髄炎治療

миелит 脊髄炎は脊髄の炎症性病変であり、ほとんどの場合、仙骨および腰部に局在する。 この病気では、炎症過程は、脊髄の灰白質物質、その直径の大部分、膜および根に影響を及ぼす。 また、この疾患は通常、栄養機能、運動機能および感受性機能の重篤な弱化を伴う。 しばしば、髄膜炎(脊髄の炎症)と並行して脊髄の炎症が観察される。 したがって、これらの状態が互いに非常に類似しているという事実のために、炎症の発症の正確な地理を確立することは非常に困難である

病因

外傷性、中毒性および感染性の脊髄炎を配分する。 感染症が最も一般的です。 横断性脊髄症の記録された症例の約20〜40%で、ウイルス起源である。 , кори , опоясывающего лишая, гепатита А и В, эпидемического паротита, Коксаки, краснухи и пр. Также возникновение данного заболевания возможно в результате ассоциированных инфекций, которые вызываются цитомегаловирусом и вирусом гепатита А, а также цитомегаловирусом и вирусом иммунодефицита человека.病原体は、サイトメガロウイルス、A型肝炎ウイルス、ならびにA型およびB型肝炎、流行性耳下腺炎、コクサッキーム、風疹などのウイルスによって引き起こされる可能性があります。ヒト免疫不全ウイルス。 , бруцеллезе и прочих бактериальных инфекциях.脊髄炎は、びまん性結合組織疾患(ループスエリテマトーデス)、 結核 、ブルセラ症および他の細菌感染症の合併症として起こりうる。 急性形態の疾患は、悪性腫瘍の放射線療法、外因性および内因性の中毒(有毒な薬物の使用など)の間に発生する可能性があり、

症状

一般的な倦怠感と寒さがあり、体温が38〜39℃に上昇し、背中と胸部に適度な痛みがあり、指先のうずきが観察されます。 この疾患の発症から1〜3日後に、神経痛の症状が現れる。

末梢麻痺、下肢の麻痺、腱反射(膝とアキレス腱)がない腰椎の脊髄炎が現れる。 糞便や尿の失禁があります。 脚の胸部痙攣の脊髄麻痺が観察されると、尿および糞の保持。 頸部の上部の髄膜炎では、息切れや脚や手の麻痺があります。 血液中には、ESRおよび白血球増加症が、脳脊髄液中にはタンパク質含量が増加する。

ほとんどの場合、この病気は数週間後に消失しますが、回復期間は1〜2年です。骨盤内器官の機能は正常化し、運動活動ははるかにゆっくりと回復します

治療

すべてのタイプの脊髄炎の治療は、常に広範囲の抗生物質の使用から、かなり大きな用量で始まります。 痛みを軽減するため、および高温がある場合には、解熱剤が使用される。 びまん性結合組織疾患に関連する脊髄炎、ならびにウイルス形態では、ホルモン療法が示される。 上昇過程においては、呼吸不全の場合と同様に、人工換気を行う必要がある。

急性期の終わりには、膀胱の電気刺激を行うことが可能であり、骨盤内器官の機能障害の早期治療を行うことが可能である特殊な脊柱部でさらなる治療を行うことが望ましく、

さらなる生命の予後は、特に脊髄の直径の完全な損傷(死亡率が30%に達する)の場合に、非常に深刻である。 持続性麻痺および残存麻痺、括約筋機能障害および感受性障害が観察され得る。

このトピックの他の記事:

1. 肥満(有棘球麻痺)

2. 頭痛