アレルギーのクリーム


крем от аллергии фото アレルギーのクリームは、皮膚アレルギーに苦しむ人々のための一種の人生節約の円です。 複雑な抗アレルギー治療の課題は、合併症の発症を予防し、患者に迷惑をかけている症状を最小限に抑えることです。 しかし、残念なことに、統計データによれば、十分な長期間の治療の後、約40%の患者しか、アレルギーに対して永遠に別れを告げることができない。

登録された臨床的症例の大部分は、アレルギーが痕跡なしに消失したときに、根底にある病気の治癒と関連しています。 それにもかかわらず、現代の製薬科学は広範に広まっているこのひどい病気を絶え間なく調査し続け、アレルギーの最終処分を目的としたより高度な医薬品を開発しています。

皮膚 - その領域で最大の人体。 通常、外的刺激性アレルゲンの最初の攻撃を受け、内部問題の存在を知らせる皮膚です。 皮膚は、人間の系および器官の適切な機能における内的および外的変化の反映の一種である

アレルギーのクリーム - それは何のために使用されていますか?

事実、あらゆるアレルギー反応は様々な皮膚症状を伴います。 それは発疹、充血、びらん性傷または水疱、丘疹または紅斑であり得る。 皮膚のアレルギー症状は進行しやすく、非常に急速に広がるため、表皮の完全性の侵害はすべて直ちに解消する必要があります。

充血の除去のために、かゆみおよび浮腫は外部抗アレルギー薬の使用を示す。 ほとんどの場合、これらはアレルギーの特別な解決策、軟膏またはクリームであり、その作用は症状の蔓延を阻止し不快な感覚を緩和することを目的としている。

外部抗アレルギー薬の役割は次のとおりです:

•火傷、かゆみ、炎症の消失(部分的)

•新しい攻撃的な外部要因からの保護

•肌の乾燥を抑えます。

•添付の真菌感染または細菌感染の追加治療

どのようにアレルギーのためのクリームを選択する?

アレルギーのためのクリームは、コルチコステロイドを含有する外用剤である。 離脱症候群、中毒および二次的なアレルギー反応を含む相対的な欠点があるにもかかわらず、アレルギークリームは皮膚症状を治療するための最も有効な手段である。 クリームは非フッ素化とフッ素化(フッ素を含む)に分かれています。

フッ素化されていないコルチコステロイドクリームおよび軟膏は効果的であり、フッ素化されたものに比べて穏やかな節約効果を有する。 通常、それらは2週間適用され、あなたは顔にも(顔のアレルギー )それを行うことができます。 皮膚の他の領域では、非クリームクリームおよび軟膏を月に一度適用することができます。

皮膚炎症プロセスの急速な発症または急性期への移行の場合、十分に有効なフッ素化剤(ゲル、軟膏、クリーム)の選択が示される。 残念なことに、それらの高効率とは対照的に、それらは副作用の発症を引き起こし得る多くの成分を組成物中に含有する。 アレルギーのフッ素化クリームは、通常7日以内に塗布され、顔面に塗布することはできません。

私は、皮膚上のコルチコステロイド軟膏とアレルギークリームは、資格のあるアレルギー児、tkによってのみ処方され得るという事実に特に注意を払いたいと思います。 これらの薬物による自己治療の場合には、あらゆる種類の合併症のリスクが非常に高い。

アレルギーに由来するクリームは、低アレルギー誘発性であり、単に軟化することができる。 患者の暗示的な症候学および病気の発症初期の段階での患者の治療の場合、これらの薬剤を治癒するには十分であり、コルチコステロイドの使用前に問題が起こらない可能性がある。 軟らかいクリームは乾燥した丘疹や乾燥した発疹には非常に効果的です。逆に、皮膚アレルギーの症状が泡や滲出液と混じり合っていると、柔らかいクリームを使用するとさらに症状が悪化します。

抗アレルギー薬以外は、経験豊富な医師が選択して任命した場合にのみ最も効果的です。 アレルギーのある屋外の治療法を選択するには、アレルギーのある人は以下のルールを熟知している必要があります。

•まず、溶液、エマルジョン、軟膏、クリームなど、患者に推奨される薬の剤形を正しく選択する必要があります。 その選択は、皮膚の炎症プロセスの有病率、局在、深さ、および皮膚症状の重篤度に直接依存する

•薬を処方する前に、追加のアレルギーを避けるために、皮膚検査を行う必要があります。 通常、このアレルギー検査は前腕の内側で行われ、通常は約20分間続きますが、一部の外用薬の検査には数時間から数日かかる

•外部手段とその形式を変更するときは、非常に厳密なシーケンスを観察する必要があります。 通常、薬剤の交換はアレルギー過程の動態に左右されます

•選択した外用薬を選定する際には、一般的な覚醒、患者の年齢、肌の特徴、薬物の吸収の程度がどのような状態や特性に依存するかを考慮する必要があります。

皮膚アレルギー用のクリームは、化粧品でもあり得る。 かなり長い間、化粧は以前は単に関連する医療分野と同じではなく、医学において別々の本格的な方向になっています。 「エモレント」という薬は、化粧品に加えて優れた治療効果を有する多くの抗アレルギー性美容外用剤の新規性である。 このクリームは肌をやわらかくし、刺激を緩和し、軽い形態の皮膚アレルギー症状

以下では、アレルギーの最も効果的で頻繁に使用されるローション、軟膏、クリームを紹介したいと考えています。

. • ローリンデン 。 薬物はローションの形態で生成され、活性物質はフルメタゾン(グルココルチコイドを指す)である。 それは、蕁麻疹、湿疹および皮膚炎を鎮痒剤として処方される。 放出の形状のために、ロリンデンは、軟膏またはクリームが不快に使用される皮膚の繊細な領域で使用されることが多い

. • フルオロカート 。 薬物は軟膏として入手可能であり、有効成分はトリアムシノロン(グルココルチコイドを指す)である。 その脂肪性の基質のために、活性物質は徐々に吸収され、それにより皮膚をより長く露出させる

. • Flucinar 。 ゲルまたは軟膏の形で生産され、活性物質 - フルオシノロンアセトニド(グルココルチコイドを指す)。 この治療法は、かゆみや炎症を緩和するために蕁麻疹に通常使用されます

.・Celestoderm-B 。 薬物は軟膏およびクリームの形態で放出され、有効成分はベタメタゾン(グルココルチコイドを指す)である。 通常、このクリームは、患者が寒さアレルギーがあると診断された場合に使用されます。 その組成物には、低温の影響から皮膚を保護するパラフィンが含まれています

ホルモン含有薬とは対照的に、アレルギーの次の非ホルモンクリームは、その副作用が重要でなく、迅速に消失するため、体系的に使用することができます。

– крем от аллергии на лице. • Elidel - 顔にアレルギーのクリーム。 この薬はアルコールを含んでいますので、細心の注意を払って使用してください。ミネラルやオイルは含まれていませんが、通常は毛穴を閉塞します。 エリデルは非コメドジェニックなクリーム群に分類される

– крем от аллергии на руках. • Kutiweit - 手にアレルギークリーム。 処方中に含まれる液体パラフィンのために、顔に塗布すべきではありませんが、Konstitutsの手の皮膚は癒すだけでなく、完全に潤いを与えるので、コールドアレルギーのために頻繁に使用されます(パラフィンによる手の皮は、それは寒さの影響を受けにくい)

子供用アレルギークリーム

柔らかい赤ちゃんの肌は特に敏感で、穏やかな丁寧なケアが必要なので、子供のアレルギーのクリームは非常に慎重に選択する必要があります。 今日、特に子供の肌のために設計された、低刺激性のクリームは広い選択肢を持っています。 赤ちゃんの抗アレルギークリームは、非常に乾いた乾燥した肌に使用することをお勧めします。 加えて、これらのクリームは、皮膚炎の進行中の予防薬としても、また治療薬としても使用することができます。 低アレルギー性のベビークリームは、身体と赤ちゃんの顔の両方に適用することができます。

クリーム中の有効成分の適切に選択された複合体のために、結果は消え、乾燥した肌を引き起こす原因は排除される。 さらに、子供の皮膚アレルギーのクリームは、脂肪物質で皮膚を飽和させ、弾力性と柔軟性を与えます。 そのような救済策のいくつかは人生の最初の月から始めることができます。

通常、子供用抗アレルギークリームの組成には、天然油(マカダミア、カライトなど)、流動パラフィンなどの成分が含まれており、脂肪や酸で皮膚を飽和させ、水分バランスを回復させます。

子供用クリームには染料、芳香剤が含まれてはならず、必ず低アレルギー性クリーム群に属している必要があります。 クリームは、容易に吸収され、皮膚に容易に適用される軽いテクスチャーで選択する必要があります。

適切に処方されたアレルギー学者の正しい使用の結果は、アレルギー反応による刺激の病巣の排除、皮膚の弾力性の軟化および増強、その自然な機能の回復を意味する。

以下では、子供に使用される主要な外用薬について検討します。

.・フェニチル(ゲル) 。 活性物質マレイン酸ジメチンデン。 この薬剤は、アレルギー反応の刺激を減少させ、顕著な鎮痒性および局所麻酔効果を有する。 使用上の注意:日焼けやその他の火傷、皮膚病、湿疹、虫刺され、 蕁麻疹 。 フェニステイルは、生後1ヵ月後に小児での使用が承認されています。 このゲルの使用に関する特別な指示:乳児および幼児では最大6年間、この薬物は皮膚の広い領域での使用には推奨されていません

(негормональный препарат, БАД). • Gystan (非ホルモン薬、栄養補助食品)。 このクリームの局所適用のための組成物は、ユリの谷の油、ベツリン、ジメチコン、およびカレンデュラ、オオカミ、ミルクウィード、ルパン、カバノキの芽などの抽出物を含む。この外部薬剤は、蕁麻疹、掻痒、泡沫発疹、昆虫、神経皮膚炎およびアトピー性皮膚炎

. • スキンキャップ 。 活性化された亜鉛ピリチオンの存在のためにゲルまたはクリームの形態で製造され、抗真菌および抗菌効果を有する。 乾癬、アトピー性皮膚炎および脂漏性皮膚炎、乾いた皮膚に使用されます。 1年後に幼児に使用できます。