コレラ

холера фото コレラは、急性腸内有糸分裂性疾患の形態で進行する感染性起源の病理であり、その発生において、コレラ菌(Vibrio cholerae)種に属する特定の病原体による感染が主要な役割を果たす。

健康な人にコレラを感染させると、通常、糞便経口法によって起こり、非常に薄い腸の崩壊が起こり、水っぽい下痢、不眠症、不快な嘔吐、電解質による体液の急速な喪失、タイムリーな投薬矯正の欠如 - 血液量減少ショックおよび致死結果。

ビブリオコレラは、しばしば非常に迅速に広がり、それによって流行の形で病気の発症を引き起こす。 コレラにおける天然のキメラ特有のものは、アフリカ、ラテンアメリカ、およびアジア諸国に見られます。 コレラの原因は病気の人だけでなく、病原体を長期間排泄することができるビブリオキャリアでもあります。

感染症の症例の世界統計の信頼できる指標によれば、コレラは毎年430万件のコレラを占め、そのうち5%は致命的な結果に終わり、非常に好ましくない指標である。 症例の80%において、コレラ患者は完全に回復し、口腔内再水和法のみを適用するため、この技術は必然的に病気の軽症および重症の両方の治療法の複合体に入る必要があります。

人口が完全に清潔な飲料水と衛生設備を備えていれば、コレラ感染を避けることができます。 追加の予防措置は、普遍的に使用すべき経口コレラワクチンの使用である。

コレラ流行は、この感染病理に典型的であり、数日間の平均である短い潜伏期間のために、雷の速さで発達する。

コレラの病原体

現在知られているコレラの原因物質はビブリオコレラ(Vibrio cholerae)の140血清群であるが、古典的臨床変異体では、血清群O1コレラビブリオが人体に入るとコレラが発生する。 伝染性の人々は、コレラビブリオのこの血清群を、類似の形態学的、文化的、および血清学的特徴を特徴とするビブリオコレラバイオビールコレラおよびビブリオコレラバイオビールエルトールに分けることが一般的である。

ビブリオ・コレラ(Vibrio cholera)は、鞭毛を有する短い湾曲可動ロッドを表す。 コレラの原因物質はグラム陰性嫌気性菌であり、アニリン染料でよく着色されており、胞子およびカプセルを形成することができず、温度反応が10〜40℃に維持されればアルカリ性培地でよく生育する。

1992年のインドのコレラ流行はVibrio cholerae non-01によって誘発された。これは高い死亡率を特徴とする下痢の異なる強度を引き起こす。

コレラ感染の門の役割では、消化管上部が機能します。 口腔に入るコレラ・ビブリオ(cholera vibrios)の一部は、塩酸の影響下で胃腔内で殺される。 コレラの臨床像は、病原体が小腸の内腔に浸透し、生命活動の兆候だけでなく、活発に増殖して外毒素を放出する能力を保持する場合にのみ発症する。 コレラ(コレラの供給源)を有する患者は、巨大なコレラビブリオが存在する場合に、この病状の病理訴状を提示し始める。

典型的なコレラ症候群の発症は、コレラの原因物質がタンパク質エンテロトキシンおよびノイラミニダーゼを放出する能力に起因する。

コレラビブリオのノイラミニダーゼの主な機能は、アセチルノイラミン酸の酸残基の切断およびコレラジェンの作用を増強するガングリオシドからの特異的受容体の形成である。 コレラジェンと特異的受容体からなる形成された複合体は、アデノシン一リン酸の産生を増加させるアデニレートシクラーゼの活性化因子となる。 アデノシンモノホスフェートの主な機能は、細胞内容物から小腸の内腔への水および電解質の分泌の調節である。 このメカニズムの活性化の結果は、大腸に完全には吸収されない小腸の粘膜による大量の等張液の豊富な分泌である。 臨床的に、これらの病態生理学的変化は大量の下痢によって現れる。

注目すべき事実は、様々な形態のコレラが、小腸の上皮細胞における総体的な病態形態変化の発症を決して引き起こさないことである。 さらに、コレラの組織学的および実験的研究は、いかなる状況下でも、リンパおよび血液中のコレラ毒素の存在を検出することを可能にしなかった。 現在まで、感染症および病態学者は、小腸を除いて、コレラ毒素の内臓器官に対する病理学的効果に関するデータを受けていない。

小腸で活発に分泌される液体は、最小量のタンパク質と、ナトリウム、カリウム、重炭酸塩および塩化物の形態の様々な電解質の大きな濃度を含む。 分泌される液体の量は、毎時少なくとも1リットルである。 そのような変化の結果は、循環血液中の血漿含有量の有意な減少であり、それに伴って間質から血管内空間への流体の移動が伴う。 下痢による体液の継続的な損失は、脱水ショックおよび腎不全の発症を引き起こす、付随する微小循環障害を伴う血行動態障害を引き起こす。

循環血液の血漿では、重炭酸塩の含量は糞便の数倍である。 さらに、糞便中にカリウムの過剰蓄積が認められる。 上記の電解質障害は、能動的注入療法の実施によって非常に効果的に停止される。 注入療法がコレラで十分に使用されていない場合、患者は急速に発達し、急性腎不全および付随する低カリウム血症を進行させ、腸の萎縮、 動脈低血圧の発生および心臓活動のリズムの侵害を引き起こす。 腎臓の尿中排泄の結果として、悪性貧血が発症し、その負の効果は、主に中枢神経系の構造にあり、様々な程度の意識障害の発生の形にある。

コレラの症状と徴候

コレラ(Cholera)は、潜伏期間が短く、その持続時間が1日を超えない感染病理を指す。 臨床的な形態のコレラは、主に臨床症状の強度が異なり、脱水の程度によって評価される消去型、軽度、中程度、重度および複雑な変異体で現れる。 VIポクロフスキーはいくつかの程度の脱水を特定したが、そのうちの所定の因子は疾患中に失われた体重の割合である。 幸いにも、コレラ症例の60%において、第1度の脱水症状の発症が観察され、これは急速に経口補水療法によって中止されます。 コレラにおける極度の脱水症状は、症例の10%でしか観察されず、集中治療室における患者の入院の指標となる。

消去されたコレラ型のコレラは、患者の状態に顕著な外乱を引き起こさない単一の液体便によって発現され、また、何もない条件下では、体の脱水によって現れる。 ごくまれに、この形態は急性発症し、突然の排便を促す痛みや痛みのない糞便の逃避によって明らかになる。 糞便の排泄は容易に起こり、その頻度が増加し、さらに、「米汁」のような特定の特徴を有する排泄量が増加する。すなわち、それらは明瞭な色および臭い、半透明の一貫性を有さない。 能動的な臨床期間にコレラを有する患者は、排便の加速された行為に加えて、ペレンプンプ領域における鈍い感覚および不快感を示す。 軽度のコレラによる排便の頻度は1日3〜5回であり、臨床症状の平均持続時間は2日を超えない。

中程度の形態のコレラは、外観が糞便と同様の塊を放出して不眠症の嘔吐の形で臨床症状が進行することによって明らかになる。 コレラの嘔吐は吐き気を伴わないが、喉の渇き、舌の表面の乾燥、皮膚および粘膜の蒼白、皮膚の膨隆の低下および尿の排泄の急激な減少によって明らかにされる膀胱炎の進行を引き起こす。 排便行為の件数は1日に10回に達し、その後の各行動には排泄物量の増加が伴う。 中程度の重症度のコレラにおける膀胱外陰症状の追加的な症状は、骨格筋の痙攣的な即応性であり、持続性アクロシア症およびho声ではない。 その後、患者は中程度の頻脈、低血圧、乏尿、低カリウム血症の徴候を示し、その持続期間は平均して5日間である。

重度のコレラは非常に豊富な便および複数回の嘔吐によって引き起こされる排膿の激しい症状によって現れ、その間に1.5リットルまでのエピソードが放出される。 この形態のコレラの頻繁な症状は、骨格筋系統の痛みを伴う筋痙攣および強直性疼痛の出現となる。 深刻な排泄物の声は荒く弱くなります。 皮膚のひずみは急激に減少し、これは皮膚のひだの延長された膨張によって明らかになる。そして、手足の皮膚は顕著なしわの存在により変形する。 コレラを患っている人は、眠っている目、唇と耳介のチアノーゼの形で病的特徴を取ります。

客観的な知覚的な特徴は、びっくり、腸管を通した輸液の増加、腹腔内の流体の跳ね返り、および腹部の触診の存在である。 コレラに対する肝脾腫は特徴的ではない。

重度のコレラ、呼吸器疾患、増加する頻脈 、心音の難聴、動脈の低血圧で脱水の長期コースでは、表示されます。 重篤なコレラでさえ、発熱の形の中毒症状は観察されない。

非常に重度のコレラは、大量の連続排便および多量の嘔吐、体温の急激な漸進的低下、呼吸器障害、無尿症および血液量減少ショックの形で臨床症状の軽快な増加を伴う。 適時に脱水を矯正しなければ、コレラ患者は胃と小腸の麻痺の兆候を呈し、「腸の水」が自由に流れる痙攣的なしゃっくりと詰まった肛門が現れる。 再水和療法の開始には、下痢および嘔吐の出現が伴う。

非常に重度のコレラ病は、眠気、腹部、さらには昏睡状態の形態での様々な程度の意識障害において、Biotの病理学的呼吸様式の出現の形で現れる。 この状況におけるコレラの客観的な徴候は、 全身のチアノーゼ 、「眼の周囲の暗い眼鏡」の出現、眼球の西洋化、声の欠如である。 皮膚は寒くて手触りが悪くなり、患者は一般的な痙攣症候群の発症のために、「レスラー」姿勢でベッドに強制的に姿勢をとる。 直腸腹筋の痙攣性収縮に伴う顕著な痛みのために、腹腔の触診が不可能になる。

高温期のコレラ流行は、しばしば重篤な臨床的形態の疾患の進行を伴う。

コレラは、中枢神経系の構造に副交感神経、間代性痙攣、痙攣、および昏睡状態の二次的な損傷の徴候があるため、幼児において最も重篤に生じる。 コレラを患う子供を治療することの困難さは、脱水の初期程度を決定することにある。 小児のコレラの臨床症状は多様性と強度が異なり、低カリウム血症によるてんかん発作の発症傾向である体温上昇の形で現れる。 小児におけるコレラの活動的な臨床像の平均期間は10日間であり、回復の予測は肥満症の緩和の適時性に直接依存する。 コレラにおける死の発症の一般的な原因は、 血液量減少ショックおよび代謝性アシドーシスなどの病的状態であるため。

腸内出血、回腸壁の穿孔、盲腸、膿性腹膜炎などの合併症を発症する危険性が高まるため、チフラパシー病に罹患した患者に生じるコレラは非常に困難である。

コレラの診断

コレラの流行の活発な期間中、また患者が病理学的な臨床症状を有する場合、「コレラ」の診断の検証は、広いプロファイルの医師にとってさえ困難ではない。 コレラの初回確立の場合、診断は細菌学的検査データによって支持されなければならない。 ヒトにおける臨床症状の検出は、コレラ様症状複合体と同様に、入院および特定の検査室診断の使用の基礎である。

コレラの基礎研究では、病原体の同定を可能にする細菌学的方法の使用が必要である。 この感染性疾患の血清学的検査室診断は、その長期間の実施のために患者の追加検査として使用することができる。

コレラの細菌学的診断を実施するための材料の役割において、患者の腸内容物および嘔吐塊が使用され、サンプリング後3時間以内に専門実験室に送達されるべきである。 生体材料を保存するための保存剤として、保存料はアルカリ性ペプトン水の形態で使用される。 生物学的物質の収集は、個々の消毒された血管で実施されるべきである。 10mlの量の練習馬は、栓で密閉された滅菌試験管に集められる。 各サンプルにはマークを付け、名前と姓の形で患者に関する関連情報、サンプルの名前、キャプチャの場所と時間を記入する必要があります。

専門研究室の条件では、専門家が栄養培地上の材料を播種し、12〜36時間後に特定の叢の生育の有無に関する情報を得ることが可能である。 コレラのための明示的な方法として、免疫蛍光、固定化、微小凝集、RNGAなどの実験方法の使用が認められている。

コレラの臨床徴候を有する患者の初期検査では、サルモネラ症、急性赤痢、急性非特異性胃腸炎、ブドウ球菌食中毒、ロタウイルス胃腸炎を含む類似の症状を伴う他の感染性および非感染性病変を除外すべきである。

コレラの治療

コレラで使用されるすべての治療法は、循環血液の量および組織の電解質成分を回復させること、ならびに病原体を阻害することを目的とすべきである。

コレラのための病因論的療法は、臨床症状発現の最初の時間から開始し、等張性ポリイオン溶液の使用による非経口注入療法による能動的再水和の実施にある。 一次再水和とは、薬物療法の開始前に失われた体液および塩の補充を意味し、矯正代償復水は、体液および塩分の喪失の是正を意味する。

医療復水は、特にコレラ流の重度の形態に苦しむ患者が必要とする蘇生治療手段として、感染症の専門家によって考慮されている。 輸液療法用ポリイオン溶液としては、種々の電解質の含水量が異なるトリソリ、クァタソル、エチェリ、クロソリ、ラクトソリが好ましい。 これらのポリイオン溶液のいずれも、38℃に予熱した後、静脈内投与される。 コレラの膀胱外傷の程度が異なる場合、溶液の推奨投与量は大きく変わる可能性があります。 したがって、第2度の脱水では、溶液は毎分40〜48mlを超えない速度で投与されることが推奨され、この疾患の重篤な経過は薬物の投与速度を数回増加させるための基礎である。 再水和の必要量は、初期の流体損失を決定することによって計算することができる。

使用される注入療法の有効性の指標は、血行動態パラメータの正常化、呼吸障害の排除および声の回復である。 Trisoliの長期投与が代謝性アルカローシスおよび高カリウム血症の発症を引き起こす可能性があることを覚えておく必要があります。 コレラ患者の電解質障害を排除するために、1日3回、カリウムオロテート1-2錠剤を連続的に処方することが推奨される。

コレラ流が寒冷の形で発熱反応を伴う状況では、体温の上昇、1mlの容量のジフェンヒドラミンの1%溶液をポリイオン溶液に加えるべきであり、ポジティブな効果がない場合、30mgの1日用量のプレドニゾロンの単回投与が使用されるべきである。 コレラの治療における最も一般的な間違いは、これらの薬物が電解質の損失を埋め合わせることはないので、再水和療法の実施におけるコロイド溶液の選定である。

2歳未満の子供を再水和するには、病気の最初の6時間に必要な体液の総量の40%で、点滴を行い、経鼻胃管を通じた経口再水和を行うべきである。 コレラにおける水 - 塩療法の終了の表示は、形成された糞塊の出現、正常な利尿の回復、および嘔吐の不在である。

コレラのための抗生物質療法は二次的ですが、抗生物質の早期使用は活発な臨床像の持続時間を短くし、ビブリオから患者の体の浄化を促進する可能性があります。 コレラのために選択される薬物は、1.5gの1日用量のテトラサイクリンまたは5日間の300mgの用量のドキシサイクリンである。 小児科のプラクティスでは、コレラでトリメトプリム - スルホメトキサゾールを体重1kg当たり5mgの1日量を2回に分けて使用します。 近年、コレラに罹患した患者の治療において、Ofloxacinの感染症が広く使用されており、有効量は1日当たり400mgであり、5日間である。

コレラの治療の特別な食事療法は使用されていませんが、回復期には、この病気にかかったすべての食品は、カリウム塩(乾燥したアプリコット、トマト、ジャガイモ)の濃度を高めた食品を消費することが示されています。

コレラの予防

コレラで使用されるすべての予防措置は、公的規制に従って実施されるべきである。 効果的な抗コレラ予防のためには、施設と対応する材料と技術基盤を配備するだけでなく、医師のための特別な訓練を行う必要があります。 衛生的かつ衛生的な予防措置は、飲料水源の保護、水質汚水の除去と消毒、人口の水供給に対する衛生的かつ衛生的な管理の実施に向けられるべきである。

コレラの普及のための条件が作成された状況では、医療従事者の努力はすべて、入院を伴う急性胃腸疾患患者の同定とそれに続くコレラの1回の検査に向けられるべきである。 コレラで流行している危険な病巣から来るすべての人々は、5日間の観察と、コレラの病原体の存在についての糞便の単一の検査分析を受けるべきである。

コレラ流行を局在化させるための主な抗疫病予防措置は、制限的な措置と検疫の使用、患者とビブリオキャリアと接触する人の特定と隔離、完全、現在および最終の消毒における患者の治療である。

コレラに罹患しているか、またはビブリオ病を患っているすべての人々はフォローアップの対象となり、集団発生を予防するための予防措置は、コレラの発生後1年を通して適用されるべきである。

コレラワクチンとコレラトキソイドを使用して、コレラの特定の予防が行われます。コレラワクチンは、流行の徴候にのみ使用されます。 コレラワクチンは8-10ビブリオを含有し、1mlの容量で皮下投与され、1.5mlの容量で10日後に反復投与が行われる。 小児科で使用されるコレラワクチンの投与量は、0.7mlおよび1mlである。 Cholerogenトキソイドは毎年流行の流行に使用されるべきである。 再ワクチン接種は、初回ワクチン接種の3ヶ月後に、成人の場合は0.5ml、小児の場合は0.1mlの用量で皮下注射によって流行表示の存在下でのみ行われる。

? コレラ - どの医者が助ける ? コレラの発症または疑いがある場合は、感染症の専門医であるセラピストなどの医師にすぐにアドバイスを求める必要があります。