石灰化

石灰化症(石灰化)は、様々な組織の構造における塩の形態のカルシウムの一般的な限定された蓄積であり、その後、その機能の病理学的変化が続く。 消化管および泌尿器系の器官が十分に機能すると、カルシウムの正常な代謝交換が、小腸における吸収および糞便および尿による排泄の形態で提供される。

カルシウム代謝の媒介調節は、カルシウムの吸収および排泄、ならびに血液または骨組織中のその塩の蓄積(石灰化、 高カルシウム血症骨粗鬆症 )を増強または阻害するホルモン物質の分泌によって副甲状腺によって行われる。

一般的な代謝障害のために、1つまたは別の組織におけるカルシウム塩の一般的な蓄積が人に認められる状況では、専門医は「石灰タイプの転移」の結論を確立する。 石灰化転移の形成は、重度の骨粗鬆症、骨の骨折および悪性腫瘍で観察される骨組織からのカルシウムの浸出の増加によって促進され、通常はそうではないはずの組織にカルシウム塩が蓄積する。

健康な組織の任意の部分におけるカルシウムの制限された蓄積がミネラル代謝の全身性障害によって引き起こされないとき、ジストロフィー型の石灰化の存在を仮定することが必要である。 必ずしもそうではないが、顕著な石灰化は、結核病変などの患者の健康の悪化を意味し、石灰化の徴候の出現は、回復期への移行を示す。

石灰化の原因

任意の局在性の石灰化の病原機構の中心には、カルシウムが可溶性液体状態から人体の組織におけるその塩の過剰蓄積に移行することがある。 この病理学的状態は、様々な誘発因子の結果として発生する可能性があるが、石灰化の発症の誘因メカニズムは、体内のカルシウム代謝過程の障害である。

多くの場合、カルシウムの交換は、様々な内分泌障害で生じる副甲状腺によって産生される調節ホルモン物質の誤った機能の結果として混乱する。 さらに、カルシウム塩の吸収および利用のプロセスは、増加する方向および急激な減少の両方において有意に変化し得る、血液中のカルシウムのレベルによって影響される。 膨大な数の酵素がカルシウムの代謝変換過程に関与しているため、ヒトに発酵症があると体内に塩類が過剰に蓄積するような状態が生じる。

石灰化の徴候の発症に影響を及ぼす誘発因子には、外因性および内在性に分けることができる異なるカテゴリーがある。 石灰化の外因性の原因には、骨や軟部組織に対する様々な種類の外傷、ならびに人体におけるビタミンDの過剰摂取が含まれ、これは、小児科で用量が満たされない場合に生じる。 内因性とは、カルシウムだけでなく他のミネラル(多発性硬化症、腎症、 骨髄腫 、悪性新生物、内分泌障害)の全身代謝障害を伴う、人体の内部病理学的状態である。

カルシウムの過剰蓄積のための良好な基層は結合性瘢痕組織であるため、線維組織の増殖を伴う器官の病理学的変化が石灰化(弁膜性心疾患 、アテローム硬化性血管変化、移植)を遅かれ早かれ引き起こす。

石灰化の症状と徴候

病理学的石灰化または石灰化は、人体の組織および器官のいくつかの群の複合損傷に現れ、または1つまたは別の構造に限定的に影響を及ぼす。 石灰化の形態のそれぞれは、特定の臨床的および実験的 - 器械的特徴を有するので、病理学的変化の局在に従ってこの病理学の経過の変種を考慮する必要がある。

石灰化プロセスの二次的局在化として、皮膚の石灰化が考慮される。なぜなら、その形成は、内臓の実質のカルシウムの予備的な蓄積、その後の軟組織へのカルシウムの過剰摂取によって促進されるからである。 「病理学的カルシウム」の主な供給源は石灰化腎臓である。 まれなケースでは、病理学的過程は主に皮膚に局在しており、それがさらに広がると腱の石灰化が進行する。

石灰化の進行は、間質成分の過増殖がある血管疾患および種々のコラゲナーゼによって促進される。 皮膚石灰化の初期症状は、患者の状態を悪化させず、触診で痛みがなく、遠位四肢の投影において主な局在を有する炎症性徴候を有さない多くの高密度の小結節の外観の化粧的欠点のみを有する。

カルサイト領域の炎症性変化の出現は、軟部組織の局所的浮腫と同様に、膿性内容物を伴うフィステルの形成を伴う。 皮膚の石灰化は、皮膚の全表面の大部分を占める限られた広範囲の形態で起こり得る。 信頼できる診断を確立する最も有益な方法は、石灰化部位を含む生体材料の組織学的研究である。

カルシウム塩の過剰な蓄積の徴候の発症は、健康な人の体内および様々な病状のいずれの年齢においても観察され得る。 慎重に注意を必要とするこの病理の別の形態は、胎盤の石灰化であり、胎盤石灰化は、ほとんどの場合妊娠の複雑な経過を伴い、胎盤不全の発症基準の1つに属する。 子宮胎盤機能不全の発症の病因は、大きな石灰化による胎盤血管束の内腔の閉塞による酸素および栄養素で飽和した血液の供給の侵害である。 しかしながら、場合によっては、胎盤における石灰化の病巣の存在は、正常な胎児の発達過程に有意な影響を及ぼさないので、この逸脱は特定の治療を必要とせず、動的超音波観察の対象となるだけである。

胎盤の石灰化の進行は、泌尿生殖器感染の病歴、妊婦の不均衡な食事摂取、および妊娠遅延により促進される。 従って、胎盤の石灰化の兆候の存在は、好ましくない予後の兆候ではなく、他の素因の組み合わせにおいて子宮胎盤不全を引き起こす危険因子と考えられる。

妊娠中の女性の超音波検査を行う場合、胎盤の厚さ、サイズ、輪郭の他の変化の条件下では、石灰化の存在は「胎盤の早期老化」の間接的な徴候と考えられるため、単一の石灰化の検出も最終検査プロトコールに反映されるべきである。

子宮腔の石灰化の出現は、妊娠の悪化と妊娠中の胎盤の石灰化の存在だけでなく、誘発され得ることに留意すべきである。 ほとんどの場合、子宮石灰化は、子宮内膜または子宮筋層に局在する炎症過程の結果または残留現象である。 既存の筋腫節の石灰化の出現は例外ではなく、予後不良の予兆であり、外科的処置の適応である。

前立腺での灰石の存在が様々な種類の炎症性疾患の可能性のある合併症の発症の好ましくない兆候であると考えられるため、男性性交の健康に対する石灰化の影響は根本的に反対である。 前立腺の構造は、粘液成分を含む濃い秘密を分泌するので、カルシウム塩の蓄積にとって好ましい基質である。 さらに、症例の90%における尿管 - 前立腺の逆流の徴候の存在は、前立腺の石灰化を引き起こす。

ほとんどの内臓器官が敗北して広範囲に石灰化すると、脾臓の石灰症が観察され、これは超音波検査によって検出され、特異的な臨床症状を有さない。

大動脈および大動脈弁の石灰化

大部分の理論および科学的研究によれば、単離された形態の大動脈の石灰化は極めてまれであるが、これが起こると、心臓の弁装置の石灰化が患者において十分に迅速に進行する。 患者の大動脈弁構造の石灰化の兆候が現れてくると、深刻な血行動態障害および有機性疾患( 心筋梗塞慢性心不全 )が生じる

大抵の場合、大動脈弁フラップの石灰化は、リウマチ性の既存の退行性変化に基づいて発症する。 軽くて溶接された弁フラップは、大動脈管腔と重なる無定形の石灰質の突起物の形成の基質となる。 この病気の長い経過に伴って、石灰化の病理学的プロセスが近くの構造にまで及んで、僧帽弁石灰化が進行する。

多くの場合、大動脈弁の石灰化の診断は、高品質のX線および超音波装置の使用を条件として困難ではない。 この場合、石灰化病巣は高密度の領域であり、孤立したまたは複数の形成の形態の明瞭な輪郭を有する。

石灰化プロセスが心室中隔に及んで僧帽弁の弁に達する状況では、僧帽弁の石灰化が発生する。 これらの病理学的変化は、特定の臨床的および実験的症状によって現れず、器械画像技術の助けを借りてのみ診断される。 正確な診断を確定するという観点からの遅延は、不可避的に、重度の血行力学的障害を伴う総心臓奇形の発生を招き、患者の生活の質を著しく悪化させ、寿命を短くする。 早期診断と欠陥のタイムリーな外科的矯正を行うと、正常な心臓活動が回復し、患者の健康が大幅に改善される。

心エコー検査で患者を診察する際には、石灰化の過程が心臓の弁装置だけでなく、生理学的なコードの心筋にも広がり、「心臓の石灰化」と呼ばれることに留意すべきである。 石灰化の病理学的プロセスのこの局在化は、内皮への突然の損傷および付随する弁脈の血栓症からなる合併症では危険である。 血栓症の危険性は、血流心内膜炎の急速な進行および全身性敗血症の徴候の発生である。

病因論的原理によれば、心房石灰化は、生体の老化の生理学的発現である一次性と、体内の任意の慢性病理学的プロセス(心臓病、代謝障害、内分泌障害)によって引き起こされる二次的に分けられる。 心臓内局在化の石灰化は、石灰化の過程が心臓の力学に負の影響を及ぼす疾患の後期にのみ臨床症状を伴う。 この場合、心臓活動、心筋梗塞およびめまいのリズムにおける断続的な不規則によって患者が邪魔される可能性がある。 進行性呼吸困難の出現は、患者が直ちに外科的矯正を必要とする心臓内の石灰化の極度を有することを示す。

血管石灰化

血管間質におけるカルシウム塩の広範なまたは局在化した頭頂部の蓄積は、正常な血流の障害および特定の器官における血行力学的障害の発生を引き起こす。 人間の体の変化は、大規模な動脈の石灰化を広げ、虚血性損傷を生命体に発達させる原因となる。 血管の内腔に石灰化を形成するためのメカニズムの有病率は、いくつかの方法(転移性、間質性およびジストロフィン性)で石灰化プロセスの発達を誘発する。 また、脈管石灰化の別のカテゴリーがあり、これは子供の年齢にデビューし、脈管構造の発達に先天性異常を引き起こす。

血管内石灰化の最も重篤かつ危険な局在は腹部大動脈であり、その石灰化は動脈瘤の発生をもたらす。 この病理の危険性は、潜在的な臨床経過および血管壁の完全性に違反したときの大規模な腹腔内出血の同時の脅威にある。 動脈瘤形成の段階にある腹部大動脈の石灰化の適時の診断の場合、患者は変更された大動脈の切除を受けて、可能な限り最短時間で欠陥形成を行うべきである。

腎臓の石灰化(腎石灰化症)

人体にカルシウムが過剰に含まれていたり、その代謝変換に違反したりしていると、実質組織の組織に塩が過剰に蓄積するという条件が生じ、この状況の腎臓も例外ではありません。 原則として、腎実質は、腎実質の炎症性変化と併せた石灰化の散在過程であり、長期間に腎不全の徴候の発生を必然的に引き起こす。

石灰化の他の形態と同様に、腎実質は、変化していない腎実質の背景または全く変わらない腎臓に対して発症し得る。 腎石灰化症の主要な形態は、別個の病理学的単位ではなく、その発症メカニズムは、食物、医薬品による体内カルシウムの過剰摂取、副甲状腺の内分泌障害における全カルシウム代謝の侵害に基づく。 二次腎石灰化症の発生の基層は、壊死的に変化した腎実質、放射線曝露に曝露された腎臓および腎臓に対する虚血性損傷である。

不変のカルシウム代謝では、体内の残留物を除去するプロセスは泌尿器系の器官に行われますが、過剰な含有量では腎臓は尿中のカルシウムを十分に放出することができず、腎実質の細胞にカルシウムが蓄積します。 病気の初期段階では、過剰カルシウムは尿細管の上皮細胞上にのみ堆積し、長期間の流れでは、石灰化プロセスは尿細管の内腔で観察される。 石灰質層が細管の内腔を完全に囲む状況では、患者は腎臓の尿形成および尿機能に違反する兆候を示す。 腎臓の石灰化の最終段階は、付随する腎不全を伴う腎硬化症の発症である。

タイムリーな診断と腎臓の石灰化の治療が完全に欠如していると、疾患は進行し、炎症性変化および尿石症の発生を伴う。 残念なことに、腎石灰化症の特異的発現は、疾患の末期段階でのみ患者に観察され、腎不全(浮腫性症候群、悪性動脈性高血圧症 、排尿困難)の発症をより特徴付けている。

病理学的プロセスの初期段階において腎石灰化を決定する最も有益な診断方法は、穿刺生検を標的とし、その適用は患者のスクリーニングアルゴリズムには適用されない。 展開されていない臨床研究室の腎石灰化ステージでは、石灰化の徴候は、静脈内排泄尿路造影および腎臓の超音波走査を行う際にはっきりと可視化される。

肺石灰化

肺組織における石灰化の検出は、放射線画像法の専門家の頻繁な発見であり、ほとんどの臨床エピソードでは、患者はそれらの存在のアイデアさえも持たない。 このパターンは、肺実質における石灰化変化の出現が広範囲の病理学的状態によって誘発され、限られた局在化を伴って肺機能に影響を及ぼすことはないため、起こる。

肺の石灰化の徴候が発症するリスクは、結核肺炎、異物吸引、肺炎浸潤、寄生肺感染、膿瘍の浸潤および悪性新生物の病歴の少なくとも1つを有する人々である。 もちろん、主に大部分の症例では、石灰化形成の過程は変化した肺実質で起こるが、小児科では石灰化の先天性の場合がある。

経験豊富なセラピストや放射線科医は、肺実質の石灰化形成過程を「重要なメカニズム」と考えており、肺疾患の急性期の終わりと亜急性期または潜伏期への移行を示しているが、特定の感染症の多くの病原体が長時間不活性であることを覚えておく必要がある石灰化に焦点を当て、生物の免疫天然保護特性のわずかな減少でその活性を示す。

石灰化の治療

全身または限られた病理学的組織変化として石灰化が不可逆的であるという事実のために、この状態の薬物矯正の問題は未解決のままであり、石灰化部位を除去する唯一の根本的な方法は外科手術と考えられる。 いずれの状況においても、1つまたは別の局在の石灰化のための治療措置は、病原的に根拠があり、個々の状況において一貫しているべきである。

石灰化は石灰化の密な領域を含む任意の結合器官の健康な組織を進行させる傾向があり、それらの複数の蓄積を伴い、臓器の機能が著しく損なわれ、即座に患者の健康に影響を及ぼす。 これに関して、あらゆる形態、局在および強度の石灰化のための主要な治療手段は、摂食行動の補正、ならびに身体におけるカルシウムの過剰摂取に寄与する因子の排除(投薬など)である。

いくつかの状況では、病理学的石灰化の病巣が小さく、器官の実質内で単一の順序で局在する場合、石灰化は患者の健康を脅かすものではなく、特定の薬剤の使用を必要としない。 しかし、石灰化の病理学的な形態が数多くあり、臓器の機能が著しく損なわれているため、患者の通常の生活の質を維持するためには、1つまたは別の容積での保存的または外科的手段の使用が前提条件である。

皮膚石灰化は、通常、広範な一般化された性格を有し、化粧的欠点の発症を引き起こす。なぜなら、このカテゴリーの患者は、他のものよりも十分な量の治療措置の任命を必要とするからである。 石灰化が、緻密な構造を有し、しばしば感染に付随する大量の皮下節によって現れる状況では、最初の唯一の有効な治療方法は、電気凝固による外科的介入である。 この技術は、慎重に坐骨窩を切除するだけでなく、創傷表面を同時に消毒することができ、術後創傷の治癒過程を改善する。 皮膚の石灰化が大きな関節の領域に局在する場合、患者は関節症関節炎の発症(ガルバノ療法、オゾケライトによる適用、紫外線照射)を防ぐために、様々な物理療法治療法を使用することが推奨される。

腎石灰化症はまた、急速に進行する病理のカテゴリーに属し、タイムリーな投薬がない限り、腎臓の尿形成および尿機能の重度の障害を引き起こす。 腎不全の徴候がない場合、患者は食物栄養の規則を遵守することを推奨し、基礎疾患の薬物治療も提供するべきである。 既存の腎不全の兆候では、治療の唯一の有効な方法は、血液透析に続く腎臓移植である。

胎盤に石灰化症の病巣を有する妊婦には、動的な超音波検査が必要であり、胎盤機能不全の徴候が現れたら、胎盤と子宮の血管ネットワーク(1日2回、トレンタール100mg)で血流改善を目的とした薬物を処方することが推奨される。 石灰化妊娠中の女性の胎盤の早期離脱を防ぐためには、子宮の緊張を緩和する薬剤(Ginipral5μg静脈内)を処方することが推奨される。 石灰化プロセスの進行を排除することを目的とした予防的処置として、抗ウイルス特異的療法が用いられる。

弁膜の心臓装置または大動脈血管の投影に局在する石灰化療法の量は、その臨床形態ならびに血行力学的障害の重症度によって決定される。 したがって、サブバルブ部門の投影における単一のカルチンは、特別な治療を必要とせず、動的心エコー検査を行うだけで十分である。 しかし、 心内膜石灰化は、細菌性心内膜炎の発症リスクの病理に属するので、心臓の細菌性敗血症の徴候が現れた場合、適切な抗生物質治療計画を直ちに使用すべきであることに留意すべきである。

血管壁に位置する病理学的石灰化の中心が血栓合併症の好ましい基質であるという事実により、心臓および血管の石灰化の徴候を有する全ての患者は、抗血小板薬(Cardiomagnil 1カプセルを1日1回)の永年投与が推奨される。 石灰化の手術的処置の使用に関する適応症は、重度の心臓力学の徴候の発生である。