子供の蕁麻疹


крапивница у ребенка фото 子供の蕁麻疹は、アレルギーの原因となる非常に不快な病気です。 この疾患の特徴的な特徴は、その日の発疹の急速な出現および消失である。 ほとんどの場合、この種のアレルギー反応は、生後1年の幼児で起こり、食物摂取と関連している

子供の巣箱 - 兆候

子供の蕁麻疹は、水疱や皮膚がかゆみを帯びた形で現れます。これは特徴的なピンク色または磁器白色の発疹です。 噴火は、単一と複数の異なる形で現れます。 子供に粘液浮腫が認められた場合、 原因不明の吐き気、吐き気、嘔吐、 頭痛めまい 、閉塞がありましたが、遅滞しないようにお勧めしますが、急いで救急車チーム

子供のためのハイブ - 理由

乳児、卵白、オレンジ、イチゴ、鶏肉)、花との接触、柑橘類、赤ちゃんの過度の包装、過熱、低体温、ウール、毛皮、ラテックス、虫刺された製品との接触、吸入の原因となることが多いほこり、いくつかの植物の花粉、薬物(ペニシリン、コデイン、スルホンアミド、アスピリン、血清、ワクチン)の不耐性、輸血

子供の蕁麻疹 - 症状

蕁麻疹は子供の中でどのように始まりますか? 肌の様々な部分で激しい痒みがあると、すべてが突然起こります。 水疱は皮膚および粘液唇、目の膜、胃腸管に現れる。 既に2年間の症候を有する小児の蕁麻疹は、1歳の発疹の徴候と類似している。 発疹は、しばしば、手、目、関節、唇の浮腫と組み合わされる。 浮腫は、水疱のように、数時間から数日間持続することができます。

しかし、蕁麻疹の最も危険な変種は浮腫繊維瞼、口唇、口腔粘膜、生殖器、頬、喉頭、舌である浮腫Quincke (血管浮腫)である。 大きな危険は、粘液性気道の腫脹です。 呼吸が困難で、吸入するとホイッスルがあり、発作性の咳や鼻三角形の赤ちゃんの三角形を渡さないと激怒します。 子供はパニック状態になり、母親はパニック状態になります。 状況はコミックではなく、赤ちゃんに応急処置を与えることが急務です:直ちに抗ヒスタミン剤を投与し、そうでなければ好ましくない結果が生じるかもしれません。 遅れたり救急車を呼んだりしないでください。緊急の医師はすぐに必要な抗ヒスタミン薬、プレドニゾロン、エピネフリン

赤ちゃんの急性蕁麻疹

子供の蕁麻疹が初めて出現した場合、これは急性の形態です。 39℃までの温度上昇を特徴とする急性蕁麻疹の場合、赤ちゃんの気分や不安。 ほとんどの場合、これはアレルゲンを含む製品の使用によって引き起こされる発疹です。

蕁麻疹が処方された治療の後に子供を通過しない場合、アレルギー - 免疫学者に加えて出現する必要があります。 おそらく、赤ちゃんの体内のアレルゲンが大量に蓄積しているか、アレルゲンが食べ物やアレルギーのある物体との接触を通じて赤ちゃんの体に入り込んでいる可能性があります。 食事の数週間後に発疹が残っている場合、その原因はアレルギーテストの助けを借りて求めなければならない。 相談後、発疹の治療のための診断と同様に診断が割り当てられ、登録され、回復の動態を監視します。 将来の予防的かつ支持的な治療の完全な回復にとっては非常に重要です

子供の慢性蕁麻疹

治療を無視すれば、急性の形態は慢性的な形態に変化する可能性があります。

慢性蕁麻疹は、病気の子供の状態の改善および悪化の変化によって特徴付けられる。 痒みにより悪化し、蕁麻疹が子供の慢性皮膚炎にスムーズに移行することがあります。

小児の慢性蕁麻疹は、胃腸管、肝臓疾患、内分泌および自己免疫疾患、胆道疾患、壊疽、慢性扁桃炎、う食、鵞口瘡、ウイルス感染、副鼻腔炎、環境的に不潔な施設の混乱のために生じる。 時には原因は、自律神経系の侵害だけでなく、赤ちゃんのストレスとして役立つことができます。

アトピー性再発性蕁麻疹は、7歳の子供にとって典型的である。 彼女の出現では、遺伝的素因、周産期脳症、人工授乳、および滲出性素因の臨床症状が次の要因にあります。

再発性の慢性蕁麻疹の場合、発疹に加えて他の症状が現れることがあります。 これらは、腹痛、関節痛、ho、、乾いた咳、発熱です。 再発間隔は3ヶ月までとすることができる

幼児の蕁麻疹 - 治療

子供の蕁麻疹と、このような状況で何をしたり、作るのか、それぞれの興奮したお母さんを邪魔しますか? まず第一に、慌てないで、根本的な原因を見つけようとする。 赤ちゃんが何を食べていたのか、どこにいたのか、どのような物に接触しているのか、子供のゲームの場所を確認してください。

子供に強いじんましんがある場合は、温かいお風呂を浴びて子供を癒すために、赤ちゃんに室温の水、甘草の煎じ薬を与えるために医者の到着前に必要です。

乳児の蕁麻疹は、しばしば母親による食事の違反に起因するため、女性は食事療法を再考し、このようにしてアレルゲンを除去する必要があります。

過熱や低体温、過度の包み込み、羊毛製品との接触、毛皮の接触など、子どもの誇りについての誇大妄想があります。 赤ちゃんをアレルギーのある物体との接触から解放して、司祭にひどい痛みを引き起こす必要があります。 ブロッコリー、オオムギの煎じ薬で暖かい風呂を作り、赤ちゃんを洗う。 これは、医師の到着前に彼の状態を容易にするでしょう。 赤ちゃんのばらつきを減らすこの方法を使用してください:ウォッカ、テーブル酢を1:2の水、レモン汁で擦ります。

蕁麻疹の子供の浮腫は、吸収剤(エンテロゼル、藻類、スメクタ、ラクトフィルトラム)、下剤(デュファラック)、プロバイオティクス(ラインファックス、ビフィドバクテリン)をよく除去する。

自己免疫性慢性蕁麻疹の重度の経過は、専門家の監督下で治療される。 家を守るために古典的な闘争が行われます:ほこり、昆虫との戦争、ホロファイベロの枕の羽根枕、植物、保育園からの花、動物は清掃されます。 子供用製品の洗濯は、家庭用石けんまたは低刺激性の粉末で行われます。

小児の急性蕁麻疹は第1世代の抗ヒスタミン剤(ピフレン、スプラスチン)で治療されており、依然として落ち着きのある催眠効果があります。 1週間持続する子供の年齢および体重を考慮して抗ヒスタミン剤を処方し、その後薬物が変更される。

小児の再発性蕁麻疹は、第2世代の抗ヒスタミン薬(テレフラシ、クラリチン、ジルテック)で治療されている。

子供の状態が重度の場合、グルココルチコイドホルモンが治療に加えられる。 発疹の腫脹および消失を除去した後、グルココルチコイドの用量が減少し、その後キャンセルされる。

緩解中の再発性蕁麻疹は、ケトチフェン

赤ちゃんの蕁麻疹 - 食品

子供に蕁麻疹を与えるには? 多くの場合、関心のある不安な母親。 食物から、食物アレルゲン(卵、魚、チョコレート、柑橘類)を取り除かなければならない。 薬アレルギーの疑いがある場合は、薬をキャンセルしてください。

食べ物に起因する蕁麻疹は、低アレルギー性食餌で治療する必要があります。 新しい製品は、食事中の赤ちゃんに導入されていません。 小児の人工授乳では、低アレルギー性または加水分解混合物が食事に導入されます。

アレルギー対策メニュー

推奨される穀物:そば、トウモロコシ、米、水で調理されたもの、低アレルギーのミルクの処方

•野菜と唯一の緑の文化:ジャガイモ、ズッキーニ、レタス、ディル、パセリ、ブロッコリー、事前に水に浸してある

•植物油とクリーム

•シュガー:フルクトース

•ウサギとトルコの肉

•スープ、シリアル、ウサギ肉、七面鳥

•サワーミルク製品:天然コテージチーズ、添加物のないケフィア

•ベーカリーおよび菓子製品:無添加の白パン、低アレルギークッキー、ドライクリスプブレッド