘍の形成を伴う一般的なじんま疹の発疹の好酸球増加症患者の出現は、この疾患のアレルギー性の性質を支持する。

胃腸管疾患に罹患している患者の吐き気および頻繁な嘔吐、糞便の様々な程度および痙攣症候群の形での不規則な細菌症の徴候の存在は、好酸球増加症の出現を示唆すべきである。

好酸球増多の形態

好酸球増多を臨床型および形態に分離することは、患者の遂行および治療の戦術を決定するために必要である。 この分類は、病因論的原理に基づいており、すなわち、好酸球増多の形態は、その発現の原因またはその発現の局在によって決定される。

したがって、アレルギー性の好酸球増多は、肥満細胞によるヒスタミンおよび好酸性の化学毒性因子の大きな濃度の放出および好酸性細胞のアレルギー反応の震央への移動を促進することによって生じる。 好酸球の細胞傷害性機能の活性化の機構は、粘膜表面上の外来微生物の存在によって引き起こされる。 この状況における主な診断方法は、鼻腔からの好酸球増加症のスメアである。 スメア中の好酸球細胞の割合の増加は、アレルギー性好酸球増加症の絶対的診断基準である。

自己免疫発生または好酸球症候群の好酸球増加症は診断であ​​り、可能なすべてのアレルギー疾患の排除によってのみ可能である。 「好酸球症候群」の診断には、必ずしも特定の臨床的および実験的徴候のセットおよびアレルギー性症状の症状がないことが必要である。 検査所見は、1.5×109 / L以上の連続進行性好酸球増加症および貧血である。

自己免疫性好酸球増加症の臨床基準は、肝脾腫、有機心鼓動、うっ血性心不全、脳障害の拡散したおよび局所症状、体重減少および熱性症候群の出現である。 この型の好酸球増加症は、若者ではより一般的であり、治療に関しては極めて不利であると考えられている。 小児期には、好酸球性症候群が臓器の孤立した病変として現れ、主な局在化が心臓である。

好酸球増加症は、特定の構造および組織において限られた炎症過程で観察され、いくつかの特異性がある。 したがって、好酸球性筋炎は、下肢筋繊維の主な病変を有する別個の筋肉群における明確な局在化を伴う容積新生物である。 筋肉痛は熱性症候群および持続性障害を伴う。

好酸球性筋膜炎は、顔面および皮膚の主な病変を有する強皮症の臨床症状と類似しているが、強皮症とは異なり、この病状は急速に進行する電流によって特徴付けられ、ホルモン療法に敏感である。 好酸球増加症のこの形態では、好酸性細胞の検出は、末梢血だけでなく、皮膚においても可能である。

好酸球性胃腸炎は、診断において非常に複雑であり、それを腸病変を有する他の疾患と区別する特有の臨床症状を有さないので、理解されていない病理である。 好酸球増加症のこの形態の唯一の病理学的症状は、患者の排便におけるCharcot-Leiden結晶の発見である。

好酸性膀胱炎は自己免疫性の病理であり、「排除の診断」のカテゴリーに属し、治療の効果が長期間存在しないことおよびその発生の病因論的因子を決定することができないことのみでその確立が可能である。 循環血液中の好酸球増加した細胞の数は、膀胱壁の粘膜における好酸球の蓄積と組み合わされる。

腫瘍学的病理における好酸球増多は頻繁な症状であり、リンパ系の消化管および器官の器官への腫瘍損傷で最も頻繁に観察される。 この形態の疾患を有する好酸性細胞は、血液中だけでなく腫瘍基質中にも見出される。 病理学を有する患者における好酸球増多の有無は、基礎疾患の予後に有意な影響を及ぼさない。

寄生性起源の好酸球増加症は、血液中の好酸球の割合が高く、3×10 9 / L以上であることを特徴とする。 好酸球症候群を伴うこの好酸球増加症の類似の臨床症状と関連して、患者は診断目的のために多数の微生物学的研究を実施する必要がある。 場合によっては、寄生虫寄生の局在化は、局所的な炎症が病変部位に形成され、その病因において好酸球の細胞傷害性機能が大きな役割を果たすため、視覚的にさえも容易に決定することができる。 従って、この好酸球増加症の臨床症状は、直接蠕虫浸潤の症状および好酸球の作用によって引き起こされる共通中毒症候群の両方によって形成される。

肺の好酸球増加症はまれであり、診断計画病理において最も困難であると考えられている。 この型の好酸球増加症は、疾患の臨床経過において有意に異なるいくつかの病状を結びつけるが、単一の局在、すなわち肺実質の優勢な病変を有する。 肺好酸球増加症の最も特異的な形態は、循環血液中の好酸性細胞の数の増加だけでなく、揮発性の特徴を有する肺における好酸球性浸潤変化の出現も含むLeffler症候群である。 この病態は重度の呼吸器障害を伴わず、患者の予防的放射線検査においてランダムな所見のカテゴリーに属する。 レフラー症候群は健康障害に重大な影響を及ぼさないという事実のために、この病理のための特別な治療はなく、重度のコース短期コースのコルチコステロイド療法の場合にのみ使用される。

気管支喘息における好酸球増多は、長期にわたる疾患の場合にのみ観察され、典型的な慢性好酸球性肺炎の発症を特徴とする。 この病理は女性患者の間でより一般的であり、肺の浸潤および巣状変化の数が漸進的に増加し、末梢血に中等度の好酸球増加を伴う。

小児の好酸球増加症

小児期には、好酸球増加症は珍しいことではありません。なぜなら、この時期には、アレルギー薬や寄生虫感染症の影響を最も受けやすいからです。 小児期の好酸球増加症の特異性は、その安定性および臨床症状の重症度と好酸球血球数の増加の程度との間に相関がないことである。

子供の追加検査を受けた小児の好酸球増加の80%において、原生動物によって引き起こされる蠕虫侵襲の徴候が見出される。 最も持続性の高い好酸球増加症は、病原菌の原因となる幼虫の移動中にトキソカリ症を引き起こす。 この病理学は、肝脾腫、肺の浸潤変化、皮膚への損傷の形での内臓症状だけでなく、重度のかゆみを伴う這い上がった発疹の出現によっても異なる。 研究室での研究では、表現型の好酸球増加の程度に加えて、貧血症候群および低グロブリン血症を見つけることが可能である。 子どもの蠕虫侵襲の最初の視覚的兆候は、会陰領域のかゆみ、肛門周囲領域の局所充血および夜間睡眠の障害と顕著である。

好酸球増加の徴候を有する別個の群の患者は、家族性組織球増殖症および重度の先天性免疫不全症候群の形で遺伝性疾患を患う子供である。 子宮内に消化機能の兆候があることは、好酸球性の胃腸炎を示唆すべきである。なぜなら、この病理は患者の特定の治療とモニタリングを必要とするからである。

一時的なタイプの好酸球増多症は、期間の前に生まれた子供のノーマルの変種と考えることができ、これらの変化は医療的矯正を必要としない。 好酸球増多の持続的な進行は、顕著な同化障害を示し、その発生の原因を特定するために子供の注意深いフォローアップを必要とする。 子宮内感染には、出生直後に観察される好酸球増多の徴候が伴うものもある。

最初の相補的な食物の導入期間中、大多数の乳児は、アレルギー剤を除去した後に皮膚症状とともに消失する一過性好酸球増加を伴う皮膚炎の形でアトピー性アレルギー反応の徴候を示すことがある。

好酸球増多の治療

好酸球増多の臨床検査徴候を有する患者の管理と治療の戦術を決定するためには、患者を徹底的に検査し、この血液病理学の根本的な原因を確立すべきである。 ほとんどの場合、好酸球増加症の治療法の使用は陽性結果を示し、患者の迅速な回復に寄与する。

好酸球増加症の原因の診断において根本的に重要なのは、患者の主な愁訴の定義、症状の発生および発生時期を含めて、患者の生命の慎重に収集された経歴を有する。 好酸球増加症の遺伝的要因を考慮する必要がある。なぜなら、これらの病態形態は患者の特定の矯正および動的観察を必要とするからである。

したがって、診断されたアレルギー起源の好酸球増加症は特異的治療を必要とせず、その治療はアレルギー薬を排除することからなる。 アレルゲンを確立することが不可能な状況では、循環血液中の好酸球数の正常化の前に、非特異的脱感作療法(1日1回Cetrin 1カプセル)を行う。

多くの場合、好酸球増加症の肺型は治療法の使用を必要としないが、重度の呼吸器疾患を伴う重度の疾患では、短期間で6日間のコルチコステロイドホルモンの使用が推奨される(毎日15mgのプレドニゾロン)。 顕著な気管支痙攣成分の存在下で、β-アドレナミン作動薬(テオフィリン)の投与のための吸入法の使用が推奨される。 このカテゴリーの患者は入院の対象ではなく、コントロールX線検査で定期的なフォローアップが必要です。

蠕虫浸潤による好酸球増加の確実な確立のために、もちろん、抗寄生虫療法(100mgの治療用量でメデンドゾルの単回投与)を使用することが推奨される。

好酸球性筋炎および筋膜炎の治療のために、高用量のグルココルチコイドホルモンが選択される薬物(プレドニゾロンを1日に60mg経口で投与し、続いて5mgを少なくとも2年間維持する)。 持続的な陽性結果がなく、好酸球増多の徴候がなくなった場合、細胞増殖抑制薬(アザチオプリンを1日量150mgで投与する)を延期することが推奨される。

皮膚およびリンパ管の局所局所病変では、理学療法(トリノロンBを用いたフォノフォレシス、DMSO適用)の方法が広く使用されている。 好酸球増多の進行が激しい場合には、吸収効果がありますが、この治療法は他の治療法を使用しても目に見える結果が得られない場合にのみ使用されます。

好酸球増加の徴候を有する小児患者の治療において、期待される管理が用いられ、血液検査における好酸球の急速な増加を伴う疾患の進行過程のみが、ホルモン療法の使用である。