卵巣嚢胞

киста яичника 卵巣嚢腫は、卵巣の組織に発生し、流体で満たされた空洞である病理学的良性の形成である。 最も一般的な嚢胞は、妊娠可能な年齢の女性に形成される(女性の約30%がこの婦人科的問題に直面する)。 : дермоидная, киста желтого тела, фолликулярная, эндометроидная и муцинозная. 卵巣嚢胞の種類 :粘膜、黄色体の嚢胞、濾胞、子宮内膜および粘液。 そして、子宮内膜および粘液は、最終的に悪性腫瘍に発展し、かなり広い領域に広がる可能性があります。 最も一般的なものは、排卵の間に卵巣によって産生される構造から成長するいわゆる機能性卵巣嚢腫である。 このような形成は、ほとんどの場合、形成され、その後無症状で(2〜3回の月経周期で)溶解するので、治療を必要としない

嚢胞 - 原因

卵巣嚢胞の主な原因:遺伝的およびホルモン障害、中絶、 甲状腺機能低下症 、濾胞性および内分泌異常。 女児および若年女性では、外的要因(重度の職業および生活条件、中毒、放射線など)および内臓(副腎および甲状腺疾患、慢性疾患、様々な感染など)の両方の影響により嚢胞が発生する可能性がある。 所与の卵巣新生物を有する女性は、ストレス、過度のストレス、 うつ病および感情的うつ病によって誘発されるホルモンの不均衡を有することがよくあった。 この点に関して、我々は、すべての疾患が神経から生じることを完全に自信を持って語ることができる

卵巣嚢腫の症状

腹部の底に不快な感覚があり、鈍い鈍い痛みを示し、背中と直腸を与えます。 月経周期が長くなったり短くなったりすると、卵巣の不適切な手術の結果、妊娠することが不可能になります。 カプセルの破裂の場合には、下腹部に強い切開痛が生じ、これが鎮静されると、体温は39℃に上昇する。 嚢胞脚がねじれている場合(頻繁に起こることが多い)、腸に痛みを伴う圧力があり、便や吐き気の違反が伴う。 腫瘍が著しく増加した場合、膀胱に圧力が生じ、排尿障害を引き起こす。

この病気が無症候性になることもあることを知っておく必要があります。したがって、定期的に婦人科医を訪問し、小さな骨盤の超音波検査を行うことが非常に重要です

卵巣嚢腫の診断と治療

診断:

- 生殖器官の触診および表面検査を含む視覚婦人科検査

- コンピュータ断層撮影および超音波

- 妊娠検査

- 膣の穿刺

- 腹腔鏡検査

- 血液および尿の一般的な分析

- 腫瘍マーカーの存在の検出のための分析 - 抗体

卵巣嚢胞の治療は、診断後に得られた結果に基づいて排他的に投与され、外科的および医学的に行われる。

無症候性の小嚢胞が検出された場合、治療は2〜3回の月経周期で延期され、それによって新生物が自己解決することが可能になる。

黄色体の嚢胞または濾胞性嚢胞では、これらの腫瘍の再吸収を促進するホルモン薬(避妊薬)を摂取することを含む投薬が処方される。 複雑な治療法を使用する必要がある場合は、抗炎症薬の使用が追加されます。 2〜3回の月経周期の間に腫瘍の再吸収が起こらなかった場合、外科的治療が処方される

является наиболее распространенным методом хирургического лечения кисты яичника, который позволяет сохранить детородные органы (достигается благодаря использованию уникальных хирургических инструментов: капсула опухоли удаляется с минимальным травмированием здоровых тканей яичника). 腹腔鏡検査は、卵巣嚢腫の外科的処置の最も一般的な方法であり、生殖器官を保存することができる(独自の外科器具を使用することによって達成される:腫瘍嚢は健康な卵巣組織に最小の外傷で除去される)。 このおかげで、女性は妊娠してその後は赤ちゃんが生まれる機会があります

予防

小さな骨盤の器官で発症する炎症過程の適時治療。 定期的な月経周期を維持する。 可能であれば、中毒、トラウマ、ニコチン、アルコールを避けてください。