結膜炎。 治療の種類と治療方法

Конъюнктивит 結膜炎は眼の粘膜の共通の炎症性疾患である。 結膜炎の第2の名前は「ウサギの目」です。 このような名前は、まぶたの赤みのために受け取られます。 いくつかの不愉快な瞬間が私たちに結膜炎をもたらします! この疾患は、アレルギー反応および細菌反応またはウイルス感染の両方によって引き起こされ得る。 感染性結膜炎は非常に危険で伝染性の疾患であり、アレルギー性結膜炎はない。 したがって、健康診断を遅らせるのではなく、病気の原因を突き止め治療を開始する方がよい

原因

- フラワーダスト、モート、異物

- アレルゲン - 細菌

- 薬

- 化粧品

- ウイルス

- 家庭用化学製品

- 企業の化学物質

- 電離放射線

- 汚れた手で目を擦る

症状

- 灼熱感

- 目のかゆみと赤み

- 目の砂のセンセーション

- 光恐怖症

- 目の腫れ

- 粘液分泌

Конъюнктивит 1

結膜炎の種類

結膜炎と慢性非特異性カタル、急性非特異的カタル、二葉性胆管(角膜)、ジフテリア、アデノウイルス、ヘルペス、パラトマラ

, мейбомеит), нарушением оттока слезной жидкости, заболеванием носа и придаточных пазух.慢性の非特異的なカタル性結膜炎は、煙、ほこり、化学物質、摂食障害および代謝障害、筋萎縮性側索硬化症( 眼瞼炎 、マイボーム腺 )、涙液喪失、鼻および洞疾患によって引き起こされる。 その結果、微生物 - 腐生菌が活性化される。 急性結膜炎の誤った処置はまた、慢性結膜炎

характерно слезотечение, светобоязнь, чувство жжения, тяжести в глазах, обильное слизисто-гнойное отделяемое, склеивание ресниц за ночь.急性の非特異的なカタル性結膜炎の場合、涙、光恐怖症、灼熱感、目の重度、粘液膿性吐き出し、睫毛を一晩接着するという特徴がある。 この感染症は、コクシェラフローラの結果として発症し、これはブドウ球菌または連鎖球菌である。 短期間で2つの目を覆うことができる

характеризуется хроническим и подострым течением с тягучим слизистым отделяемым. Diplobacillary(角膜)結膜炎は 、粘性のある粘液分泌物を伴う慢性および亜急性の経過を特徴とする。 炎症は目の内外に局在する。 まぶたの痛みや痛みを伴う亀裂の形成、結膜の脆弱化

характеризуется инфицированием конъюнктивы с верхних дыхательных путей. ジフテリア結膜炎は 、上気道からの結膜の感染によって特徴付けられる。 ほとんどの場合、就学前の子供は病気になります。 Symptomatology:浮腫、まぶたの圧痛、排泄が不明瞭で、結膜が汚れた灰色のコーティングで覆われ、顆粒が形成される。 , слабость, повышение температуры тела, увеличение и болезненность лимфатических узловジフテリアに特徴的な症状は次のとおりです: 頭痛 、衰弱、発熱、リンパ節の痛みおよび痛み

– когда вирус передается контактным либо воздушно-капельным путем. アデノウイルス結膜炎 - ウイルスが接触または浮遊液滴によって伝達される場合。 病気は常に深刻です。 体温が上昇し、頭痛が増し、リンパ節が増加する。 最初は1つの目が病気になり、2日目に2番目の目で病気になります。 涙液が流出し、羞明、腫れ、瞼の皮膚が腫れる

ヘルペス性結膜炎。 この結膜炎の原因物質は単純ヘルペスウイルスである。 ウイルスの伝染は浮遊小滴によって起こる。 ヘルペスシンプレックスウイルスは、体に入った後、生涯を通してその中に留まり、同時にその病気の再発を引き起こす。 結膜炎には、濾胞性、カタル性および小胞性の3つの臨床形態がある。 濾胞形態は、鈍い長期の経過、微生物叢の欠如、鼻の翼および眼瞼の皮膚上のヘルペス小胞の出現を特徴とする。 カタラーレス形態は鋭く進行し、小胞状形態は、結膜卵胞の組織の発達によって特徴付けられ、その後の瘢痕化

– конъюнктивит с включениями, для которого характерно отек век, гнойное отделяемое, фолликулы, инфильтрация и гиперемия конъюнктивы, изменения роговицы. Paratrahoma - 眼瞼の浮腫、化膿性排出物、濾胞、浸潤および鬱血充血、角膜の変化を特徴とする封入体を伴う結膜炎。 尿路または結膜の粘膜を有する人が感染源である。 原因病原体は、感染した水を介して、労働中に、不十分に手を洗って健康な人の目に入ることがあります。 病気は最も頻繁に1つの目です

治療

病気の経過の性質に応じて、結膜炎は異なる薬を使用します。 結膜炎が感染によって引き起こされる場合、抗生物質、スルホンアミド製剤、消毒剤を含む薬物および抗炎症作用が治療に使用される。 治療が遅れた場合は、結膜の微生物叢の感受性を考慮して抗生物質を使用する必要があります。 アレルギー反応が脱感作剤を用いることに頼っている場合、変性プロセスは細胞増殖抑制剤を使用する。 点眼剤および眼軟膏を結膜嚢に注入する。 結膜嚢から分離可能であることの研究結果の後に、薬物治療が患者に処方される

結膜炎非特異的なカタール治療

リバノール(1:5000)、ホウ酸(2%)、フラ酸(1:5000)、過マンガン酸カリウム(1:5000)で目を洗浄する。 結膜嚢内のステントは、ナトリウムノルスルファゾールの10%溶液、スルファシルナトリウム(アルブシド)の20-30%溶液、0.5%ゲンタマイシン溶液、1%エリスロマイシン溶液、0.25%レボマイシン溶液、0.5%ネオマイシンリン酸溶液。 点眼剤は1日4〜6回滴下する。 結膜嚢の推奨眼軟膏剤:オレアンドマイシン1%、テトラサイクリン1%、ネオマイシン0.5%、エリスロマイシン1%、スルファピリダジンナトリウム10%、ゲンタマイシン0.5%およびエマルジョンシントマイシン1-5%

結膜炎双腔壁(角膜)治療

0.25〜0.5%と1%(それほど頻繁にはない)の溶液を1日4〜6回の点滴の形で加える。 使用するための滴剤:0.5%ヒドロコルチゾン溶液、0.25%レボマイセチン溶液、1%テトラサイクリン、2.5%ポリミキシン溶液 - 1日3回。 下まぶたには、シンソマイシンまたはテトラサイクリン軟膏の1%エマルジョンを敷くことが必要です。 1から1ヶ月半までの推奨治療期間

結膜炎ジフテリア治療

患者の隔離が必要です。 エリスロマイシン(1%)、ペニシリン(20,000単位(1%)、ペニシリン(2%))を滴下する。 (0.5%)、スルファシルナトリウム(30%)、リン酸オレンジダマイシン(1%)、レボマイシン(0.25%)、硫酸ネオマイシン(0.5%)、スルファピリダジンナトリウム(10-20 %)、ノルスルファゾール(10%)。 何世紀にもわたり、20%の軟膏スルファシルナトリウム(20%)、ペニシリン軟膏(20,000単位/ベース)、1%エリスロマイシン、1%オレテリン、1%テトラサイクリン、0.5%カナマイシン、0.5%ゲンタマイシン、0.5%ネオマイシン、1%オレアントナシイン、1〜5%のシンテマイシンエマルション。 傷ついた角膜の場合、5%グルコース溶液にアスコルビン酸を含むビタミン - リボフラビン、シトラール、0.5%チアミン軟膏を含む滴が処方される。 抗生物質(エリスロマイシン、アンピシリン、レボマイセチン、テトラサイクリン、リファンピシン)が処方される。 ペニシリンおよびスルホンアミド製剤(スルファピリダジン - ナトリウム、スルファジメトキシン、スルファシル - ナトリウム)の筋肉内投与を行った。 完全な回復および陰性の細菌学的検査結果が得られるまで治療を継続すべきである

パラトゥラホルマ治療

過マンガン酸カリウム(1:5000)、フラ酸(1:5000)、ヒドロキシ水銀(1:5000)、リバノール(1:5000)、1%オレフリン溶液、1%テトラサイクリン溶液、0.25%レボマイシン溶液、1%溶液エリスロマイシン、スルファシル - ナトリウムの30%溶液、スルファピリダジン - ナトリウムの20%溶液。 エリスロマイシン、テトラサイクリン、ジテトラマイシン、ユーベタルの軟膏の1%を塗布する。 治療に長時間を要する場合、スルファニルアミド(スルファピリダジン - ナトリウム、スルファジメジン、エタゾール)および抗生物質(テトラサイクリン、オレトリン、ドキシサイクリン)

予防

- 衛生管理のルールを厳守する(手をきれいに保つ)

- 個別のタオルと枕カバーを使用する

- 塩素水でスイミングプールを避ける

このトピックの他の記事:

1. レンズの位置ずれ

2. 乱視