ハイドロサルピンク

гидросальпинкс фото Hydrosalpinxは、炎症過程の後に形成された卵管の片側または両側の水疱である。 ハイドロサルピンキックスは、漿液が満たされたバッグであり、急性卵管炎の合併症である。

卵管は子宮の付属器に属します、ありがとう 女性の体の再生機能を実現する。 外観上、各子宮管は、11cmの中空の細い管のように見え、子宮の上隅(子宮の端)から始まり、卵巣の近くの腹腔に入り、そこではアンプル(アンプル末端)を形成する。 卵管の壁は3つの層によって形成される:

- 密な外側漿膜は、チューブをマイナスの影響から保護します。

- 弾性中間筋層は、子宮腔に向けて蠕動運動をすることができる筋肉繊維によって形成される。

- 内側の粘液層は子宮管の空洞を覆い、多くの縦方向の折り目を形成し、繊毛の上皮の細胞で覆われている。 これらの細胞は、その表面上に特別な形態 - 繊毛を有する。 繊毛の動きのために、子宮管の上皮は、乳頭端から子宮への方向に波状の動き(ちらつき)を行うことができる。 管状上皮には、漿液性の秘密を生成することができる腺が存在する。

卵子の成熟は卵巣の表面上で起こる。 外側(白い)卵巣鞘の厚さには多くの卵胞があり、それぞれに成熟の異なる段階で卵があります。 卵胞と卵の成熟は対称的なので、成熟した卵胞が爆発すると、成熟した、卵子(排卵)の準備が整います。 次に、卵が腹腔に入る。 彼女の活力は2日間続き、彼女は死ぬ。 受精の場合、卵子は卵管に入り、管の筋肉管の収縮、上皮層のフィブリル化、および上皮を湿潤させ、運動プロセスを促進する管状腺に起因して子宮に進入する。

卵管の構造の特異性は、その後の移植(着床)および妊娠の進行のために、受精卵を腹腔から子宮に移動させる必要性に関連する。 それは、排卵の時間およびその後の黄体期と一致する期間に、卵管の蠕動が増加する理由である。

ファローピウス管は豊富に開発された血管網を有し、この領域の炎症過程が急速に発達し、良好な局所免疫がない場合には周辺組織に急速に広がる。 卵管( 卵管炎 )の単離された炎症は、管および卵巣( 卵管棘 )の両方における炎症過程の統合において、あまり一般的ではない。

水脊柱管形成のプロセスは、子宮管の急性炎症のエピソード、急性卵管炎の後に始まり、その合併症である。 炎症性滲出液(滲出液)は、子宮の管に蓄積し、その壁を接着し、閉鎖した流体形成を形成する。

ハイドロサルピンックスは、子宮腔内の卵への機械的障害であり、卵管不妊症の原因である。 一方的な過程では、健康な義母が女性に残り、妊娠する機会があり、両耳水晶体は妊娠を不可能にします。

しばしば、水脊柱管を用いた不妊は、専門医に連絡する唯一の理由です。 水脊柱管を伴う臨床像は、子宮付属器の慢性炎症性疾患と同様である。 水晶体の最も鮮明な臨床像は、骨盤内器官における顕著な癒着プロセスの背景に対して発症する。

水疱性口内炎の薬学的除去およびその結果の排除は不可能である。 ハイドロスピルピンキング療法は、卵管の領域における病理学的プロセスの一貫した二段階の排除を意味する。 最初に、適切な抗炎症治療が行われ、その後、水脊柱管が外科的に除去される。 病理学教育の排除のための腹腔鏡的方法が好ましい。 処置の成功は、実施される外科処置の質によってではなく、子宮管の適切な機能のその後の回復の可能性によって決定される。

残念なことに、この疾患の潜在性は、水脊柱管腔の清浄化が成功し、卵管の開存性が完全に回復しても、女性はしばしば不毛なままであるという事実にある。 特に、この状況は、子宮付属器における長期の慢性炎症および腹腔内での顕著な癒着プロセスを伴う患者において生じることが多い。

現代の女性は、自分の健康と現代の医療方法について多くの情報を得たいと考えています。 適切な用語を使用すると、使用可能なすべてのソースで必要な情報をすばやく見つけることができます。 時々、患者は病気の名前で誤った用語を使用します。 必要な情報を見つけるためにhydrosalpinksという語句を使うのは間違いです。 「ハイドロ」は液体を意味し、「サルピンス」はパイプであり、これは単にハイドロサルピンパイプが存在しないことを意味する。

アンケートの名前が同じ場合も同様です。 水脊柱管の腹腔鏡検査と言うのは間違いです。 腹腔鏡検査は、内部の器官を検査する手段であり、内部から腹腔または骨盤腔を見ることができます。 卵管に加えて、医師は周囲の器官や組織をすべて見ます。 腹腔鏡検査の代わりに、水脊柱管の腹腔鏡検査がより正確です。

水脊柱管の原因

水頭ピンンス形成のプロセスは、局所的な感染性および炎症性プロセスの存在下でのファロピウス管の脈管部分の閉塞に関連する。

ハイドロスポルピンックスは、卵管内の非特異的な急性炎症過程の後に形成される(卵管炎)。 炎症の原因は、病原性微生物および日和見微生物叢の代表であり得る。 原則として、急性卵管炎の原因は唯一の微生物ではなく、連鎖球菌、ブドウ球菌、クラミジア、マイコプラズマ、大腸菌などを含む可能性があるそれらの関連である。

感染源は、膣、子宮頸管または子宮の下方の管から管の空洞にしばしば入ります。 感染の下降の変種はまれであり、この場合、遠位の器官(腎臓、膀胱、扁桃腺、腸および他)に感染が存在するため、卵管の感染は血液による(血液による)ものである。

ファローピウスチューブの炎症の原因は次のとおりです。

子宮の感染症および炎症性疾患(子宮内膜炎)。

- ランダムセックスライフ。 性感染症に罹患する確率に加えて、それは正常な膣微小環境の組成の変化に寄与する。 望ましくない微生物が過剰になると、それらは炎症の原因となる。

- 頻繁な低体温、身体の防御を緩和する。

- 生殖器の中絶、診断操作および出生トラウマ。 膨大な創傷表面を介して感染が生殖器に浸透する。

- 子宮内避妊。 子宮螺旋の導入は、不都合な条件下で、子宮内膜における局所的非感染性炎症の出現を伴い、その背景に感染プロセスが発生する可能性がある。 また、子宮腔内の感染は、膣から子宮螺旋の糸へと上昇する可能性がある。

子宮頸管の感染症および炎症性病変:子宮頸管炎および内分泌腔炎。

- 長期的な膣内の炎症過程は、正常な微生物叢の組成を大きく変え、感染からの粘膜の免疫防御機構を枯渇させる。 日和見的な微生物叢に過度に時​​間を掛けすぎると、子宮頸管の炎症の原因となり、卵管に上昇することがあります。

因子による卵管感染症の発症を予測することは、親密な衛生、ストレスおよび過労、膣内のジスポジック障害の規則を無視することである。

内分泌およびホルモン疾患は卵管炎の進行を悪化させる。 真性糖尿病および甲状腺疾患は、感染に抵抗する体の能力を低下させる。

ヒドロアルスパイン形成のプロセスはまた、生理学的防御機構によって促進される。 卵管に炎症が起こると、体はそれを周囲の組織から単離して、下方への感染の場合には骨盤腔又は子宮のさらなる感染を防ぐ。 したがって、管の腹側部分は速やかに「閉鎖」され、続いて水脊柱管が形成される。

卵管内の急性感染性炎症のエピソードは、必ずしも水脊柱管の形成で終了するとは限らない。 良好な免疫力とタイムリーな治療で、悪影響は発症しない。

水疱性口内炎の症状と徴候

感染のタイプと卵管への浸透機構に関わらず、感染のすべてのタイプは陣痛部に影響を及ぼします。

感染が卵管に入ると、局所的な炎症過程が発達し始める。 チューブの壁は、その空洞を変形させる顕著な浮腫のために厚くなる。 炎症は、子宮管の腺を強く働かせ、多くの炎症性流体(滲出液)が形成される。 滲出液が蓄積し、管の容積が増加すると、表面繊毛上皮の圧力もまた増加し、その結果、損傷を受けて不安定になり、繊毛細胞と分泌細胞の量比は後者の増加にシフトする。 その結果、繊毛上皮は炎症発症部位で萎縮する。 局所的な炎症の症状が増すにつれて、滲出液はますます発達し、より厚く、より粘着性になる。 線毛上皮の死の場所では、管の壁は瘢痕 - 癒着の形成と合体する。 スパイク間の空間は、炎症性流体が蓄積する細胞に類似している。 急激に顕著な癒着プロセスの結果、チューブには全体的な解剖学的変化が起こります。チューブは「密閉され」、嚢胞性の炎症性の偽腫瘍形成 - 水脊柱管腔に変化します。

シンプルな水旋回虫では、チューブは液体内容物で満たされた閉じた拡張空洞のように見えます。 管の内腔が接着剤の中隔によって別々の空洞に分割される場合、水脊柱管は濾胞と呼ばれる。

両方の種類の水頭丘の外見は同じです:チューブは、肥厚の既存の部分のためにレトルトに似ています。壁は、それを介して透明で清潔な液体を見ることができる過成長のために非常に薄く見えます。 しばしば、診断された両側水頭蓋冠は常に対称的な構造を有するとは限らない。すなわち、右の水脊柱椎間板は単純であり、左の水晶棘は濾胞構造を有し得、逆もまた同様である。

時には、水晶体の内容物がパイプから流出することがある。 炎症性流体が管の腹腔開口部を通って骨盤腔内に侵入すると、それは相互の炎症反応を引き起こす。 管の子宮開口部を通って滲出液を子宮内に排出する場合、患者は豊富な水分排出および痙攣性の片側痛を発症する。 この現象をベント式水胞弁と呼びます。

卵管内の炎症過程は、すべての患者において同じように起こるわけではない。 感染が管に入ると、炎症性滲出液は必ずしも蓄積しない。 急性卵管炎を呈した多くの患者では、少量の炎症性液体が単に吸収され、患者の小さな部分でのみ炎症がチューブ全体に広がり、続いて水脊柱管が形成される。

水脊柱管を伴う臨床像は、それを引き起こした疾患によって決定される。 ほとんどの場合、水疱性口内炎は急性卵管炎の後に形成され、慢性形態に移行し、慢性的な炎症の症状を伴う:月経不順、病理学的退行、および不妊症のような意図しない腹部(より多くの場合病変の側面)。

ヒドロサルピンクスが周囲の組織に接着プロセスを伴う場合、患者は明確な局在化を伴わずに重度の骨盤痛を経験する。 この病気の診療所は外科的病理に類似していることがあるので、右側の水脊柱管弓は虫垂炎と混同する可能性があり、左側の水晶体丘は左側の腎臓または腸管疝痛の特徴を有する。

ほとんどの場合、不妊症患者を診察する際には、水鼓動が診断されます。 患者が1本の健康な管を有する場合、妊娠の開始が可能であり、妊娠中に利用可能な水脊柱攣縮は感染の存在を示し、観察が必要であり、出産後に排除することができる。 慢性卵管炎の悪化の場合、妊娠中の水脊柱管腔は、非妊娠のものと同様の症状を有する。

水脊柱管の診断における主要な場所は、器械的検査方法に属する。 超音波では、水脊柱管腔は、低エコーまたは無血管の内容物で満たされた不規則な形状の薄壁の形成として定義される。 嚢胞からは、それ自体の厚いカプセルの存在によって区別される。 水脊柱管の腔では、中隔が見いだされ、チューブ自体が顕著な炎症プロセスを伴い、粘膜化して変形する。 しかしながら、超音波は、特に、水脊柱鏡の寸法が小さく、その内容物が目立たない場合、卵管における病理学的変化の性質を常に確実に決定することはできない。

子宮管の解剖学的障害を診断するためのより有益な方法は、造影剤を子宮および卵管に注入し、次いでX線検査を行うサルピング検査である。 コントラストは卵管の空洞を満たし、内部のすべての欠陥を明らかにする。 この調査では、卵管が通過できる量を決定し、患者の妊娠の可能性を評価することができます。 典型的には、導入されたコントラストが骨盤腔に現れる場合、それは管を通過することができたことを意味し、すなわち、子宮管は通過可能である。 チューブの閉塞の場合、コントラストはアンプル部門に蓄積する。

水脊柱管用の他のすべての診断方法とは異なり、診断用腹腔鏡検査のみが診断の絶対的な信頼を提供することができます。 水脊柱管の除去および卵管の開存性の回復が必要な場合には、腹腔鏡検査が治療および診断処置となる。

ハイドロサルピン処理

手術なしでの水脊柱管の治療はほとんど不可能である。 治療プログラムは2つの段階を含む。

最初の段階でそれは必要です:

- 感染源を特定し、それを排除するための適切な抗菌薬を決定する。

- 影響を受けた管の構造的障害の性質を決定する(一方または両方)。

- 炎症過程がどれだけ広がっているか、卵巣または骨盤腔に炎症の兆候があるかどうかを調べる。

- 膣、子宮および子宮頸管における同時の感染性および炎症性変化を同定するため;

- 既存の消化性疾患を診断する。

ハイドロスピンピンキン療法の第1段階における治療手段の複合体には、抗菌、抗炎症療法および理学療法が含まれる。 ほとんどの場合、治療の第1段階は予備的であり、その後、腹腔鏡法によって水脊柱管を除去する手術が行われる。

患者は無作為に選ばれた抗菌剤を使用するか、伝統的な医学のレシピを使用して、単独で手術なしで水脊柱咬合治療を行うことを試みることがあります。 そのようなプラクティスは、適切な利益をもたらさず、病気の症状がなくなり、慢性プロセスが進行し続け、卵管の破裂を引き起こす可能性があるという想像上の回復をもたらす。

治療の次の段階は、実際の水脊柱の除去だけでなく、子宮管の開存性の回復も意味する。 腹腔鏡検査は両方の課題にうまく対処します。

睡眠薬の腹腔鏡下での除去は、不妊治療の最も効果的な方法であり、医師が自然発生的に起こった変化を見ることを可能にする最も信頼できる診断方法でもある。 操作の前に、慎重にチューブの領域を調べ、炎症の程度と損傷のレベルを評価します。 彼が見たものから進んで、医者はさらに外科的な戦術を決定する。

典型的には、手術の本質は、水脊柱管を除去し、癒着を切断し、卵管の内腔を回復させることである。 パイプが復旧の対象でない場合は、パイプを取り外す必要があります。

残念なことに、子宮管の修復が成功しても、管が適切に機能することは保証されない。 卵管の粘膜における炎症性変化の発現は、時に繊毛上皮の完全死をもたらし、卵は子宮内に移動することができない。 この種の不妊症は治療の点では予期しないものであり、患者のための唯一の方法は体外受精( IVF )の方法です。