妊娠中の月間


месячные при беременности фото 現在、妊娠中の女性のフォーラムでは、妊娠中の毎月の驚くべき話題に関する情報を提供しています。 いくつかの女性は自信を持って、妊娠の発症について、数ヶ月後にしか学んでいないと主張しています。 それでも、妊娠中に月経周期が起こるのはなぜですか?

はい、毎月妊娠中に、またはむしろ、貧しい出血は多くの女性の混乱につながります。 これらの不可解な現象の性質は何ですか? 結局、妊娠中と妊娠中に赤ちゃんは月経を止めると信じられています。 そして、これはまさにそうです。 各専門家は、初期段階の妊娠中の月経が(遅れてと同様に)起こることは不可能であることを確認する。 おそらくこれがあなたの本当の出血です。 そしてこれは非常に危険であり、流産の脅威の主な症状です。

それにもかかわらず、妊娠中に毎月行くなら、適切に行動する方法? あらかじめ心配しないでください。 あなたのタイミングを計算し、あなたの状況が依然として問題であれば、これはおそらく月経出血です。 彼らがまだ妊娠している場合、短期間は流産を止めるのが難しいです。 医学統計によると、ほとんどの自然流産(流産) は妊娠の最初の週に発生します。 4週間後、最も軽微な退院で、検査のために女性が病院に入院し、出血が止まり、子宮の緊張が緩和されるが、女性の同意を得て妊娠を維持する。

このような状況での危険は、大きな血液の損失です。 時間が長いほど出血が多くなります。 毎日、胎盤の面積が増加し、その剥離がより危険になります。 妊娠の第3期に胎盤の剥離が生じた場合、そのような場合には帝王切開が行われる。 このような状況を遅らせることは不可能ですが、母親だけでなく子供も救う必要があります。 外科的介入を遅らせると、子供は非常に迅速に死亡し、その原因は急性低酸素(酸素不足)である。

子宮外妊娠の場合は、月間に妊娠する可能性もあります。 それらは、非常に貧弱な茶色の排出を表し、主に下腹部に鋭い痛みを伴う。 このような症状がある場合は、緊急の医療支援が必要です。

唯一の唯一のケースでは、妊娠中の毎月のものは本当に許されています。あるいは、卵が子宮の壁に埋め込まれたとき、女性に脅威を与えません。 これはまれな移植ですが、非常に小さく、リネンではほとんど目立ちません。

あなたが妊娠していることが確かで、洗濯物に斑点が見つかった場合は、直ちに医者の助けを求めるか、救急車を使用してください。 医師の到着の前に、ベッドの安静を保ち、体重を持ち上げないでください。

可能な限り早い時期の妊娠期間は、逸脱とみなされません。 女性の排卵は、通常、サイクルの14日目に発生し、この期間中に卵子の受精が起こった場合、卵管から子宮への直接経路が発生します。 パスの長さは2週間で測定されます。 しかし、達成された移植についてのシグナルが遅れた場合、ホルモンの背景はそれ自体を再構成する時間がなく、結果として通常の毎月のものが来る。

このような非常にまれな理由もあり、月経を引き起こし、異なる卵巣の女性が1サイクルの期間、順番に2つの卵を成熟させる。 その後、1つは含浸され、子宮内膜の第2のものは拒絶され、これが月経を引き起こす。

妊娠中に発生した月経の原因のリストはすべて、早期にのみ適用されます。 このような症状が妊娠2ヶ月目と3ヶ月目に繰り返された場合、血液中のエストロゲン濃度が低下しているため、流産を始めず、ホルモンをストーカーしている可能性が最も高いです。 この場合、あなたの月ごとは妊娠前に定められたスケジュールに従います。 今日は、ホルモンの背景が安定している女性に会い、子供を産む期間に女性が月経をするケースがある場合、まれです。

毎月妊娠中に、あるいはそれが目撃しているかもしれませんか? 違いは何ですか?

あなたが妊娠していることが確かで、まだ斑点がある場合は、婦人科医に連絡するか、救急車に連絡してください。 それは規範ではありませんが、むしろホルモン障害の指標です。

妊娠中の月間は危険ですか? そしてはい、いいえ、それゆえ、それは検査されることを傷つけません。 検査には、ホルモンのレベルの確認などが含まれます。 月経が妊娠を認識した後にのみ、計画通りに行動してください。 静かに妊娠を看護妊娠し 、心配しないでください、胎児の形成だけでなく、臓器、これらのホルモンは影響を与えないため。 状況を悪化させるには、環境、薬があります。 主なことは、月の妊娠が流産を引き起こす可能性があることを忘れないでください。 あなたがポジションにいると思うなら、医者に診てもらうこと、テストをして疑問にすることが良いです。

妊娠中の月経は軽度で、痛みを伴わないことを忘れないでください!

妊娠中の月経の原因

毎月発生する理由は次のとおりです。

- 果実の卵の剥離

- プロゲステロン不全

- 過形成亢進(男性ホルモンレベルの上昇)

- 異所性妊娠

- 冷凍妊娠

したがって、妊娠中の進行中の月経期間の原因、可能性のある緊急治療および子供の好意的な支えを理解すること。もちろん、これは異所性であり、凍結した妊娠ではない

このトピックの他の記事:

1. 妊娠中の風邪

2. 妊娠中の風邪の治療

3. 妊娠中の喫煙

妊娠中のうつ病

5. 妊娠中の痔核