紅斑

эритема фото 皮膚の紅斑は感染症であり、深刻な発赤、紅斑性発疹の出現、および毛細血管の拡張で現れる。 この病気は、さまざまな要因によって引き起こされる複雑な病気に起因していますが、 皮膚には全く同じように見える。 この点で、病気のグループは1つの用語 - 紅斑と呼ばれていました。 大部分の病気の子供は5〜12歳ですが、成人も病気にかかりやすいです。 インキュベーション期間は2週間まで続きます。 すべての場合において、原因物質は不明であるが、感染は空気中の小滴によって行われると推定される。 症状は、赤色の頬の外観と、皮膚の上の隆起した斑点と、互いに絡み合って現れる。 徐々に、発疹は、肢の伸筋表面だけでなく、胴の皮膚にも広がった。 この場合には、不規則な輪郭の領域にラッシュがマージされます。 彼らは徐々に消滅し、6日後に大理石の模様が残されています。 患者の全身状態は同じレベルに維持される。

紅斑が原因

この疾患は様々な理由で発生する可能性があります。 場合によっては、紅斑熱、 結核咽頭痛 、黄疸、性病性リンパ肉芽腫、ハンセン病、ヒストプラスマ症、コクシジオイデスなど多くの感染症が原因です。 他の場合には、非感染性の原因が現れる:潰瘍性非特異性大腸炎および肺のサルコイドーシス。 しばしば、紅斑の原因は臨床症状に直接依存する。 例えば、アレルギー性紅斑は、スルホンアミド薬(スルファレン、スルファジメトキシン)、ならびに避妊薬を服用した後に生じる。 生理学的紅斑は、マッサージの後に、また、外的に作用するいくつかの医学物質および薬物の後に発生することができる。 まれなケースでは、怒り、恥などの感情が現れた後、赤みが反射的に起こります。 しかし病理学的紅斑は、感染症、放射線、熱、皮膚の化学的火傷、およびアレルギー症状の両方の後に起こりうる。 時には、紅斑は独立した病気として発生する。

紅斑症状

この疾患は急性および慢性の形態で起こりうる。 急性形態は、発熱、一般的な悪化、倦怠感によって特徴付けられる。 慢性紅斑は、長期にわたる経過、発疹の移行、および身体の新しい領域での発疹の出現によって特徴付けられる。 各タイプには独自の症状がありますが、これについては後述します。 最も一般的なタイプの紅斑は、結節性、輪状、移動性、毒性、日焼け、滲出性多形、感染性である。

紅斑結節の症状は、脚、膝の発症に現れ、子宮頸部領域ではあまり頻繁に現れず、赤い結び目に直面する。 彼らは触診に非常に苦痛であり、色合いを紫色または黄褐色に変える。 病気の人の半分は、関節の炎症に苦しんでいます。 小児における紅斑の結節の症状ははるかに困難である。 プロセス自体は6〜7週間後に行われます。 紅斑の慢性慢性症状は短期間消えてから戻って、大きさが異なる(1センチメートルから数センチメートルから数センチメートルまで)ノードに合併する。

リング状の紅斑の症状は丸みを帯びた形のはがれやかゆみの斑点で現れ、リングに合併する。 リングの明るさには外縁があります。 スポットは2〜8センチのサイズです。

出血性紅斑の症状は、剥がれがなく、何ヶ月も後に消える能力が異なる。

紅斑毒性の症状は、乳児の体温上昇の欠如および発疹の自己消化能力によって特徴付けられる。

紅斑の日の症状は、灼熱した皮膚の赤い場所を傷つけたいという欲求の中で表現されています。これらの泡はしばしば剥がれてしまいます。

紅斑感染症の症状は最も重篤なものの1つです:体温が上昇し、斑点が大きな病巣になり、寒気が現れます。 Symptomatologyは常に感染症によって悪化します。

紅斑性滲出性多形の症状は、体温が高く、体全体の痛みや痛み、水疱の出現、発疹を掻き取るような野生の欲望などの最も重篤な状態では異なる。 この場合、口、舌及び口蓋の粘膜は潰瘍で覆われている。 病気は嚥下時に痛みを感じ、話すことができません。

紅斑移行

この疾患は慢性的に分類される。 起源はおそらく細菌性またはウイルス性である。 時には、移動性湿疹の原因は認識されない。 回遊性湿疹の病原体はキク科のダニによって移転されたことが立証された。 病気の症状は、一口から一週間後に現れることがあります。

小さな赤い斑点として現れる紅斑は、急速に15〜20センチメートルに達することがあります。 移動性紅斑の剥離は典型的ではない。 長い期間の後、数ヶ月間ドラッグすると、リングが消えることがあります。

移行紅斑は、 ライム病と同様の症状であるため、患者には、この病気を引き起こす微生物を同定するための分析が割り当てられる。

移行紅斑は、抗生物質で首尾よく治療される。 投薬量、ならびに特定の投薬は、主治医によって処方され、詳細に調べることによってのみ規定される。

予防には、夏期の森林散歩中の安全性と、すべての肌をしっかりカバーする衣服を着用する必要性が含まれます。

мигрирующая эритема фото

移行紅斑の写真

紅斑毒素

この種の紅斑は、出生後最初の日に皮膚に発疹の形で子供に現れる。

子供の有毒な紅斑は、多様性が特徴です。 しばしば、この病気は乳児において起こる。 発疹は、治療なしで突然独立した消失が特徴である。 赤ちゃんを心配する症状は発生しません。 毒性紅斑は、子供の身体を外部条件に適応させたものであると考えられている。

新生児の有毒な紅斑は、時間の経過とともに生まれた赤ちゃんの20〜30%の特徴です。 赤ちゃんの体重の小または大は病気の原因ではありません。 医師の意見では、発疹は母乳中に含まれるタンパク質に対する子供の体の反応であることに同意した。 有毒な紅斑は、出生後1〜2日で起こる。 赤ちゃんのふくらはぎは赤くてコンパクトな斑点で覆われています。 まれに、斑点は漿液を伴う小さな小胞で覆われています。 子供の赤みの場所 - 脚やペンの折り目、髪の下の頭、胸の尻、尻。 まれに、発疹は新生児のおなかと顔を覆う。 3日以内に身体に新しい斑点が形成され、2〜3日間はすべてが消えます。 豊富な斑点を伴って、乳幼児は気まぐれになり、 下痢とリンパ節の拡大が観察されます。

токсическая эритема фото

有毒な紅斑の写真

ソーラー紅斑

この病気は紫外線によって引き起こされます。 太陽紅斑は危険ではないが、過度の日焼けは避けるべきである。

太陽の紅斑は、光線の下に開いたままにした後に発生しますが、最初の火傷は後で表示されます。 この場合、火傷した皮膚が完全に消えるまで、患者が日中に出現することは推奨されません。 時には、太陽の下で長期間滞在した後、皮膚が赤く変わることがあります。 日光浴の後、熱いシャワーが不快感を引き起こす場合、これらは太陽紅斑の兆候です。 紅斑の次の兆候は、灼熱した場所を傷つける欲求であるだけでなく、滲出して滲出液を伴う皮膚上の泡の形成である。 数日後、剥離が起こる。 「ハードスペクトル」に起因する特別な危険はソラリウムによって表され、深い熱傷を引き起こす。 ソラリウムが誤用されると、 皮膚がんを引き起こすのはこのスペクトルです。 日光紅斑がある場合、日光浴は禁忌である。

紅斑感染症

この種の疾患は急性の形態で生じる。 感染性紅斑の原因は病原性微生物叢であり、その原因は不明である。 今まで、この疾患を引き起こす単一の微生物は存在しなかった。 病気の症状は、高い体温、強い寒さ、身体の自己中毒の徴候の存在、および大きな病巣につながる体の大きな斑点の形成によって特徴付けられる。 ローゼンバーグの感染性紅斑とChameraの形はウイルス感染によって引き起こされるという示唆があります。 さらに、紅斑の出現にはいくつかの感染症が伴う。 これらは、偽結核、結核、リウマチ、 ネコ傷病、野兎などの疾患である。

ある種の薬剤はまた、重度のタイプの感染性紅斑を引き起こすことができる。 最も危険な製剤はスルホンアミドであり、持続的な効果を有する。 伝染性の紅斑は、しばしば小さな伝染病として起こる。 しかし、病気の人は他の人に脅威を与えません。 この種の紅斑を伴う体内で起こるプロセスは、完全に未知であり、研究されていない。

инфекционная эритема фото

子供の顔にある感染性紅斑の写真

小児における紅斑

小児の手根紅斑は先天性である。 赤ちゃんの掌や靴底には、発赤や発赤がみられます。 赤みは外的な影響から変化します。温暖化、冷却、機械的な刺激、四肢の位置の変化などです。 主な症状は、血管の拡張である。

手掌 - 足底型の小児における紅斑は、小児期の全期間を妨害するが、成人にも保存することができる。 掌骨 - 足底赤血球症は、先天性疾患の一種である。 この病気は、びらんと掌の靴底の拡散した、一定の、そしてまた激しい赤い紅色の色を特徴とする。 同時に、手掌窩は影響を受けず、紅斑そのものは足の端、ブラシに壊れ、後面には決して通らない。 主観的感覚および多汗症は存在しない。 病気は赤ちゃんの誕生後に発生し、老年まで続けることができます。 治療はめったに結果をもたらさない。 内部はビタミンE、A、および外部クリームを処方します。

紅斑の診断。 正確な診断を決定するには、すぐに専門医、皮膚科医、リウマチ専門医、セラピストに連絡してください。 結核患者がいる場合は、疫学的相談が必要であり、 サルコイドーシスの患者には肺癌専門医が必要です。 いくつかのタイプの紅斑は、目視検査の後に診断される。 感染を排除するためには、血液検査が必要です。 特殊なアプローチは、腫瘍や自己免疫疾患にとって重要です。

紅斑治療

治療の有効性のためには、すべての付随感染の病巣を浄化することが重要である。 これには、皮膚炎、風邪、 はしか 、緋色の発熱が含まれます。 理学療法の手順、マッサージ、日光浴、化学的刺激物との皮膚接触を避けるべきである。

紅斑の治療法は?

この疾患の治療は、皮膚の深さ、そしてもちろん、患者の真皮の個々の特徴、粘膜および他の器官の様々な紅斑および健康状態に依存する治療レジメンを含む。

紅斑およびその治療には、抗生物質、コルチコステロイド、血管保護剤、ヨウ素アルカリ、血管壁強化剤、アダプトゲン、末梢血球減少剤および脱凝集剤の使用が含まれる。

局所治療には、ジメキシドの適用、ならびにブタジオンおよびコルチコステロイド軟膏を用いた閉塞性包帯が含まれる。 乾燥熱の治療に効果的ですが、下肢に紅斑病巣を局在化させるときは、必ず寝床に固執してください。 暑い、塩辛い、揚げた、燻製の食品、濃いコーヒー、缶詰食品、紅茶、柑橘類、チョコレート、アルコールを除く食事を観察することが重要です。 低体温、体重浮揚、挫傷、喫煙、長時間の歩行、歩行などの要因を避けるようにする必要があります。

いずれの種類の紅斑も、皮膚科学的および感染性疾患とよく似ているため、自己投薬が好まれない。

特発性紅斑は抗生物質で治療される。 病気の進歩した形態では、ホルモン性グルココルチコイド薬、同化ステロイドが広く使用されている。 シンプルなケースでは、炎症を緩和する薬物と同様に、脱感作薬を適用します。 これらの薬は、5〜7日間の期間、医師によって処方される。

毒性アレルギー反応では、毒から組織を浄化する必要があります。 これらの場合、患者の体重を考慮して、医師が個々に計算した特定の薬物を用いた腸溶出および体外解毒の方法を使用する。 治療期間は10〜12日です。 その後、抗ヒスタミン薬やカルシウム薬を処方しました。 さらに、感染部位の液体溶液による処理が用いられる。 紅斑の治療に効果的なのは、「ビシュネフスキー」、「ソルコセリル」、「デルマジン」、「イリュクゾール」の軟膏です。 口腔粘膜はマンガンまたはホウ酸で処理されます。 ファンド全体の集中は、純粋に個別に医師によって割り当てられます。