妊娠中の喫煙


курение и беременность 妊娠している妊娠中の女性の数は非常に進歩しており、メントールを含む軽いたばこが子供に害を及ぼすという見解は、間違ったことをもたらさない。

毎年世界の喫煙から、最大600万人が死亡しています。 ロシアでは、340,000人の死者と、ロシア人の統計喫煙によると、世界で最も有力な場所の1つです。 1人で6秒ごとに永遠に失われます!

妊娠中の喫煙は、私たちの社会の惨状であり、国家の遺伝子プール全体を傷つける社会問題です。

世界社会もこのような状況を懸念しており、妊娠中の喫煙の危険性について十分な注意を払い、膨大な研究を行っています。 喫煙が妊娠に及ぼす有害な影響についての表明は、それが許容されず、胎児に対する犯罪でないという非常に浅いものでした。

統計には、世界のすべての国がこの中毒の対象となるデータがあり、妊娠中の喫煙妊婦の数が急速に増えています。 例えば、米国では55%、英国では43%、オーストラリアでは将来の母親の喫煙者の40%である。

妊娠している妊娠している女性のカテゴリーは、低社会集団(ハンバーメン)で支配的です。

紙巻きタバコに起因する煙は、シアン化物を含む4000種類以上の化学物質を含んでいます。 そして60人以上ががんを引き起こす可能性があります。 喫煙すると、毒性混合物が循環系に浸透し、これが酸素源であり、赤ちゃんの栄養素です。

実施された研究は、この中毒による不快な影響を示している。 これには、低出生体重、 早産 、周産期死亡、身体的欠乏、自発的中絶、子癇前症、先天性障害および新生児の長期的な後遺症が含まれる。

妊娠中の喫煙によって引き起こされる疾患は、母親の病気、胚疾患、胎児疾患、新生児疾患、および高齢の子供の疾患に分けられる。

妊娠中の喫煙は、胎児と胎盤に強い負の影響を与え、異なる起源の様々な病理学的変化を引き起こす。

妊娠中の喫煙の全悪影響は、胎児に投影され、自然流産のリスク、周産期死亡率、早産、身体発育の病理、ならびに神経系の発達および赤ちゃんの知性が予測される。 医師は、妊娠中の喫煙の全体的な影響を評価するために、「胎児タバコ症候群」という用語を使用しています。

妊娠中の有害転帰の発生率は、喫煙した母親において有意に増加する。 だからママは正しい結論を出す。 喫煙と妊娠は両立しないものであり、遺伝子レベルでの損傷を引き起こす。 妊娠中の喫煙は、生まれていない赤ちゃんを意識して破壊することと同じです。 同様に、妊娠中のその影響と受動喫煙には恐ろしい。 赤ちゃんは出生後に突然の幼児死亡症候群を発症することがあります。

妊婦の医学的観察によれば、栄養の増加による体重の増加は、喫煙の負の影響から胎児を保護するものではない。 妊娠中の女性は、胎盤に喫煙によって様々な変化があり、胎盤血流の違反もある。

自発的流産の発生率の増加および新生児死亡率は、胎盤、胎児低酸素症または胎盤梗塞の分離に直接関連する。

妊娠中の喫煙は末梢循環の状態に悪影響を及ぼし、胎児の運動を減少させるという研究があります。 タバコの煙に含まれる一酸化炭素やニコチンは、胎児の成長が遅くなることに直接影響します。

たばこの煙の一定の吸入は、胎児の顕著な低酸素症を誘発する。 喫煙の強さは、妊婦の体重増加の欠如に直接影響します。

母と父が喫煙している死産に関する恐ろしい統計。 赤ちゃんの生命に対する脅威は、4日目に体系的に喫煙されたタバコです。 妊娠中の喫煙は、妊娠初期の膣出血を引き起こす可能性があります。

子供の身体的、感情的、知的発達は、妊娠中の喫煙に直接依存します。 子供たちは、後で読む、カウントし、学校のカリキュラムに遅れをとり、身体的にも遅れをとっています。 母親の喫煙と運動過剰の出現を直接関連づける。

妊娠中のタバコの吸入は催奇形性の要因となり、先天性口蓋や先天性口蓋裂口(狼の口)などの先天性疾患やその組み合わせを引き起こす可能性があります。

ミイラ喫煙者は、鼻咽頭発達、斜視、鼠径ヘルニア、精神遅滞、無症候性と診断された子供を増やす確率で、異なる心臓欠陥を有する子供を有する可能性がより高い。

喫煙父親の精子は形態学的変化を受け、そのような親の赤ちゃんは欠損で生まれる確率が高いことが立証されている。

コロンビア大学の研究者のグループは、遺伝病の発生に対する環境(喫煙中毒)の毒性の影響の証拠を受けた。 ダウン症候群は確認です。

妊娠中の草(マリファナ、ハシッシュ、アナシャ)の喫煙も悲しい結果につながります。 新生児では、成長の遅延、神経系および視覚の形成の障害、出生時に弱い乳児、より頻繁に病気にかかり、一部は精神的に異常です。

喫煙ミイラは容認するのが難しく、より頻繁に毒素に苦しみ、妊娠42週までの子どもが頻繁に罹患する。

中毒に中毒性の女性では、出産はしばしば延長される。 出産中に合併症の可能性が高い。

これらの事実は、健康な未来の子供のために女性が悪い習慣をやめさせるべきだが、多くの人は通常の生活のリズムを変えることを急がない

このトピックの他の記事:

1. 妊娠中のうつ病

妊娠中の寒さの治療

3. 妊娠中の痔核

4. 妊娠中のツグミ

5. 出産