心筋梗塞

кардионевроз фото 心筋梗塞は、大脳皮質および視床下部で生じるプロセス間の不均衡の発生による心身症を伴う正常な心臓活動の機能障害である 規制機関。

この病変は診断が困難であり、大部分のカルデュヌロ症の症例は認識されないままであるため、カルディネヌス症の発生率を統計的に確立することは不可能である。

この心身医学的病理は心身症のカテゴリーに属するため、心臓専門医、神経科医および精神科医の一員である専門家グループは、カルジオイヌシスを患っている患者を治療するべきである。

カーバイネウロシスの原因

カイネオウロシスの発達において、主なエリテマトージェネティックリンクは、様々な理由により生じる、自律神経系の機能の不完全であり、心理的不快感および非定型生理学的感覚の出現の形で統一された臨床症状を有する。

カーディオネーシスの攻撃の発症の挑発者は、体にストレスの多い行動の要因です。 心筋梗塞の兆候は必ずしも負のストレス因子の影響下で現れるわけではなく、喜んで感情も攻撃を引き起こす可能性がある。 この点で、心理的感情障害を有する人々は、他の人々よりも心臓発作の特徴的な臨床的および形態学的変化を発症する可能性が高い。

しかしながら、心臓の有機病変に罹患していない個体において、完全な幸福の背景に対して、カーバイオニューロシスの攻撃が発達することがある場合もある。 このような状況下では、作業や休憩体制のわずかな変化だけでなく、短期間のアルコール乱用の形での摂食障害や、カフェインを含む食品の通常量以上の摂取も重要です。

患者の身体活動は、カーバイネウロシスの兆候を発達させる上で非常に重要である。 体系的にスポーツに従事し、能動的な娯楽を好む人は、非常にまれには、カーバイネウロシスのような病気に苦しむことはほとんどありません。

この疾患のリスクグループは、様々な程度の心理感情障害を有する若年者、アルツハイマー病の進行性の認知症の徴候を有する高齢者、心臓血管系の病理診断された患者( 心筋炎 、発達異常およびリウマチ) 。

カーバイネウロシス徴候の進行と急性ウイルス性呼吸器感染のエピソードとの間には明確な相関がある。 従って、急性期のインフルエンザ患者は、典型的なカルジヌイロシスに典型的な愁訴を示すことができる。 これに関して、回復期にウイルス感染したすべての患者は、マグネシウムおよびビタミンBを含有する複雑なブレース用マルチビタミン複合体の使用を推奨し、神経支配構造の機能の改善に寄与する。

カーバイネウロシスの症状

カーバイネウロシスを患う患者の主な愁訴は、様々な有病率および重症度の前胸壁の投影における疼痛症候群である。 ほとんどの場合、患者は痛み症候群を動悸に伴う「心臓領域の急性短期間痙攣」と表現し、その後心拍数の急激な上昇が観察される。

さらに、心臓血管系の仕事の中断の苦情、患者は窒息の攻撃の形で呼吸障害に気付き、完全な息をとることができない。 一部の患者は、体内に炎症の徴候がなく、体温が短期的に上昇する。

心筋梗塞の背景に対して起こるパニック発作には、 自発的な神経系の機能不全を示す、四肢の遠位部におけるうずきの感覚である、皮膚の強い発汗および持続的な冷却が伴う。

このように、カルジヌイロシスを有する全ての患者は、攻撃の発症の周期が頻繁に変化し、十分な幸福の段階を伴う疾患の波状の経過を特徴とする。 典型的な心臓神経症の攻撃は、自分の人生の安全のための恐怖と恐怖の発症を伴って、心臓と心外膜の性質の症候性複合体の出現である。

心臓発作の長期化に伴い、患者は不安な精神病発症し、心配の妄想および重度の気分変調障害の形成を伴う。 気分変調症は、あらゆる種類の渇望の欠如、不眠症の傾向を伴う睡眠障害、および食欲の完全な欠如の形で現れます。 心筋梗塞の背景にある気分変調障害に罹患している患者は、精神感情領域の彼ら自身の抑圧された状態にとって重大ではない。

心臓 - 神経系発作の特徴的な要素は、胴体の限られた領域および一般に筋肉の硬さの両方において、骨格筋の筋緊張の増加である。

発作中期には、心臓発作を起こした患者は、脳血管系の循環障害の症状(片頭痛の発症までの頭痛、働く能力の低下、重度の衰弱、めまいの発赤)に加えて、身体の様々な部位における感受性の全てに違反することに気付くことがある。

「カーディオネイロシス」の診断を正確に確立するためには、患者のための4つの絶対的な基準を、

- 少なくとも3ヶ月間、心臓神経性発作の周期的な出現;

思春期の時、妊娠中および閉経期の発症時におけるホルモン障害の発症の明らかな依存性。

- 患者の栄養血管成分の徴候の存在;

心電図および心エコー検査の登録中に、心機能の侵害および心筋への有機的損傷の徴候がないこと。

カーバイオロイセスのデビューは、初期の前発生期または高齢者において、重度の血管障害の背景に対して最も頻繁に起こる。 この疾患の発症は、ストレス因子の影響に明確に依存して、常に鋭敏である。

カーバイネウロシスの治療

cardioneurosisの患者を管理するための適切かつ適切な戦術を決定するためには、基礎疾患のタイムリーな診断が非常に重要です。 このカテゴリーの患者の診断と治療には、心血管系の器官に有機的な損傷が全く存在しないにもかかわらず、この疾患の致命的な結果の信頼できる事実があるので、深刻な懸念を払うべきである。

カーディオネシスの診断では、排除の方法を使用すること、すなわち正しい診断を確立することが推奨される。心臓の有機病変を診断するための可能なすべての方法を用いて患者を徹底的に調べることが必要である。 有機性の心臓血管系疾患の完全な不在のみが、我々にカーディオネクローシスの診断を確立させる。

この病理は、心臓血管系の疾患に関連する別個の病理学的単位であるにもかかわらず、ほとんどの場合、それの治療は医療的矯正を必要としない。 患者との最初の会話では、長期治療と長いリハビリ期間の心理的な準備が優先されるべきである。

カーバイネウロシス治療の初期段階は、過度の身体活動を完全に排除して、患者の作業モードおよび休止モードを正常化することである。 患者の行動の補正において非常に重要なのは、夜間睡眠の十分な持続時間の確立であり、場合によっては、催眠剤および植物起源の鎮静剤(セダセン1カプセルを1日3回)を使用することのみが可能である。

カーディオネーシス患者の効果的な治療のためには、この疾患の発症を引き起こす要因の排除が決定的な役割を果たすため、家庭内および周囲環境の微気候を正常化するための様々な精神矯正方法の使用が推奨される。

カルジオイヌシスにおける良好な治療的沈静化効果は、理学療法(手動マッサージ、鍼灸、石療法)の方法である。

これとは別に、心神経麻痺の兆候に必要な措置のアルゴリズムを検討する必要があります。 まず第一に、患者に完全な平和を提供し、攻撃を引き起こした要因を取り除くことが必要です。 患者は水平面に置き、新鮮な空気に自由にアクセスできるようにする必要があります。 Cardiourosisの症状は、心臓の他の有機病変で観察できるので、パルスの触診、心音の聴診および心拍の鈍化のパーカッションによって患者の客観的検査を必ず実施する。 器械的診断法の中で、心筋の虚血性変化を排除することを可能にする心電図記録の登録が優先されるべきである。 不安感を解消するには、鎮静剤をすばやく塗布する必要があります(Corvalol 20滴)。

リハビリ期間中、患者の食行動の修正には特に注意が払われ、彼は一生を通して観察しなければならない。 脳構造の正常化のためには、必要な状態はB群とマグネシウムのビタミンで体を豊かにすることであり、したがって、食事には十分な量のマメ科植物、ナッツ、グリーンが一貫して含まれていなければなりません。 実験室診断法で確認されたビタミンの発現不足で、複合ビタミン製剤(マグネシウムB6を2錠に1日3回)を選択する。

神経症の薬物治療は、疾患の重症の経過の場合に使用され、患者の状態を著しく悪化させる。 カルジオイヌシスの治療薬を選択する際には、病気の病態を考慮する必要があります。 従って、超多能型のカルジオイヌシス症に罹患している人は、興奮性の閾値(Amizil 0.001mgを1日3回)を増加させる長い薬の処方を処方することが好都合である。 低酸素症型のカルジヌイロシスの修正は、中枢神経系(ジアゼパム1日量2mg)に刺激作用を有する薬物を使用することによって行われる。

神経症様症状を予防する上で優れた治療効果は、最小の治療用量(睡眠の数時間前にEunotin 2.5mg)で催眠剤を長期間使用することである。

カーディオネシスの結果

カルジオイヌロシスが慢性反復経路を有する病状のカテゴリーに属するという事実に関連して、その症状の完全な処分の100%の保証はない。 心臓病学者は、身体の状態の変化に特に注意を払ってこの病変を発症する傾向がある患者を推奨し、カルジオイヌシスの最初の兆候の発現時に、認定された助けのために病院の心臓血管プロファイルに行く。

慢性的な反復経過への疾患の移行は、身体活動および摂食行動を修正するための医師の推奨に定期的に従う患者に観察される。 そのような患者では、心筋梗塞の経過は、心筋損傷の兆候(心筋梗塞、肥大性心筋症の発症)の追加により重度の特徴を呈する。