妊娠中の風邪の治療


беременность и простуда фото 風邪は、低体温によって引き起こされる不快な病気であり、インフルエンザウイルスだけでなく、ARVIのウイルスによっても引き起こされます。 あなたは一年のうちのいつでも寒さに遭うことができますが、風邪のピーク発生率は冬の間に発生します。 リスクカテゴリーでは、妊娠中の女性は免疫力の低下により衰退するので、このカテゴリーはあなたの健康に特に注意する必要があります。これはあまり簡単ではありません。

時々、ウイルスは、外部の感染がなければ体内を攻撃することがあります。なぜなら、彼らは細胞の最も遺伝的な装置では居眠りし、外観の好機を待つだけなのでです。 そして、妊娠はその好都合なケースです。 もう少し詳細:生理的理由のために母親の生物の保護勢力は、強制抑制 - 免疫抑制にある。 これは、未来の母親のために、身体が新たに生まれた人生を拒絶するように働かないという保証です。

この免疫抑制により、妊婦はウイルスおよび感染の影響を非常に受けやすくなります。 そして、あなたが病気になった場合は、今すぐ適切に治療する必要があります。

ウイルス感染が非常に頻繁に追い越される可能性がある季節には、赤ちゃんがどんな表情でも待っています。 この期間中、特にインフルエンザ期間中、未来の母親は混雑していない場所を訪問し、公共交通機関を利用することが推奨されています。 しかし、妊娠中の寒さに対する保証はそれを与えません。 ウイルスは家族によって家に持ち帰ることができます。 寒さの症状がまだ引き出されている場合は、できるだけ早く病気の不快な瞬間を減らす必要があります。 寒さは胎児にとって危険です。なぜなら、彼は母親に病気があるからです

妊娠:風邪の治療

妊娠中の寒さの治療には、寝たきり(寝そべり)が含まれ、寒さに耐えるために足には将来の母親にはお勧めできません。 ママや治療の裁量、つまり投薬を妨害しないでください。 化学物質はあなたに禁忌であり、植物療法(薬草療法)には慎重な態度が必要です。

アルコール含量による植物性物質の分類禁止の下で、免疫刺激性チンキ(甘草、マグノリアブドウ、エキナセア、チョウセンニンジン、ザマニチ、ロディオラローズア、ロイゼア)は禁止されている。 身体への影響は、心臓への負荷を増加させ、血圧を上昇させ、パルスを増加させることを明示します。 児童のシステムはまた、そのような変化に敏感です。 赤ちゃんの小さな心臓は毎分200ビートまで鼓動し、テンポを上げると、赤ちゃんの心筋の摩耗につながり、心筋につながります。 しかし、寒さの間に妊娠している女性に望ましくない効果を与えない免疫賦活剤がある。

西洋ワサビは長い間、民間療法によって採用されてきました。 細かい砂糖をつけて砂糖と混ぜて、暖かいところに12時間放置する必要があります。 パーコレーション後、毎時15mlの服用を開始する。 急性の寒い症状

妊娠中の寒さの治療

ママを呼吸困難にすると、酸素の制限されたアクセスのために、赤ちゃんも呼吸が困難です。 母親の体はたくさんの液体を失う。 したがって、もっと飲む!

腫れや炎症を減らすために、頭の下に高い枕を置きます。 さて、鼻水中に血管収縮薬を服用する際には注意が必要です。 ガラゾリナム、ナフチジナムも妊娠時に使用することが可能ですが、目的や治療担当者の任命を急いで、投薬量(1〜2滴)と周期性を遵守してください。 これらの薬物の長期使用は、生物の中毒に起因して、すべてのカテゴリーの患者に厳格に禁じられています。 そして、妊婦の場合、レセプションには鼻だけでなく、すべての血管に激しい血管収縮作用があります。 血管収縮作用は胎盤の動脈に及んで胎児の血液供給を損傷し、薬物の頻繁な使用により鼻咽頭粘膜の吸引、食道が生じる。 ナフチジンは、ガラゾリンと同様に、鼻粘膜の腫脹を強化しながら、先導者の攣縮および迂回する脈管を引き起こす可能性がある。 薬剤への依存がほとんど形成されている病気の5日目に、薬剤の作用が現れ始めます。 ドップラーが滴り落ちているようですが、今は呼吸が容易ですが、1時間後に絵が繰り返され、鼻がさらに強くなります。ドクターがナフチジンとガラゾリンを鼻用薬とみなすことはないからです。

妊娠中の女性に関しては、この依存のカテゴリーはより迅速かつ容易に現れる。 したがって、血管収縮薬には注意が必要です。 このため、妊娠中の一般的な寒さを治療するために、他の薬を使用することをお勧めします。

NaphthyzineとGalazolinの代わりにCarmolis滴またはPinosol滴を使用します。 これを行うにあたり、私たちは呼吸訓練を行います:鼻孔で交互に呼吸し、鼻を吸い込み、口から吐き出す。

私たちは鼻のマッサージを行います:鼻の橋、鼻の後ろ、鼻の翼、鼻と唇の間の場所に痛みを伴うポイントをマッサージします。 マッサージの動きは、中央から側に向けられています。 1日5回までの用量。

効果的に鼻を洗う:レモンジュースと塩の混合物(レモンの半分からのジュース、1グラムの水と塩のティースプーンの1杯)を1日3回飲む。 ナイフの先端に塩から作られた弱い溶液と水のガラスで鼻を洗うためのアドバイスを取る

妊婦の風邪のためのビタミン

病気の場合のビタミンの予約は個別に発生し、妊娠期間に依存します。 あなた自身で投薬量を増やさないでください。 е .通常、アスコルビン酸と同様に血管を強化し、 インフルエンザの出血のリスクを減らすのに役立つaskorutinを取ることをお勧めします。

細い線に固執する最も重要なこと:欠けているビタミン欠乏症を埋めることですが、同時に高ビタミン症を引き起こすことはありません。 過剰なビタミンAは妊娠初期に様々な悪性腫瘍を引き起こし、過剰のビタミンCや妊娠末期のDも胎盤の老化を伴います。 この期間中可能な限り、野菜だけでなく、新鮮な果物を使用し、新鮮なジュースを飲む

妊娠中の蜂蜜

多くの母親が興味を持っています:妊娠中の蜂蜜はもちろん、風邪のためにもできますか? それは可能ですが、妊娠の後半ではこの繊細さに惑わされません。 .将来は赤ちゃんのためにアレルギーを、母親のためには糖尿病をするのは危険です。 これは、蜂蜜を含む風邪の牛乳に有用です。 ミルクは蜂蜜と組み合わせてウイルスに抵抗し、神経系を弛緩させるのに良いツールです。 妊婦は風邪だけでなく深い眠りにもこのような飲み物を飲むべきです

妊娠中のウォームアップ

多くのウォームアップは妊娠中に非常に危険です。 これには、妊娠を中断し、脚の静脈への血液の流れを増加させないために子宮を刺激しないように、塩とハーブを含む温浴バス、足の曲がりが含まれます。

熱い水の蛇口の下に長時間手を置くことができます。 このメソッドは、鼻水や喉の痛みに対処するのに役立ちます。 乾燥熱も害を与えません。 風邪の最初の症状は、スカーフで首を巻くときに、それらにマスタードパウダーを注ぐ前に靴下を履く

妊娠とホメオパシー

妊娠中のホメオパシーでの風邪の治療は悪くない。 この方法は妊婦にのみ有益です。 最初の倦怠感では、ホメオパシーの抗グリピフィン5粒を口に溶かし、2時間間隔で15分ごとにインフルエンザ・ヒール1錠を服用することが推奨されます。 効率を上げるために、この方法で最大5日間治療してください。

, а также боли в горле, рвота, кашель, хрипы) не прошли в течении трех дней寒さや兆候(体温38度、 頭痛 、咽頭痛、嘔吐、咳、喘鳴)が3日以内でない場合は、医師に相談することが緊急に必要です

このトピックの他の記事:

1. 妊娠中の痔核

2. 妊娠中のツグミ

3. 妊娠中の過食症