胆嚢のコレステロール

холестероз желчного пузыря фото 胆嚢の胆汁うっ滞は、胆嚢の内壁の表面上にコレステリック層が過剰に堆積することによって引き起こされる卵円萎縮型の病理学的変化である。 コレステロール胆嚢が発生 任意の年齢であるが、主なリスクグループは、中年の肥満患者である。 医学診断分野における技術の発達にもかかわらず、この病理学的状態は患者の通常の検査ではほとんど確立されないが、胆嚢摘出術後の胆嚢の剖検および組織学的分析により、胆嚢壁のコレステロールが50%の症例で観察される。

胆嚢のコレステロールの原因

胆嚢コレステロールの信頼できる原因は確立されていないが、この病理は脂質代謝の侵害の結果であることは明らかである。 したがって、体内の脂質の合成および崩壊のプロセスにおける不均衡を伴う任意の疾患は、必然的に、胆嚢のコレステロール徴候の出現を引き起こす。

コレステロールの発生を予測する要因には、甲状腺機能低下症を伴う甲状腺の内分泌病理、脂肪代謝産物の肝組織における過度の蓄積を伴う脂肪性肝炎、胆嚢管腔内に多数のコレステロールコンクリートが存在することが含まれる。

胃腸病学および外科の分野で行われた最新の無作為化研究は、抗菌薬および重度の免疫障害の影響下で、コレステロールの発症および腸管腔内の細菌増殖の増加の徴候の存在の相関依存性を証明した。

腹部肥満の徴候を有する人は、この病気が胆嚢を含むすべての構造および組織において脂肪代謝産物の過剰な蓄積を伴う全身代謝障害を引き起こすので、コレステロールの発生が起こりやすい。

コレステロールの細胞内輸送がこの病気の病因においてより重要な役割を果たすので、正常な脂質造影では、患者は胆嚢コレステロールを発症しないと考えるべきではない。 正常な状態では、胆嚢の内壁の表面に吸収された非エステル化コレステロールが少量存在します。 コレステロールの僅かな部分が胆嚢の漿液層に浸透し、残りは胆汁に戻る。 胆嚢から過剰のコレステロールを除去するプロセスの中断は、血管壁へのプロゲステロンの緩和効果、ならびにリンパ管の病理学的変化によって引き起こされ得る。 胆嚢の排気機能の状態は脂質の輸送に大きな影響を及ぼし、膀胱の壁に直接位置する神経叢の障害によって弱めることができる。

胆嚢のコレステロールの症状

胆嚢コレステロールの臨床像は、通常、患者が自分の健康状態に全く変化を感じない緩徐進行性の経過および長い潜伏期を有する。 この病理は、胆嚢の胆汁うっ滞が胃腸管の器官の他の病理と区別する特定の徴候を有していないので、既存の臨床症状複合体のみに基づいて確立されることはほとんどない。

胆嚢コレステロール症の患者は、腹部の右上腹部の投影に局在する痛み症候群の頻発の症状を訴え、その外観は食生活の侵害によって誘発される。 夕方にこの局在の痛みが発生すると、代謝性ジストロフィー胆嚢疾患患者の存在を疑うことができます。

このカテゴリーの患者では、消化器疾患のカテゴリー(脂肪性食物の摂取と明確に関連する嘔気、午前中の胸焼け、交互性下痢および便秘の形態の腸内活動の障害)に関連する症状の出現は、このカテゴリーの患者にとって非常に典型的である。 上記の症状はすべて永続的なものであり、中等度の重症度を有するため、患者はめったに医学的助けを求めることはありません。

胆嚢コレステロールが炎症性変化およびコレステロール結石の形成によって複雑になる状況では、患者の状態および典型的な胆汁疝痛の徴候の顕著な悪化がある。 結石性胆嚢炎の発症のデビューは、明確な局在化がなく、近くの解剖学的領域への照射、患者の状態の緩和で終わらない嘔吐の繰り返し、下痢および発熱の頻繁なエピソードを伴う便の急激な弛緩中毒症候群の付随する徴候を伴うヘキスト型。

胆嚢コレステロールがコンクリーションの形成を伴わない状況では、患者は長い期間を有し、顕著な臨床症状はなく、膀胱炎のコレステロールでは、胆嚢の避難機能の崩壊の兆候が現れる。 この病態の特別な形態学的形態は、「ポリポーシスコレステロール」であり、その検出は診断プロファイルの専門家の多くであると考えられているが、ポリープのサイズが著しく増加すると、胆道疾患の特徴である急速な臨床症状が現れる。

胆嚢コレステロールの治療

長期間にわたり、胆嚢のコレステロールは胆嚢摘出術の使用の絶対的指標と考えられていたが、現時点では正確な器具撮像法により、胆嚢機能の保存および外科処置の延期の可能性についてのより詳細な研究が可能になっている。

超音波やコンピュータ断層撮影法による診断直後に、コレステロールの薬物治療に頼らないでください。 ほとんどの消化器内科医は、摂食行動の補正に関する勧告と、胆嚢変化の動的監視をビームイメージング技術の助けによって支持する、期待管理の支持者である。 しかし、患者の器質的に確認されたポリープ形態のコレステロールの存在は、有効な頭頂ポリープの数およびサイズにかかわらず、活性薬物療法の使用の指標である。

ダイナミクスにおける超音波検査中のポリープ数の減少は、治療処置がない場合でもこれらの腫瘍が自己切断する傾向があるため、治療を中止するための指標ではないことに留意すべきである。 膀胱の内壁全体がポリープで覆われている状況では、複数のポリープのエコー構造が視覚には見えない腺腫性胆嚢病変を隠す可能性があるため、外科的治療が推奨される。

患者の保守的治療の妥当性を決定する際には、胆嚢の収縮機能を評価することを優先すべきであり、空の割合が30%に達しない状況では、薬物療法の肯定的結果を期待しない。

胆嚢コレステロールの治療に使用される全ての医薬品は、対症療法による患者の状態の緩和、胆嚢における病理学的プロセスの進行の停止、脂質造影の矯正、および合併症の可能性の予防を目的としている。

症候性範囲の薬物は、機能性消化不良の徴候を排除する薬物であると考えられている(Motillium、Methaspazmilを毎日300mg経口投与する)。 これらの薬剤の効果は、消化管の上部の運動機能を改善することを目的としているので、コレステロールを有する患者の大部分は、薬物の初日に吐き気、胸やけ、鼓腸の除去を既に認めている。

胆汁疝痛患者の重度の疼痛症候群の存在は、平滑筋の弛緩を目的とした非経口鎮痙薬(リババル2mlを筋肉内に投与し、その後錠剤形態に移行する)の適応となる。

胆嚢管腔内の結石の発症を防ぐために、コレステロールを患っている全ての患者は、胆汁酸製剤を長期間(ウルソールを患者の体重1kg当たり15mgの1日用量で)服用することが推奨される。 無作為化試験によると、この薬理学的グループの薬物は、自己切断およびその後の小さな限局ポリープの溶解を促進する。

このような状況で病理学的に根底にあるいわゆる「スラッジ症候群」は、胆嚢のコレステロールの発生の病因において、肝保護剤Gepabene 1カプセルを3回/日で3回服用することに関連して、胆道の機能

最近、胆嚢コレステロールの割合が常に低くなり、外科的治療が行われており、これは改善された診断能力と関連しているが、胆嚢摘出の絶対的な兆候は否定できない。

- 胆嚢の壁におけるコレステロールおよび新生物プロセスの分化の不可能性;

- 投薬や負のエコースコープダイナミクスの使用による肯定的な結果の欠如。

- 30%未満のレベルで胆嚢の収縮性;

- 複数の結論の存在;

胆嚢炎の頻繁な悪化。

コレステロール食

胆嚢のコレステロールの徴候を首尾よく排除することのできる膨大な数の薬物を産生する薬理産業の急速な発展にもかかわらず、世界胃腸症学会の代表者は、このカテゴリーの患者に対する非薬物保守的治療の必要性を主張している。

コレステロールの保守的治療の基礎は、食事の推奨、食行動の文化の再構築に関する助言であり、患者の体重を正常化し、体内の代謝変換を改善することができる。

胆嚢のコレステロールは、胆嚢結石症および結石性胆嚢炎のさらなる発症の背景疾患として多くの専門家によって考慮されているため、食事療法の使用は予防措置と考えることができる。

コレステロールが診断された患者のために毎日の食事を取るときは、以下の推奨事項に従うべきです:

- 食糧は再利用可能であり、すべての重要な要素において人間の必要性をカバーすべきである。

- 肉製品を選ぶときは、粗繊維の非脂肪品種(アヒル、ガチョウ、チキン、子牛)を選ぶべきである。

- 牛乳由来の製品と野菜の無制限使用。

- 少量の強力なアルコール飲料を使用することを拒否する。

食事栄養の原則に常に従うことに加えて、患者は身体活動を増加させることが推奨され、脂肪の追加分裂および体内からの代謝産物の除去が強化される。