高ビタミン症

гипервитаминоз фото 高ビタミン症は、特定のビタミンの濃度を高めたことによる毒性作用によって引き起こされる、急性急性の新生病態である。

ビタミンやビタミンのような栄養素は したがって、すべての生命体の健康を確保する有機化合物は、医薬品の使用を通じて、人が食物または人工的に十分な量を消費しようとします。

現時点では、高ビタミン症の発生率が顕著に増加しており、この事実は、ビタミン製剤とビタミン様物質を含有する生物学的サプリメントの薬学的連鎖における自由販売によって説明される。 大部分の人々は、集中力が高まると過剰ビタミンが体から独立して放出されると信じて、ビタミンを含む医薬品を無制限に投与する。 このような一般的な誤解は、広範なカテゴリーの患者において高ビタミン症の出現を招く。

人体にビタミン様物質を過剰に摂取すると、これらの有用な物質は毒性作用を有するため、この病原体は体の中毒の一形態とみなされるべきである。

高ビタミン剤の原因

すべてのグループのビタミンは、水溶性および脂溶性の2つの大きなカテゴリーに分類されます。 必要な量のビタミンが血液に吸収され、残りはすぐに尿中に排泄されるので、水溶性ビタミンの過剰濃度は非常にまれであり、注射可能なビタミン化製剤の重度の過剰投与の場合にのみ、非常にまれである。 脂溶性ビタミンの除去は、血液中に吸収されることに加えて、様々な臓器の脂肪組織に蓄積するので、はるかに困難である。

間違いなく、高ビタミン症の主な原因は、合成型のビタミンおよびビタミン様物質による体の中毒であるが、場合によっては、たとえビタミンが少量であっても、個々のビタミン剤不耐性のために中毒が起こることがある。

さらに、これは、ビタミンの1つまたは全部のグループの高ビタミン症の発症、特定のビタミンの高濃度を有する食物の過剰消費による同じタイプの食餌の使用に寄与する。

ビタミン濃度の増加による直接的な毒性作用による合併症に加えて、高ビタミン症のリスクは、体に有益なミネラルの欠乏を引き起こすリスクです。 多数のビタミンが破壊された結果、体内には代謝の副産物が蓄積され、様々な代謝障害が引き起こされます。

高脂血症の症状

高ビタミン症のすべての症状は、急性および時には慢性経過を有する可能性があり、その各々は特定のおよび一般的な臨床症状を特徴とする。 もちろん、ビタミン過剰症の症状は、マルチビタミンのいずれかの複合体の過剰投与で起こり得るが、小児および治療の実践では、患者の体内に脂溶性ビタミン群が過剰に蓄積することがある。

急性型の高ビタミン症は、1回または数回のビタミン製剤の1回の摂取量が1回の摂取量の状況で発生するため、高ビタミン症の臨床症状は中毒症候群に類似している。 慢性型の高ビタミン症は、潜在的な経過および臨床症状複合体の漸進的な発達を特徴とし、これに関連して、高ビタミン症の診断は非常に困難になる。

ビタミンの各グループがそれ自身の影響範囲を持ち、人体の様々な構造の機能に影響を与えるという事実に関連して、各タイプの過ビタミン症の過剰な内容の発現も特定の特徴を有する。 同時に、各型の高ビタミン症のために、中毒症候群の症状(頭痛、めまい、重度の衰弱、毎日の日常的な身体活動を行うことができないこと、吐き気、内振りの感覚、糞便の怒り)の発現が各型の高ビタミン症に内在している。

脂溶性ビタミン群の高ビタミンは、体内で蓄積され、重度の中毒を引き起こす可能性があるため、より深刻な経過を辿っていることに注意する必要があります。 水溶性ビタミン群の高ビタミン剤は、より積極的ではなく、患者の健康状態の長期的な障害を引き起こさないので、このタイプの中毒の医学的介入として、ビタミン剤の体内への摂取を止め、腎臓の尿機能を刺激することで十分である尿

高ビタミンA

グループAの高ビタミン症は、1日量を増やして(50万IU以上の小児、半年で10万IU以上)、持続的に投与され、マセレーション領域、脱毛および脆い爪が存在する乾燥皮膚の形態で持続する。 骨関節器具への影響に関して、高ビタミンA症は、管状骨の突出における骨膜炎の発生による軟部組織における痛みを伴うシールの出現、ならびに関節周囲軟部組織の動き、疼痛および腫脹に伴う様々な局在化の関節症の発生によって明らかになる。

ビタミンAが脂質代謝のプロセスに間接的に関与するという事実と関連して、体内でのその含有量の増大は必然的にアテローム性動脈硬化症の兆候として現れる高コレステロール血症につながる。 高ビタミンAの長期経過は、副腎によるミネラルコルチコイドの産生の増加を伴い、その結果、患者は全身性浮腫症候群を有する可能性がある。

この薬物の長期使用は胎児の先天性異常の発症を引き起こすので、妊婦には高ビタミンA群の重篤な影響がある。 急性型の高ビタミンA症は非常にまれであり、頭蓋内圧の上昇( 頭痛 、不眠症、短期間の意識消失)、発熱および皮膚発疹が明確な局在を示さない症状として現れる。

高齢者は、すべての慢性病変の増悪、共通関節痛、視力低下、脂質異常指標の不均衡、様々な形態の不整脈、慢性肝腎不全の症状を伴う重篤なタイプAの次の兆候になりやすい。

高ビタミンD

D群の高ビタミン症は、ショックを受けたくる病の使用によって、またカルシフェロールの適用量が1,000,000IUを超える皮膚病の治療の結果として誘発される。

成人の高ビタミンD症の徴候は、衰弱、急速疲労、亜熱帯熱の出現、進行性の体重減少を伴った機能性消化不良の現象である。 患者は、明確な限局性を持たない一定した頭痛、 高血圧の危機への傾向を心配している。

ビタミンD製剤による急性中毒の徴候は、手の震え、後肢および四肢の筋肉の鋭い痛み症候群、種々の形態および程度の皮下出血、ならびに身体の一般的な脱水の徴候である。

血液および尿の実験室研究では、この状況では高いカルシウム含量が見出される。 最小量のビタミンD製剤による体の慢性中毒の場合、種々の構造および器官(血管、軟部組織、肺実質)において石灰化を生じる傾向があるが、慢性腎不全を引き起こす可能性があるため、腎臓の石灰化によって最大の危険が想定される。 興味深いことに、慢性の高ビタミン症の場合、Dカルシウムは骨組織から洗い流され、X線検査中に確認され、同時に軟骨周囲軟部組織に蓄積し、変形性関節症および滑液包炎の徴候を引き起こす。

高齢者では、高ビタミンDは、心臓活動の不整脈障害、皮膚および粘膜の全身性黄疸、四肢の筋肉の衰弱および振戦、ならびに様々な局在の関節痛と組み合わせて、様々な形態の心筋症の発症を促進する。 D群に高ビタミン症の徴候がある場合、骨構造の発達における異常のリスクは、妊婦において劇的に増加する。

高ビタミンE

ビタミンEは体内で十分に迅速に蓄積し、分解することが困難であるため、医薬濃縮物の過度の使用は必然的にその過剰内容の発生を招く。

高ビタミンEは非特異的な臨床症状によって現れますので、この薬剤の剤形の長期使用に関する情報が入手可能な場合にのみ診断が可能です。 このような状況の患者は、頭痛、障害、 下痢に関係している可能性があります。 さらに、ビタミンEは腸内の他の脂溶性ビタミンの吸収を混乱させるので、ビタミンAおよびD欠乏症の発症を引き起こす。

高ビタミンC

このビタミンの有益な性質について誰もが知っていて、その合成類似体を摂取することを躊躇せず、薬物の投与量を制御しないので、C群の高ビタミン症はおそらくこの病理の最も一般的な形態である。

高ビタミンCの出現は、体内のビタミンCの過剰な含有が腎実質および胆嚢におけるシュウ酸塩の蓄積および沈着を引き起こすので、腎結石形成の素因に苦しむ人々の健康に特に好ましくない影響を及ぼす。 さらに、成人カテゴリーの患者における高ビタミンC症候群の症状は、視力、不眠症、月経困難症、ホルモン障害の進行性悪化である。

高ビタミンB

グループBのビタミンの高ビタミン症は、多くの場合、すべてのタイプの典型的な臨床症状は、皮膚の一般的な充血および過敏症の形態で現れ、限定された局在化なしの強度の様々な頭痛、睡眠障害の発生、 。

高ビタミンB12

ビタミンB12の過ビタミン症は、悪性貧血の治療のために経口または非経口剤形をとる高齢者において最も頻繁に観察される。

これらの薬物の過剰摂取の徴候は、 蕁麻疹からアナフィラキシーショック 、うっ血性心不全および肺水腫の現象の様々な重症度のアレルギー反応である

高ビタミンB6

ビタミンB6の高ビタミン症は非常にまれであり、その発達は1000倍を超えるべきである。 体内の過剰なビタミンB6の主な徴候は、進行性多発神経障害(下肢および上肢の血管 - 神経束に沿った痛みおよび感覚異常、すべての感受性の侵害)の症状の出現である。 投薬を止めた後のこれらの症状の平準化は2ヶ月間しかない。

高ビタミンB2

B2群の高ビタミン症は、口の隅や心筋症で肝機能不全、光恐怖症の徴候が現れることが最も多い。

高ビタミンB群

高ビタミンB群の特定の症状は、既存の有機病理学を伴わずにいつでも発生する腓腹筋の強直性痙攣である。

高ビタミンC症

原則として、PPビタミン群の過ビタミン症は、急性経過および臨床症状の強度の急激な上昇を特徴とする。 この状況の患者は、食べることに関連していない急性悪心および下痢を訴える。 患者の目視検査で発赤が皮膚の赤味を帯びている場合、その発生は皮下毛細血管網の急激な拡大によるものである。

既存のPP高ビタミン症の症例の90%において影響を受ける標的臓器は、細い腸管であるため、このビタミン群の過剰な含有量を有​​する患者は、重篤な経過を伴って不全兆候を発症する傾向がある。

小児における高脂血症

子供のカテゴリーの患者では、ホルモンおよび酵素反応が小児では不完全であり、中毒症候群が根底にある疾患の経過を悪化させるため、いずれの型の高ビタミン症も成人よりも重症である。 小児における高ビタミン症の特異性は、その発生の誘発が、これを含有する合成薬物またはそのビタミンの使用だけでなく、高含量の食品の過度の使用でもあり得ることである。 この点で、子供の栄養バランスと最初の補完食品としての製品の導入に注意を払う必要があります。

小児におけるA群の高ビタミン症は極めて重篤な形態で起こり、臨床症状はほとんどすべての臓器および系の敗血症の症状である。 子供の体内に過剰なビタミンAが含まれていると、側頭部の鋭い激しい頭痛、目の前の二重の視力、食欲の完全な欠如、鼻の粘膜の乾燥、口腔および結膜の変化が観察される。 高ビタミンA型に罹患した子供は、非常に過敏で、泣き、眠いです。 先天性高ビタミンA症の徴候は、妊娠中の母親による合成カロチンの使用の結果であり、心臓、頭蓋骨および胸腺の顔面部分の重度の先天性奇形になる可能性がある。

ビタミンDの飽和飽和用量で長時間使用された予防的用量の代わりに健常な完全な子供がいる状況では、小児練習における過ビタミンDが非常に頻繁に起こる。この場合の中毒の兆候は、食べ物に対する嫌悪感や持続的な嘔吐の現れ、下痢、渇きの一定の感覚。 中毒を継続する場合、子供は体の一般的な脱水を起こし、重大な体重減少、 高血圧 、身体発達の遅れ、興奮をもたらす。 このタイプの重篤な過敏症は、呼吸器および血行力学的障害、様々な深さの意識の侵害、痙攣的な即応性の亢進、急性腎不全の徴候を伴う。 高ビタミンDの検査室での確認Dは尿中の多量のカルシウムとリンの排泄です。

ビタミンKを大量に使用することは、体内の赤血球が大量に破壊されるため、子供にとって非常に困難であり、短時間で致命的な結果が生じる。

子供の体内のビタミンBの過剰な含有量は、しばしば様々な重症度および持続期間のアレルギー反応の発症を引き起こす。 このグループのビタミンは抗結核薬の抗菌効果を中和することができることを念頭に置いておくべきであり、したがってこれらのグループの合成類似体は、これまたは結核の過程に苦しんでいる患者に慎重に処方されるべきである。

高ビタミン剤の治療

あらゆるタイプの高ビタミン症の治療の初期段階は、その発生原因を排除し、薬物の排泄を促進することである。 いくつかの場合、十分な手段は、薬物の回収および特定のビタミンの高濃度を含む食品の制限である。 したがって、例えば、高ビタミンA症の場合、ミルク起源の製品、特にバターを食事から除外する必要があります。

高ビタミン剤のすべての臨床徴候を有する患者の治療を開始する前に、合理的な食事を選択し、特定のカテゴリーの製品の使用を制限するために、血漿中のビタミンの特定の群の内容について慎重に実験室分析を行うべきである。

ビタミンDに対する抗毒作用を有するグループA、C、Bの合成ビタミン(ビタミンAを毎日5000IUで、筋肉内に4mgを筋肉内に注射する)と組み合わせて、グルココルチコステロイド薬(筋肉内に4mgのデキサメタゾン)アスコルビン酸を0.05gの一日量で投与)。

高ビタミン症の兆候が現れるのを避けるために、専門家はまず栄養士や胃腸専門医に相談せずに、ビタミン剤を使用しないことをお勧めします。

異なる年齢のカテゴリーの患者における急性高ビタミン症の徴候の出現は、緊急措置およびさらなる治療を行う目的での入院の正当性である。 緊急援助は、解毒措置の使用、重要な構造および器官の機能喪失を回復させ、ミネラル代謝の違反を排除するための措置である。

超高用量のビタミン製剤を一回使用した結果、いずれかのタイプの急性高ビタミン症が発生した場合、プローブ法を用いて胃腸管の上部をすすぐ必要がある。 投薬後に十分な時間が経過し、患者が急性中毒の徴候を示す場合、最初のコロイド溶液(400mlのレオポジキンを静脈内に滴下)を用いて注入療法を施し、次にクリスタロイド(0.9%の等張性塩化ナトリウム溶液を静脈内に2lドリップ)。 小児科では、輸液の必要量は計算方法によって決まります。小児の体重1kgには150mlの溶液が必要であり、その80%は非経口投与でなければならず、残りの量は経口で投与する必要があります(Regidron 10ml /患者の体重1kg)。

患者が一般的な臨床症状に対して神経毒性の兆候を伴う状況では、脱水措置(フロセミドは患者の体重1kgあたり0.5mgの静脈内投与)を使用すべきである。 既存のアシドーシスを排除するための手段として、ベースと酸比のラボラトリーパラメーターを強制的に制御しながら、患者の体重1kg当たり5mlの計算で4%の重炭酸ナトリウムのマスキングと静脈内投与による酸素療法が最も効果的である。

適時かつ緊急の措置が取られていなければ、ビタミン含有薬物による急性中毒の場合を除き、既存の高ビタミン症の兆候を有する患者の予後は通常良好である。 死の発症は、ほとんどの場合、肝臓および心筋に対する急性毒性損傷の発生によるものである。