アレルギーからの脱落


капли от аллергии фото 特定の植物、ペット、特定の食品および家庭用塵の季節的開花は、しばしばアレルギー性鼻炎の発症を誘発することがある。 アレルギーを治療するための基礎は、アレルゲンの供給源から患者を単離することである。 しかし、誘発因子を排除する複雑さ、またはアレルギーの原因を特定するのが困難である場合、処方された医師にしたがって、処方薬をアレルギーの鼻に厳密に適用することが可能である。 通常、これらの薬物の作用は、アレルゲンに対する感受性を排除し、免疫学的変化を排除することを目的とする。 アレルギーからの鼻薬は、通常、減感作および血管収縮の特性を併せ持つ。 以下では、最も頻繁に使用されるスプレーおよびドロップについて簡単に説明します

アレルギーの鼻汁

•レボカバスチン。 この抗ヒスタミン薬は鼻呼吸を改善し、鼻のくしゃみやかゆみの形でアレルギー性鼻炎の症状を排除します

・アレルギー。 この鼻抗アレルギー性スプレーは顕著な副作用がなく、局所的に適用される。 治療効果は数分後に起こり、約12時間続く

•Vilozen。 この抗炎症性免疫調節薬は、アレルギー性副鼻腔炎において極めて有効である。 ビロセンの組成:脱水胸腺抽出物、オリゴペプチド、アミノ酸、ヌクレオチド化合物および無機塩

・バイブロシル、ガラゾリン、ナフチジン、ナジビン。 これらの血管収縮薬は、最短時間で鼻の腫れを軽減するのに役立ちますが、長期間、これらの薬剤を使用しないと強力な中毒および鼻呼吸があるため、推奨されません

•Sanorin-Anaerhegineの鼻に落とします。 この薬剤は、血管収縮作用を示すヒスタミン受容体の遮断薬であるナゾアゾリンと血管収縮薬の組み合わせである。 これらの成分の全効果は、非常に持続的な治療効果を与える。 適応症:急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、 慢性結膜炎 、春季結膜炎、視覚障害。 この期間後の血管収縮性ナファゾリンの効果が著しく低下していることから、Sanorin-analgesinを7日間以上使用した薬は推奨されていません

•アレルギーの繁殖虫からスプレー。 中等度から重度の鼻炎の重症度では、ホルモン鼻スプレーが一般的に使用される。 これらのスプレーには、全身反応のリスクを最小限に抑えながら高い治療活性を有するNasobek Heifeverが含まれる。 局所的なグルココルチコイドの作用は、通常遅れて起こるため、治療の初期段階では、通常、アレルギーの急性症状を止める薬剤と組み合わせられる。 使用の適応:枯草熱での鼻炎、年中および季節性鼻炎の予防および治療。 重篤な鼻炎症状の場合には、開花期の予想される開始の1ヶ月前までに予防的処置を開始することが推奨される

•バイブロシル。 これらの滴は乳児でも使用でき、キャップ1個。 それぞれの鼻孔に3-4 r。 一日で バイブラシルは2週間以上使用しないことをお勧めします。妊娠、高血圧、緑内障、甲状腺の病気、心臓や血管には注意が必要です。 バイブロシルは授乳中でも許容される。

アレルギーから鼻に落ちるのは、症状を排除し、アレルギー過程を止め、炎症過程を中和することに向けられた薬物である。一般的な治療複合体

アレルギーからの眼の滴

アレルギーのための点眼剤は、通常、アレルギー性結膜炎の治療剤として使用される。 彼らは炎症を和らげ、ヒスタミンの発生を防ぎ、多量の涙、かゆみ、目の腫れを減少させます。 このような症状はすべて、Patanol(Olopatadine)、Ketotifen、Azelastineなどのような抗ヒスタミン剤で治療されます。

アレルギーからの点眼Vizin、Nafkon-A、Opcon-Aは、抗ヒスタミン剤(フェニラミン、アンタゾリン)とうっ血除去薬(テトラヒドロゾリン、フェニレフリン、ナファゾリン)を含み、アレルギーや枯草熱に適しています。

点眼剤AkularとLotoprednolは腫れや刺激を和らげます。 これらの薬物は、その成分のいずれかにアレルギー反応の場合、ならびに眼の感染症の場合に適用することが禁じられている。

子供のアレルギーからのドロップはほとんどすべて上記に使用できますが、アレルギーからのどんな滴もそれぞれのケースに適用できるので、最初にセラピスト、小児科医またはアレルギー師に相談しなければなりません。

抗アレルギー点眼薬とコルチコステロイド点眼薬を同時に使用すると、感染リスクが著しく増加することに注意する必要があります。 また、点眼剤には副作用があり、使用説明書に詳細に記載されており、すべての重大性をもって治療する必要があります。