めまい

головокружение фото めまいは、宇宙での身体の想像上の動きまたは回転の感情、または周囲の空間における身体の誤った定義である。 患者は、まったく異なるやり方で眩暈を説明する:頭を水泳または揺れ、調整障害、頭の中の回転、脚の弱さ、 不安定さ、歩行の不安定さなどがあります。めまいは、80以上の身体的および神経学的疾患の証明された症状です。 さらに、この状態は、心血管疾患、血液疾患、精神疾患および耳および眼の病状において観察され得る。 めまいは、人の生活の質を著しく低下させる非常に不快な主観的症状です

めまいの原因

平衡を維持する機能は、表面感覚、固有受容性、前庭および視覚情報に直接依存し、前庭装置と呼ばれる非常に複雑な独自の機構によって提供される。 入ってくる感覚情報は全て、中枢神経系で処理され、錐体外路系、網状構造、小脳、および大脳皮質の活動によってモデル化される。 同時に、前庭受容器は頭の位置を制御し、重力の変化を決定し、角度および線形加速度を変化させ、このすべての蓄積された情報を脳処理電気インパルスに変換する。

前庭装置は、側頭骨のピラミッド(ストーン部分)に位置し、その構造は3つの腔(前骨のカタツムリ、球形および楕円形の嚢、前庭の後房、3つの半円形骨の管)を含むように見える。 血液前庭装置には、基底および前大脳動脈、内耳動脈の枝が供給される。 病理が存在しない場合、前庭活動は潜在意識レベルで起こり、感覚的影響のパターンの変化を明瞭に認識する。 頭を動かしたり、曲げたり、動かしたりするときの目の位置について、走ったり歩いたりするときのバランスを保つことを考えている人はいません。 彼にとってこのすべてが即座に前庭器具を作る。 この複雑な機構における調節、発生または統合の機能不全の場合、不均衡、めまい、おそらく吐き気および嘔吐が存在する。

現時点では、めまいは一過性であり、重要ではないか、または人の重篤な病理学的変化または障害

めまいの原因は 、内側縦靭帯、脳の皮質、体と首の筋肉、眼筋の核、および内耳の前庭部分の病理学的変化を伴う、胴体内の小脳を伴う前庭核との接続の損傷である。

非全身性および全身性の(真の)めまいを割り当てる

– ощущение неустойчивости и чувство нестабильности окружающего пространства. 一貫性のないめまいは、不安定であり、周囲の空間で不安定であるという感覚です。 このタイプのめまいは、小脳や情緒障害、視覚的アナライザーの損傷、前閉塞状態

– иллюзия движения окружающих предметов или непосредственно самого тела человека в окружающем пространстве. 全身の(真の)めまいは、周囲の物体の動きの錯覚、または周囲の空間における人体自体の錯覚である。 全身のめまいには、不安、発汗の増加、皮膚の白化、悪心および嘔吐が伴う。 真の形態は、前庭アナライザのある領域の刺激に関連し、中枢および末梢のめまい(めまい)に対する損傷の程度に応じて細分される。 真のめまいの発症の最も一般的な理由:様々な中毒、バランスと聴覚の器官の変性と炎症のプロセス; 内耳、脳への血液供給を妨げた。

世界の神経学的練習では、めまいは様々な感情障害、頚椎の病理学および脳血管疾患

. 感情障害 。 , различные невротические расстройства, простое переутомление и недомогание могут имитировать практически любую симптоматику болезней тела. うつ病 、様々な神経性疾患、軽度の過労および倦怠感は、事実上、身体疾患の任意の症候を模倣することができる。 場合によっては、めまい、耳の鳴り/鳴り、頭の騒音だけです。 これらの病気では、めまいには顕著な疲労、あなたの貧しい健康、睡眠および食欲障害に対する注意の継続的固定、涙と気分の悪化との不安の増大

. 頸椎の​​病理 。 血液供給の不足で、前庭系はかなり急激に反応する。 脳の前庭の中心および内耳は、頚椎の狭い管を通る椎骨動脈系からの血液を供給する。 , травма или нестабильность шейных позвонков зачастую приводят к сдавливанию этих артерий, что ведет к дефициту кровотока и соответственно головокружению. 骨軟骨症 、頸椎の外傷または不安定性は、しばしば、これらの動脈の圧迫をもたらし、血流の不足およびそれに伴うめまいを招く。 これらの疾患の主な症状は、頭が傾いて旋回するときに激しくなる震えやめまいです。 目の中の暗闇での視力の低下、波紋や「飛ぶ」。 腰部および頸部の不快感および緊張。 過敏性および疲労; 吐き気、時には嘔吐を伴い、血圧が上昇する

. 脳の血管病変 。 これらの病状では、動脈のアテローム性動脈硬化病変の結果として、または高血圧性疾患のためにめまいが生じることがある。 動脈圧が長引くと、脳の小さな動脈が損傷し、非弾性で狭くなります。 このような変化の結果として、酸素(動脈)血液が豊富な人の脳への流入が減少し、めまい、耳/頭の鳴り/鳴りが生じる。 характеризуется отложением на внутренних стенках артерий выпуклостей – бляшек, которые постепенно перекрывают ток крови. アテローム性動脈硬化症は 、血液の流れを徐々に遮断する隆起プラークの動脈の内壁に堆積することを特徴とする。 最も危険なのは、脳の動脈におけるそのようなプラークの形成である。 脳循環の場合、めまいはときには最初の唯一の苦情です

めまいは以下の病気や過程で起こります:

, сифилис височной кости - 伝染病 、側頭骨の梅毒

- 耳の病気:耳炎(中耳の慢性または急性の炎症)、真皮芽腫、耳硬化症、聴神経の神経鞘腫など

- 脳血管疾患

- 脳神経外傷、側頭骨の外傷

- 小脳の病気:腫瘍、変性

- 神経系の病気:パーキンソン病、結節性狼瘡、多発性硬化症

- 頚椎、パジェット病の病気

- 各種中毒:薬物、水銀、薬物、工業用溶媒、アルコール

, анемии, злокачественные опухоли , метаболические нарушения, язвенная болезнь - 体性疾患:アテローム性動脈硬化症、高血圧、脳卒中、リウマチ、 虚血性心疾患 、貧血、 悪性腫瘍 、代謝異常、 消化性潰瘍

- 精神病

めまいの診断

病的状態およびめまいを伴う障害のリストは本当に巨大であるので、前庭疾患の正確な原因を決定するために、包括的な検査が必要とされる。 まず第一に、患者は神経科医および耳鼻咽喉科医の診察を受けている。 必要に応じて、セラピスト、心臓病専門医、血管外科医、感染症専門医、眼科医などが含まれる。 神経学者は、特定の神経学的症状の外部検査に加えて、しばしば側頭骨のX線、頸椎、主血管のドプラグラフィ、CTおよびMRIを割り当てる。 耳鼻科医は、聴覚および前庭装置を直接検査する。 検査室の診断は純粋に個体であり、検出された体性疾患に基づいて割り当てられる。 めまいは非常に多数の疾患の付随症状であり、包括的な検査の後でさえ非常に頻繁にその原因は明らかではない

めまい - 治療

めまいの治療は、主に疾患の根底にある原因に左右され、その診断後にのみ、治療戦略の適切な選択である。 進行している体性疾患の背景にうっ血が発生した場合は、まずそれを治療する必要があります。 抗ヒスタミン剤(Diprazin、Cinnarizine)、フェノバルビタール、Metherazine、Torekan、Diazepines、ベロイド、血管拡張薬(ニコチン酸、Tionikol)、利尿薬が処方されています。 付随するめまいの嘔吐がある場合には、EleniumまたはSeduxenを注射するように命じる。 長期間の重度のめまいの場合には、神経遮断薬(ハロペリドール)の投与が指示される。 血液循環を改善するために、以下のような血管薬の受容:Memoplant、Cavinton、Sermion

このトピックの他の記事:

1. めまい 2. 注意欠陥障害