温度のないインフルエンザ

温度のないインフルエンザは、比較的まれではあるが、急性ウイルス性疾患のむしろ典型的な形態であり、その臨床症状の強度は大きく異なる可能性がある。 増加のないインフルエンザ 温度はまた、気道の上部が主に影響を受ける感染性プロフィールのウイルス病理のカテゴリーに属する。

発熱や発症のないインフルエンザは、この病気の形態を除いていますか? この質問は、大部分の成人にとって興味深いものであり、特にこの病理の流行過程である。 感染性プロフィールの専門家の中には、高温のないインフルエンザはまれな病理学に分類され、重篤な病歴のある人にしか見られないという意見があります。

身体の痛み、耐え難い頭痛、喉の痛み、激しい熱、息切れなどの症状が現れた場合、医師は直ちに「 インフルエンザ 」と診断します。 発熱のない鼻水は、 風邪とみなすことができます。

子供や大人の体温がないインフルエンザには、不適切な治療や複雑なコースを開発するリスクがあるという、隠れた危険が伴います。

インフルエンザは、発熱のない咳が臨床症状の軽快な増加と共に、軽度および極度の重度の臨床形態の両方で起こり得る。 このようなインフルエンザの臨床像は、「インフルエンザ」の診断を早期に検証することを困難にしている。 温度のない鼻水は、経験豊富な専門家によってさえ欺まれ、患者の健康に悪影響を与える長期的な結果の進行を伴います。

気温のないインフルエンザウイルスが人口の大部分に影響を及ぼし、ウイルスキャリアの本体にも入るこの病気の発症にとって最も好都合な時期は、春と秋の早い時期です。 発熱のないインフルエンザは、医療教育を受けていない人にとっては、他の形の急性呼吸器ウイルス感染と区別するのが難しい。

患者が発熱を伴わないインフルエンザに罹っている状況では、実験室検査(特定の抗ウイルス抗体の含有量に関する血清の分析)の使用は、問題の診断に役立ちます。

ほとんどの状況で、発熱のないインフルエンザの成人は、その状態に重大ではなく、治療計画に従わない。 気温のないインフルエンザでは、伝統的な病気の場合と同様に、3日間までの短い潜伏期間の開発が典型的であり、インフルエンザの流行の傾向を説明しています。 鼻炎、喉の痛み、インフルエンザ、発熱なしの咳を有する患者は、組織化されたグループを訪れ続け、感染の主な原因となる。

熱がなくてもインフルエンザができますか?

多くの人々は、温度がないインフルエンザの状況を問わず、問題について心配しています。 このような非定型インフルエンザの優勢な大部分は、ヒトの免疫装置の作業が中断されたときに観察されるので、身体が病原体が発熱反応の形態で体内に侵入するのに十分な免疫応答を提供することができない。

場合によっては、温度のないインフルエンザウイルスには非定型的な臨床症状が伴い、経験豊富な医師でさえ追加の検査方法なしで確実に診断を確認することができない場合があります。 インフルエンザに関する人々や警察官の警告は、ウイルスの流行にも見られます。軽度の病気でさえ患者の不安を引き起こし、アドバイスのために医療機関に連絡する理由です。 インフルエンザの非定型ではない時に同じ臨床症状が現れた場合、患者が真剣に受け止めないので、この患者は感染源として働くことができます。

温度のない軽度のインフルエンザの状況では、デビューとその臨床像の終わりに気付かず、回復の期間が終わり、結果の欠如で終わります。 免疫装置の機能が不十分な人で温度のないインフルエンザが発症した場合、患者のための適切な治療レジメンがないことによって引き起こされる、人体の健康状態に重大な不可逆的影響が生じることがあります。

温度のないインフルエンザの病態形態変化は、主に気道の近位部に局在し、臨床症状の強度は病原体の特異性および病原性に直接依存する。

ウイルス原因物質が侵入した後、ビリオンの一次増殖は、鼻咽頭の粘膜で起こり、鼻咽頭炎および鼻咽頭炎の症状によって臨床的に現れる。 冷たい季節にヒトに温度のないインフルエンザの発症が観察された場合、病態生理学者は冷たい受容体の刺激による免疫系の機能の生理学的低下によりこの事実を説明する。 この理論が与えられれば、温度のないインフルエンザの発症が顕著な免疫機能障害で可能になる。 発熱のないインフルエンザは、流れの古典的なバージョンと同じように、すなわち感染したエアロゾル液滴の鼻腔および口腔に入ることによって広がる。

発熱のないインフルエンザの症状と徴候

温度のないインフルエンザウイルスの潜伏期間の平均的な長さは、通常最大72時間です。 臨床症状のデビューは、鼻腔および咽頭の後壁に不快な感覚が現れ、それに続いてくしゃみをすることである。 このような咳のような症状は、インフルエンザの鼻炎の頻度が99%に達している間に、発熱のないインフルエンザで60%の症例で起こり、病気の特徴的な兆候である。

この病気の最初の数日間、発熱のないインフルエンザの鼻炎は、鼻の通路からの豊富な量の粘液の放出によって現れ、その後、鼻の呼吸を複雑にする膿性の特徴およびより厚い粘稠度を獲得する。 その後、患者は、乾燥した、非抑制的な、非生産的な咳を心配し始めます。

温度のない合併していないインフルエンザでは、活動的な臨床症状の平均期間は7日を超えず、患者の完全な臨床的および実験室的な回復で終了する。 咳の形の残留現象は、回復後2週間まで持続することができる。

妊娠中に発症する発熱のないインフルエンザは、同様の原則に従い、子供の体温がないインフルエンザは例外であり、非常にまれです。 子供のインフルエンザの温度反応は、子供の体の免疫系の不完全さに起因することが最も多く表されています。 子供のインフルエンザが不可逆的な合併症を伴い、健康障害の持続的な状態に至る可能性があるため、子供の気道の病理学的変化の主要な兆候が出現したことが、親の医療支援のための即時治療の基礎となるべきである。

インフルエンザウイルスの負の影響は、たとえ体温の反応がなくても有害であり、すべての器官および系、特に腎臓に影響します。 温度のないインフルエンザに罹患した人の3%の症例では、せん妄の形態の髄膜症の肯定的な現象、痙攣の準備ができて意識が失われたという肯定的な現象が急激に現れている。 間もなく医学的な解毒療法が与えられると、この病理学的状態は、中枢神経系の構造、すなわち心臓に対して重度の毒性代謝損傷を引き起こす可能性がある。

さらに、温度および温度の影響を受けないインフルエンザには、細菌成分、出血性疾患および循環器系障害の追加が複雑になることがあります。 インフルエンザの臨床経過の古典的なバージョンでは、熱狂的な温度反応が観察されるが、その完全な欠如および熱心な性質は、合併症を起こしやすい非定型経路に関連する。

発熱なしでインフルエンザを治療する方法

インフルエンザに罹患した患者を温度なしで入院させるか、感染入院患者に入院させるか、外来でケアと治療を提供するかの決定は、感染症の医師が行う。 インフルエンザがいつでも重度の毒性を得ることができるので、この非定形の疾患に苦しんでいる子供には入院が必須です。

発熱のないインフルエンザの治療の基本的な要素は、患者が寝たきりのための厳しい勧告を遵守していることと、純水とハーブの煎じ薬の量を増やすことで飲酒方式を増やすことです。

人が温度の低い軽い形態のインフルエンザを抱えている場合でも、妊娠期間の女性および幼児の場合を除き、平均一日用量200 mgのRemantadineコースの形で、好都合な医学的治療法を使用する必要があります。 古典的および異型の変異体の両方で生じるインフルエンザウイルスに対する同様の抗ウイルス活性は、少なくとも5日間150mgの1日用量で経口形態で使用されるオセルタミビルを有する。

温度のないインフルエンザのための特定の抗ウイルス療法の使用は、臨床症状の発症の初日から始めるべきであり、これは診断の遅れた検証のために非常に困難である。 温度のないインフルエンザに対する抗菌剤の使用は、臨床症状の長期経過および細菌成分の付着の場合にのみ正当化される。 温度無しのインフルエンザの発症は、主として免疫装置の機能が弱い人、植物のアダクトゲンの形の免疫刺激薬で観察されるという事実を考慮して、合成製剤は治療の義務的成分でなければならない。 ほとんどの現代の抗ウイルス薬は、免疫刺激効果(Proteflazide、Immunal、Groprinazine)を有しているので、ウイルス粒子の活性を阻害するだけでなく、身体の生命力を刺激する。

温度のない軽度のインフルエンザであっても、薬物療法の必須の要素は、病因論的手段の使用であり、その主なものは薬物を解毒するものである。 生物の一般的な解毒は、Regidronタイプの1リットルまでの1リットルまでの毎日の摂取を意味する経口再水分補給の方法によっても実施することができる(乾燥物質として1パッケージの内容物は200mlの水で希釈し、24時間以内に投与しなければならない)。 口腔水分補給療法は、嘔吐反射の誘発を回避し、脱水の経過を悪化させるために、専ら投与量でなければならない。 小児科では、成人の体温を伴わずにインフルエンザの臨床症状が激しくなるのと同様に、病気の初日には、体液の自然な毎日の損失に基づいて量が決定される、レオポルギユキンの静脈内滴下注入を用いて生物の解毒を行うことが推奨される。

温度のないインフルエンザの重篤な高血圧の経過は、短期のコルチコステロイド療法(プレドニゾロン300mgの毎日の投与)、2mlの筋肉内投与のスルファカムフォカインの10%溶液、およびパナンギン10mlを心血管障害を矯正する目的で静脈内に使用するための基礎である。

インフルエンザの初期段階では、臨床症状が急激に増加する場合、患者の症状を緩和するために症状のある薬剤を使用すべきであるが、これらの薬剤がさらなる病気の進展を妨げるものではないため、補助薬剤としてのみ使用されるべきである。

インフルエンザのどのコースでも、抗浮腫、抗アレルギーおよび抗炎症効果を有する1日1錠のセトリンなどの脱感作剤を処方するために、できるだけ早く処方されるべきである。 インフルエンザの成人における鼻炎の症状を軽減するために、5日以内のNOC噴霧コースなどの血管収縮性鼻腔内滴剤の使用が可能となる。 喉の灌水は、アンギレックスのような消毒剤を使用して1日5回まで可能です。 上記の操作は、高張溶液で鼻腔および咽喉を徹底的に洗浄した後にのみ行うべきである。

発熱のないインフルエンザの咳をするには、コデインを含む薬を使用しないでください。しかし、生産的な咳をする必要があります。 この目的のためには、ネブライザーマスクを通したアルカリ溶液の吸入を用いて、疾患の初日から能動的な理学療法を行う必要がある。 咳が生産性になった後、去痰薬(ACS 100 mgを1日2回)の短期間の使用が認められる。 残存咳は、薬物矯正および最終的に自己平滑化の使用を必要としない。

温度のないインフルエンザの後の回復期には、B群ビタミン(Neurovitan 1カプセルを1日2回)を少なくとも20日間使用して、長期ビタミン療法複合体に患者を割り当てることをお勧めします。

? 温度のないインフルエンザ - どの医者が助ける ? この病理が発症しているか疑わしい場合は、感染症専門医、セラピストなどの医師にすぐにアドバイスを求める必要があります。