咽頭の異物

Инородные тела глотки 現代のENTでは、咽頭の異物がしばしば遭遇する。 穀類の殻、果実の部分、魚の骨、木片、金属物、義歯などは、さまざまな種類のものがあります。義歯の磨耗により、柔らかい硬い口蓋の粘膜感受性が大幅に低下し、異物が入り込みます無意識のうちに咽頭。

サイズや形に応じて、咽頭の異物は扁桃扁平丘の扁桃腺と扁平弓との間に詰まり、時には組織の厚さ(特に扁桃)に浸透することがあります。 また、異物が舌扁平部、梨状洞、側方クッション、谷口に詰まっている場合もある。 昆虫、カブトムシ、リーチ(飲み水や自然の水の中での入浴の場合)は、咽喉に入り、異物を生きることができます。

症状

症状は、咽頭の異物の位置、形状、大きさに依存する。 主な症状には、咽喉に異物が存在する感覚、喉に縫い目を嚥下するときに悪化する、咽喉を窒息させる、咳をする、唾液分泌するなどがあります。 異物が十分に大きい場合、呼吸が大きく妨げられ、発声が壊れ、おそらく窒息になります。 異物が十分に長い時間喉の中にあった場合、その導入部位では軟部組織の炎症、敗血症および出血がある可能性がある。

最終的な診断は、咽頭切片の目視検査に基づいて確立される。 いくつかの議論の余地があるケースでは、X線検査

治療

治療は、ピンセット、クランプおよび咽頭鉗子の助けを借りて、咽喉から異物を除去することである。 いくつかの場合では、前方に梨状のポケット、粘膜obolを麻酔する。 後咽頭壁および舌根にリドカインの10%溶液を添加した。 その導入部位で異物を除去した後、創傷表面が残っている場合、この領域は5%ヨウ素溶液(Lugol溶液)で潤滑され、続いて過マンガ​​ン酸カリウムの弱溶液またはフラシリンの溶液ですすぎ投与される。 5〜7日間、食べ物を食べることは禁じられ、刺激を引き起こす可能性があります。

このトピックの他の記事:

2. Абсцесс заглоточный 1. 喉頭の開口部 2. 咽頭の膿瘍